“切れ者社長”徳井義実、志尊淳らかわいい共演者たちを見守り「あ〜、年取ったなぁ…(笑)」

“切れ者社長”徳井義実、志尊淳らかわいい共演者たちを見守り「あ〜、年取ったなぁ…(笑)」

「ドルメンX」に羽多野社長役で出演中の、徳井義実にインタビュー!

放送中のドラマ「ドルメンX」(毎週土曜夜0:55-1:25、日本テレビ)に、芸能事務所の社長・羽多野社長役で出演中の徳井義実。

羽多野は、アイドルを目指すことになった隊長(志尊淳)ら宇宙人たちを自分の事務所に所属させ、“ドルメンX”を命名する。スパルタ教育をしながら、実はメンバーを優しく見守る切れ者社長という役どころだ。そんな羽多野を演じる徳井に、自身の役柄や現場の様子などをインタビューした。

■ 久しぶりの社長役。実際にアイドルをプロデュースすることになったら…!?

――徳井さんが演じる羽多野社長について教えてください。

宇宙人たちが所属する事務所の社長ですね。ひょうひょうとしながらも、彼らのことを真剣に考えているおっさんです。

ただ、「こっちもビジネスでやってまっせ」という気持ちがベースにあるので、あまりにも「親身になってあいつらを売ってやろう!」って感じが出過ぎないように、ある程度のドライ感は残しとかなアカンなって思いながら演じています。

――社長という役柄はどうですか?

社長役…10年近く前に1回だけしたことがあるんですけど、それはIT系の若社長みたいな役だったんで、「こんな、事務所の社長役をやるようになったんやなぁ〜」っていう感じですね。

自分以外のキャストがみんな若いので、あの子たちを見ていると「あ〜、年取ったなぁ…自分は社長とかになんねんなぁ〜」って(笑)。「昔やったら、あの中におったんかなぁ」ってちょっと思いながらやってます。

――関西弁をしゃべるキャラクターですが、演じやすい、または演じにくいなどありますか?

どうやろ。なんかね、関西弁でお芝居やってると、普段自分が使ってる以上の関西弁になったりするんですよね、なぜか。コテコテになるっていうか。「○○やぁ!」みたいな(笑)。そんな、「○○やぁ!」なんて普段言わへんけど、なんかなってまうな…(笑)。

――徳井さんが実際にアイドルをプロデュースできることになったら、してみたいですか?

俺は嫌です…(小声)。こないだ解散したんですけど、友達が2、3年くらいアイドルをプロデュースしてたんですよ。アイドルプロデュースの大変さを横でずっと見てたんで、「俺には無理やな」って。

人の人生を背負うことにもなるし、俺は絶対無理です。もう、自分だけで精一杯(笑)。「こいつらほんまに売りたい! 俺も人生なげ売って勝負に出るで!!」ってくらいの人が出てきたら楽しいかもしれないですけどね〜。

■ キュートな共演者たちを見守る徳井「話題が若い!」

――主演の志尊さんの印象はいかがですか?

以前「しゃべくり007」(毎週月曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)にちょこっと出てくれたことがあって。そのときはたいしてしゃべりもしなかったんで「きれいな顔のかわいい子やなぁ」というくらいの印象だったんですけど、このドラマで会ってみて、男の子にあんまりこういう表現もなんですけど、キュートというか。

撮影自体を楽しもうとしてる感じが出ていて、合間もニコニコしゃべってるし、スタッフの癒やしにもなってると思います。主演として、現場を明るくしている印象ですね。

――そんな若い出演者に囲まれている、撮影現場の様子はいかがですか?

多少は話しますけど、でもやっぱり若い子たちだけで盛り上がってるときには「ん〜〜」(優しく目を細めてほほ笑みながらうなずくしぐさ)ってしてます(笑)。話題が若いんですよ! 昨日もみんなで「楽屋にお化けが出て〜」って話をしたので、俺「ん〜〜(にっこり)」。一応「へぇ、そうなんやぁ〜」とか言うけど、「ん〜〜(にっこり)」(笑)。

なので、青木さやかさんと1日だけ撮影が一緒だったとき、「あぁ〜大人が来た!」って感じでした(笑)。青木さんとは何回かプライベートでも飲んでるんで、「あぁ〜大人が来て良かった! 仲間来たー」っていう安心感がすごかったです。

この間、玉城ティナちゃんと控室で待ってるときに「私いつか『しゃべくり007』に出たいんです」って言われたんです。ふと「しゃべくり007」が10年目だなと思って、「ティナちゃんって何歳?」って聞いたら「20歳です」って。

それで「物心ついたころから『しゃべくり007』って放送してた?」って聞いてみたら、「もちろんですよ!」って言われまして。もう、「あ、そういう奴なんや、俺」って思いました(笑)。

自分が物心ついたころにやってた番組に出てた人って、もうとびきりのおっさんでしたから。だから、「自分がそんな世代の人になったんやなぁ」ってすごく感じましたね…。

■ せりふを覚えるのは「全然得意じゃないです(笑)」

――バラエティー、ドラマ、MCといろんなジャンルの仕事をされている徳井さんですが、気持ちの切り替えなどはどうされているんですか?

ちょこちょこ聞いていただくんですけど、バラエティーでも「しゃべくり007」と「テラスハウス」(毎週月曜夜0:25-0:55、フジ系)では、テイストが違うので、その番組1個1個に合わせている感じです。

同じバラエティーでも、切り替えてるといえば切り替えています。自然とそうなってるんですけど、ドラマも同じような感覚ですかね。なので、ぬるっとこのドラマに入ってます。

――せりふを覚えるのは得意ですか?

全然得意じゃないです(笑)。せりふはお風呂や車の中で集中して覚えますね。寝る前にある程度覚えてなんとなく頭に入ったなと思ったら寝て、起きてからもう1回確認する。すごくやり取りが多いシーンだったら、iPhoneに相手のせりふを録音してその音声とやり取りしたり…。

めっちゃ恥ずかしいですけど、「若い子たちがちゃんと覚えてるのに、俺、全然せりふ出てけーへん!」ということが、この現場でありますね(笑)。

――では、最後に番組の見どころをお願いします。

“深夜に突然やり出した、変なドラマ”って感じなんで(笑)。その時間のテンションにピタッとくると思います。内容自体も面白いけど、何も考えずとも出てるみんなが本当にかわいいので、「なーんか変なドラマやな〜」と思いながら見てもらえればいいかなと思います。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)