裸芸人・ウエスP、さんまの前で“危険なテーブルクロス引き”を披露!

裸芸人・ウエスP、さんまの前で“危険なテーブルクロス引き”を披露!

ウエスP

3月19日(月)放送の「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」(テレビ朝日系)で、裸芸人のウエスPが“危険なテーブルクロス引き”を披露する。

「借金」「裸芸人」「結婚できない」「天然」「ペチャパイ」「被害にあっちゃった」といった“コンプレックス”を抱える芸能人たちが赤裸々トークを繰り広げる本番組。

第11弾となる今回、異彩を放ちまくっていたのはテレビ画面が裸のオッサン4人で埋め尽くされた「裸芸人」チームだ。

中でも注目を集めたのは、番組初出演のウエスP。人気を誇る裸芸人たちの中でも、今誰よりも世界中から脚光を集めている。

世界ブレイクのきっかけが1本のYouTube動画だったというウエスPは、「危険なテーブルクロス引き」という持ちネタをアップしたところ全世界でリツイートされ、すぐに世界各国からオファーが殺到したとか。

「動画をアップ後、一気に5万リツイートされて、8カ国くらいからオファーが来たんです」と語るウエスPに、さんまも「以前アキラ100%とも話していたけど、裸芸は海外のほうがウケるねん」と明かした。

■ 客席からネタが見えない!?

「世界各国ではめちゃめちゃネタを披露してウケているんですが、日本ではまだほとんどオファーがないんです」と日本での認知度はまだ今ひとつだというウエスPは、「凱旋的にルミネtheよしもとでこのネタを披露したら、すごいスベったんです(苦笑)。僕の芸は寝そべって披露するため、『客席からネタが見えない!』と言われてしまって」と告白。

そんなウエスPが、持ちネタ「危険なテーブルクロス引き」をスタジオで披露。審査員として出演していた高橋真麻をアシスタントに、シャンパンのコルク飛ばしの勢いでテーブルクロスを引くという新ネタも。 

また、アキラ100%が「ウエスPにインスピレーションを受けた」という未公開の動画ネタを披露するほか、ウエスPの「危険なテーブルクロス引き」を小島よしお、とにかく明るい安村、アキラ100%の4人コラボで披露することに。

「裸芸に終わりはないと思います!」と断言するウエスPに、さんまは「はよ終わってくれへんか! このブームがまだ続くようなら、オレまで(裸芸に)手を出してしまいそうや…」と語った。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)