前田航基、“ピー音”連発の問題作「温泉編」の裏話を語る!【バカメン日誌第3回】

前田航基、“ピー音”連発の問題作「温泉編」の裏話を語る!【バカメン日誌第3回】

3月19日(月)深夜放送「卒業バカメンタリー」第9話での前田航基。何やらシリアスな表情?

月曜深夜に放送中のジャニーズWESTの藤井流星&濱田崇裕W主演の「卒業バカメンタリー」(毎週月曜夜0:59-1:29、日本テレビ)。第9話が3月19日(月)に放送される。

人気お笑いコンビ・シソンヌが脚本を手掛ける本作。日本最高峰のエリート大学に通うガク(藤井)、マオ(濱田)、コウキ(前田航基)、ジュン(吉田靖直)の4人組の姿を追うドキュメンタリー風青春物語が、「くだらないけど面白い」「意外と共感できる」とじわじわと話題となっている。

このドラマにコウキ役で出演中の前田航基によるザテレビジョン独占企画「バカメン日誌」。今回は、“じろう脚本”の魅力、「ピー音」連発で“ある意味、神回”と言われた4話(2月12日放送)の裏話などを語ってもらいました!

■ バカメン日誌・第3回、スタート!

皆さん、こんにちは! 前田航基です。「卒業バカメンタリー」、残すところあと2話となってしまいました。ガク、マオ、コウキ、ジュンは“卒業”できるのでしょうか? 最後まで楽しんでくださいね!

■ 台本が面白過ぎて、もはや少年誌的存在!?

今回は、台本の魅力を語りたいと思います。“バカメン”の世界観に欠かせない、じろうさんの脚本は、本当に秀逸で、天才的です。だから、台本を読むのが本当に楽しみでした。

台本は1〜5話と6〜10話の2冊に分かれていました。1〜5話を撮っている間に後半の台本を渡されるのですが、早く読みたくて、読みたくて(笑)。

現場の空き時間に読んで、4人で「〇話読みました?」「あのせりふ、ヤバい(笑)」と、盛り上がりました。少年誌を読んだ男子たちが「今週のアレ、面白かったよね」と言い合うような光景でした。

そして、10話まで読んだ後、次の台本ないのが寂しかったです。じろうさんが、忙しい中、すっごい時間をかけて丁寧に書いてくださって、1話に懸ける思いが違うから、あれほど面白いんだというのは分かってはいるんですけど。「もっと書いて、じろうさん!」「放送されなくていいから台本だけほしい!」と、今でも思います。

■ 「パンダ座り」って何?(笑)

何が好きって、じろうさんの脚本はパワーワードの連続なんです。せりふがこんなにも際立ってることってなかなかない。

特に覚えているのは、(3月12日放送・第8話の)「パンダ座り」。「パンダ座りって何?」「どういう世界観?」と、それは4人でザワつきました(笑)。

そんな8話は、コウキたち4人の集まりが羽生君研究会からパンダ研究会になったという変遷が明らかになりました。その流れもわけ分からんけど、最高ですよね (笑)。面白いだけでなく、何かに熱くなると、ギュッと集中する人たちという個性もきちんと描かれていて、彼らのキャラクターがすごく表れていました。

■ 神回? 問題作? “温泉ロケ”を振り返り!

せっかくのコウキの「バカメン日誌」ですから、コウキのメーン回となった第4話(2月12日放送)についても、話をしたいと思います。

4話は、みんなで温泉旅館に行く回で、僕が演じるコウキがアソコを見せたくなくて、ゴネまくる(笑)という話でした。

そもそも、ストーリーにおける起承転結の「起」の部分が、タムラ(新井浩文)さんの「お前ら、互いのアソコを見たことあるか?」という問い掛けですよ(笑)。“じろう脚本”はどの話もそうなんですけど、特にあの話は、話のフリで心をつかまれて、「あかん、もうこれ読み始めたら最後まで読まないと無理!」と引き込まれました。

しかも、4人とも台本を読んで、コウキは“小さいこと”がコンプレックスだと思っていたんですけど、撮影が進むにつれて、「大きくて恥ずかしがっているんや」ということに気付いたんです。

それに気付いたのは、最後に見せ合うシーン。それまでずっと“小さい方”の前提で撮影していたので「大丈夫かな」と不安もありましたが、結果として面白くなったと思います。

■ ケンカのシーンは、藤井流星&吉田の表情が…

そして、マオとコウキが部屋でケンカするシーン。台本上は、部屋のシーンがあって、回想が入って、部屋のシーンに戻って、という流れだったんですけど、監督が「一気に行っちゃおう!」って言って、部屋のシーンを通しで撮影することになり、20分以上の長回しになりました。ここまでの長回しは人生で初めてのことだったので、僕も濱田君も、ハラハラしてるし、舞台みたいな緊張感がありました。

僕と濱田君は必死にケンカしているのに、それを傍から見ている藤井君と吉田君の顔をチラっと見たら、すごく抜けた顔をしているから、それがまた面白くて(笑)。4話は読んで面白い、演じても面白い、見ても面白い、という思い出たっぷりの回でした。

■ ジャニーズWESTのコンサートで主題歌に大興奮!

藤井君、濱田君との思い出といえば、今年1月にジャニーズWESTさんのコンサートに行ってきました。

ドラマの現場とは全然違う姿が見られるのかなと思っていたけど、ステージに立つ2人は、いつものままでアイドルをしていて、“かっこおもしろ”かったです。

普段の通りの裏表のない人というか、お二人ともすっごい面白いし、藤井君が格好つけると、「格好良い〜!」と思ったし、濱田君が格好つけると会場もみんな笑っているという流れがまた面白いし、本当にファンの方々から愛されているんだなと肌で感じました。

そこで主題歌「ドラゴンドッグ」を初めて聞いたんですけど、めっちゃ格好良くて、大興奮してしまいました!

その時はまだ放送も始まっていなくて、ドキュメンタリー風の撮影のイメージしかなかったので「この曲めっちゃ格好良いけど、オンエアでどうなるんやろう」と、正直戸惑いました(笑)。

でも、後日、放送を見たら映像と曲がすごく合っていて、エンディングがおしゃれになっていて。感動してもう一度最初から見直したことを覚えています。

■ 第9話はマオが入院したのに、チャンス!?

第9話は、マオが急病で入院してしまいます。入院先にはステキな看護師さんたちがいて、4人は「ここにも出会いはあるぞ!」と奮闘します。マオの入院というピンチをチャンスに変えることはできるのか、ぜひ見届けてください!

それでは、また次の「バカメン日誌」でお会いしましょう! 前田航基でした!!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)