lolの新曲が、吉村界人演じる人気YouTuberを描いたオリジナルドラマの主題歌に!

lolの新曲が、吉村界人演じる人気YouTuberを描いたオリジナルドラマの主題歌に!

dTVのオリジナルドラマ「配信ボーイ 〜ボクがYouTuberになった理由〜」の主題歌と予告編が解禁

映像配信サービス「dTV」のオリジナルドラマ「配信ボーイ 〜ボクがYouTuberになった理由〜」(3月24日土曜夜0:00配信)の主題歌が、5人組パフォーマンスグループ・lol(エルオーエル)の卒業ソング「ワスレナイ」に決定。さらに、すしらーめん≪りく≫の人気動画を完全再現した本予告をYouTubeのdTV公式チャンネルと特集サイトで初公開される。

同作は、YouTubeチャンネル登録者数200万人を誇るYouTuber“すしらーめん≪りく≫”の自伝を基にしたエピソードで、ごく普通の男の子が人気YouTuberになるまでを描く青春サクセスストーリー。主人公・リクを吉村界人が演じ、小島藤子、Da-iCEの和田颯、高田里穂、袴田吉彦らが脇を固めている。

予告動画では、リク(吉村)による体を張った実験の模様の他、一躍人気者になっていく一方で、周囲からの偏見や親友・ソーゴ(和田)との衝突、さらには恋愛や進学など中学生ならではの悩みなど見どころ満載の予告編に仕上がっているという。

そして、主題歌に決定したlolの新曲「ワスレナイ」は「別れ」をテーマに、「学校生活で出会った全てのかけがえのない人にありがとうを贈りたい」という思いを表現し、学校生活の数えきれない貴重な出来事を忘れてしまうほど子供でもなく、すぐ思い出にできるほど大人でもない世代に贈る“lol流の卒業ソング”となっている。

佐藤友祐は「すしらーめんりくは昔からYouTubeで見ていて、メンバー全員に勧めたくらい好きです。なんでも果敢に実験する姿勢と、飼っているダックスもかわいくて大好きです!(笑) 『ワスレナイ』がこの作品のテーマに決まったこと、とても光栄に思います!」と喜ぶ。

小見山直人も「元々すしらーめんりくのことを知っていたので、作品に関わることができて素直にうれしいです! この曲の歌詞も、このドラマと重なる部分もあると思うので、ドラマも曲も楽しんでいただきたいです」とコメント。

一方、hibikiは「アーティストとYouTuberという全く違ったジャンルで活動している私たちが、同じ作品で関わることができて、新鮮な気持ちとうれしい気持ちでいっぱいです!」と感慨深げ。

honokaは「今回この作品に携われることができて本当に光栄に思っています。『ワスレナイ』は、高校生活の思い出や青春がたくさん詰め込まれた曲なので、すしらーめんりくさんの学生の頃のエピソードとと共に、このワスレナイにも注目していただきたいです」と語る。

最後にmocaから「高校にあがるタイミングで夢を追いかけるために、東京に上京してきたので、私たちの楽曲『ワスレナイ』の歌詞に共感する部分がたくさんありました。まだlolを知らない方にlolを知っていただけるチャンスをいただけたので、ドラマもそうですが、『ワスレナイ』にもぜひ注目して聴いていただきたいです!」とアピールした。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)