“充実の3月”水沢エレナに直撃!(後)新聞記者役は「できる限り“デキる”女という印象を」

“充実の3月”水沢エレナに直撃!(後)新聞記者役は「できる限り“デキる”女という印象を」

水沢エレナがロングインタビューに応じた

女優・モデルとしてさまざまな作品で強い印象を残してきた水沢エレナが、初の連続ドラマ主演を含め2018年3月に話題作へ立て続けに出演する。

そこで水沢にインタビューを行い、それぞれの作品の見どころやプライベートな部分まで語ってもらった。

後編では、3月30日(金)夜9時から放送のテレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」(テレビ東京系)を中心に、“焼き肉部”の実態など、プライベートな部分にも迫る。

【“充実の3月”水沢エレナに直撃!(前)難度高いアクションも「人間やればできるんだな(笑)」より続く】

■ “強い女性”を体現

――ここからは「ミッドナイト・ジャーナル―」についてお伺いします。こちらは中央新聞・本社社会部の新聞記者・井上美沙役ですが、この役へのアプローチを教えてください。

美沙に関しては、衣装合わせの時点で男性社会で闘ってきた女性という、強い女性の印象を受けました。

できる限り“デキる”女という印象を与えられるように、監督さんやスタッフさんとお話しました。

――それは見た目からやっていくということですか?

そうですね。衣装もそうですが、髪形やメークも強い印象を与える上では大事なのだなと思いまして、そういう方向でアプローチしていきました。

――こちらも原作は読まれていないんですよね?

はい、読んでいません。でも本屋さんで見たことがあって、作品自体は知っていました。

――作品自体の印象はいかがですか?

新聞自体は身近な物なのですが、業界内部のことまではなじみもなく知らないので、台本を読んでいてとても難しいなと思いました。

新聞社の人だけでなく、被害者に加害者、警察といろいろな人が出てきて、過去と現在が交錯するストーリーで…。せりふもそうですが、しっかり勉強して臨まないといけないシーンが多かったです。

――新聞業界の内部のことまではなかなか分かりませんよね。

そうですね。新聞を読むことはあっても、直接新聞記者さんの仕事に触れることはほとんどありませんし。取材していただくことはありますが、それは外で見せる顔にすぎなくて、会社の中でどんなことをされているのかまでは知り得ませんから。

――そもそも新聞は普段から読まれますか?

最近は地方に行ったときなど、ホテルで読むくらいですが、中学生までは毎日読んでいましたよ。

――人によっては新聞って読むのが苦手な人もいますが、その辺はありませんでしたか?

小説が好きなので、活字が並んでいるのは大歓迎。新聞を読むのも苦ではありませんでした。むしろ昔は漫画の読み方が分からなかったです。どういう順番で読めばいいんだろう!?って(笑)。

最近ようやく慣れてきましたが、最初はこっちいってあっちいって…全然分からなかったですね。

■ すごい世界だなと驚きました

――シリアスで社会派な作風ですが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

新聞社のお話だけあってほとんどが男性なんです。それに私の役柄的に、会社の外に出るシーンもほとんどなかったのですが、新聞社の社会部ってものすごい熱量と活気のある場所ですよね。

すごく慌ただしいと言いますか、スピード感があって「すぐあれをやれ!」ですとか「こっちに差し替えろ!」ですとか、すごい世界だなと驚きました。

――締め切り前は殺気立っているようなイメージがありますね。

そうなんですよ。いい意味で殺気立っている感じで、驚きました。

――ちなみに小説などで活字慣れしていらっしゃると思いますが、文章を書くことは得意ですか?

いや〜それは…(笑)。いつも全然まとめられないんですよね。作文もうまくまとめられなくて、思いのたけをいっぱい書いちゃうタイプでした。

途中でどう締めていいのかすらも分からなくなってきちゃって、とりあえず書いて提出して、書いたことについて努力は認められるんですけど、A評価はもらえないという感じでしたね。

――でも、書くこと自体は嫌いじゃない…と?

それはどうでしょう(笑)。読む方が断然好きですね。読み物であれば割と何でも好きで、新幹線や飛行機に乗っても冊子があったら絶対読んでしまいますし、ファッション雑誌も好きですし、読むという行為そのものが好きです。

――読むと知識も豊富になりますからね。

そうなんですよ。小さい頃から知識欲や好奇心が旺盛で、自分が知らない世界を見たり聞いたりすることは大好きです

――では、あらためて「ミッドナイト・ジャーナル―」の見どころを教えてください。

難しいお話ですし、重いテーマではあるんですけど、竹野内豊さん演じる関口や上戸彩さん演じる祐里、そして私が演じる美沙の姿を通して、何か少しでも心に響く熱いものが感じられるといいなと思うので、ぜひ目を逸らさずに見ていただけたらと思います。

■ 得意料理は煮込みハンバーグ

――では、ここからパーソナルな質問を。よく料理を作るとお伺いしましたが、料理は昔から得意なんですか?

読書と同じように料理も小さい頃からずっと好きで、母の手伝いで夜ご飯を一緒に作ったり、おやつのホットケーキを一緒に作ったり、好きでよくやっていました。

それからだんだん1人で料理を作るようになっていき、一時期はパンを作ったり、お菓子を作ったりしていたんですけど、今はご飯専門になりました。

――ちなみに得意料理はなんですか?

寒い時期は煮込みハンバーグですね! 冬はよく作りますよ。あとはギョーザも好きで、良く作ります。

――ひき肉系がお好きですね(笑)。

はい(笑)。ひき肉料理は多めに作って冷凍しておけるのでいいですよ! あとはいつもちゃちゃっと炒め物を作って食べることが多いですね。

一時期、中華にハマっていた時はエビチリとか回鍋肉も作っていましたけど…。調味料は一通りあります!

――ちなみにその回鍋肉とかも「回鍋肉の素」ではなく、最初から作る?

そうですね。豆板醤や甜麺醤などを駆使して作ります。たぶん舌が良いんでしょうね。1回食べたら何となく味が分かるんですよ。

外に食べに行く時も、食べる前にまず目で見て楽しみつつ、どうやって作っているのかな?って勉強します。盛り付け方とかも勉強になるので、外でご飯を食べるのは好きです。

――それを参考に自分で作れるんですか?

料理を見てどのくらい調味料を入れて、などはできませんが、例えば「こうやって盛り付けたらキレイに見えるんだ」とか「こういうお皿ならこう見えるんだ」など、そういう参考にします。

あとはお店の方に聞くこともありますね。「この料理は何が入っていますか?」って。

そうすると意外と教えてくれるんですよ。もちろん企業秘密もあるので、全部は教えてくれないんですけど…。

――さすが新聞記者役 (笑)。

そうですね…取材しています(笑)。

■ 韓国語は日常会話ならOK!

――そして特技が韓国語! これはまたなぜ?

19歳のとき、日韓合作のドラマをやったのですが、韓国に4カ月くらい住んでいて、日本語が全然通じなかったんですよ。

それがすごく悔しくて、韓国の幼稚園生や小学生が使うような教材を自分で書いて日本語で言うところの「あいうえお」を覚えました。

ドラマや音楽など、耳に触れるものから勉強を始めて、今では日常会話ならある程度できます。

新聞は難しくて読むのに時間がかかるのですが、言葉的には理解できるくらいになっています。でも、政治の話は言葉が難しいですね。

――業界用語のようなものもあるでしょうからね。

そうなんですよね。業界用語もありますし、その土地ならではの言葉もありますから。

――プライベートで焼き肉部を結成したという情報もありますが…(笑)。

「部」ってほど部活動っぽくはないのですが(笑)、友人同士で焼き肉部を作って、時間が合った時に一緒に焼き肉を食べに行きます。

友人の1人が焼き肉部のメンバーズカードを作ってくれて。意識高い系ですよね(笑)。

――ええ(笑)。どんな活動をされるんですか?

ズバリおいしい焼き肉を食べることです(笑)。どんどん新しいお店を開拓していくという目標があるので、みんなで情報を持ち寄って新規開拓しています。

みんな「あそこがおいしい」ってお気に入りはあるんですけど、どんどん新しいお店を開拓していくのも楽しいんですよね。お肉を食べて、Instagramで写真をアップするという活動がメインです。

主に私がお店探しを担当していて、良さそうな焼き肉店の写真を見つけてはグループLINEに「このお店はどうかな?」って送って。

そこから「このお店に行ってみたい!」って返信がくる。中には焼き肉の本を買った子もいますよ! おいしいお肉に対しては向上心の高いチームです(笑)。

――お気に入りの部位ってあるんですか?

赤身が好きなので、赤身の希少部位! 特に希少部位が食べられる店では「赤身でどこがおいしいですか?」って聞いて出してもらいます(笑)。

――霜降りより赤身が好きなんですか?

霜降りはちょっと重くて。それよりはイチボとかシンシン、トウガラシ、カメノコ…そのあたりですかね(笑)。

――希少部位がスラスラ出てきますね(笑)。

おかげさまで(笑)。好きな部位はモモ周りです。

――勉強になります! では、最後に読者の方に向けてメッセージをお願いします。

昨年から撮影してきたものの放送が重なって、3月は私が大活躍の月です(笑)。

全て全然違う役で出演する作品ばかりなので、どの作品も見ていただけたらうれしいです。これからも応援よろしくお願いします!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)