長澤まさみ主演「コンフィデンスマンJP」で“月9”初! 主題歌をインディーズバンドが担当

長澤まさみ主演「コンフィデンスマンJP」で“月9”初! 主題歌をインディーズバンドが担当

Official髭男dismがドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌を担当

4月9日(月)よりスタートする、長澤まさみ主演の“月9”ドラマ「コンフィデンスマンJP」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系※初回は9:00-10:24)。

本作の主題歌に、インディーズバンド・Official髭男dismが起用されることが発表された。なお、月9ドラマ主題歌にインディーズアーティストが起用されるのは今回が初となる。

「コンフィデンスマンJP」は欲望や金をテーマに、ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)という3人の信用詐欺師“コンフィデンスマン”たちが、欲望にまみれた人間から大金をだまし取る痛快エンターテインメントコメディー。

Official髭男dismは、2012年6月に結成し「ヒゲダン」の愛称で注目を集める山陰発4人組ピアノPOPバンドで、ブラックミュージックをルーツにした音楽が特徴だ。

今回のために書き下ろした楽曲「ノーダウト」が、ドラマの魅力をさらに引き立てていく。

起用について、Official髭男dismは「番組プロデューサーさんより作品に対する思いや熱意や世界観をお伺いし、『ドラマの世界観とヒゲダンの持ち味を融合させた楽曲を作ってほしい!』というお言葉と、何より作品に創作意欲が刺激されました」と振り返る。

さらに「知名度もまだないインディーズバンドの僕らですが、とても格好いい楽曲が完成しました! ドラマに少しでも華が添えられれば幸いです」と楽曲に対する思いを語った。

また、主題歌選びに難航していたというフジテレビ編成部の企画・成河広明氏は「偶然“髭男”が聞こえてきて『これだ!!』と感じました。そこからのコラボレーションは本当に刺激的で感動的。このドラマを体現してくれる素晴らしい曲を作っていただきました」と絶賛した。

■ 長澤まさみコメント

陽気な感じがステキです。このドラマのテンポよく軽快なストーリーに合わせて新しく作ってくださり、物語に寄り添って盛り上げてくれる曲になっていると思いました。

ドラマの映像とこの楽曲との化学変化が楽しみです!

■ 東出昌大コメント

物語の中で僕らはデカい詐欺をたくさんやって危険と隣り合わせなんですが、それが歌詞やセクシーな歌声からも出ていて、色っぽい曲だなと感じました。

このドラマは痛快でど派手なエンターテインメント作品になっていると思うので、だからこそこの頭に突き刺さるど派手な音楽がうれしいです!

■ 小日向文世コメント

僕はメロディックな曲が好きで、家に帰ると癒やされる曲ばかり聞いてるので、こういう感じの曲調は強烈ですね。

疲れを癒やすという感じではなくて、むしろ(詐欺師を演じる)僕たち3人が「お前らそのうち痛い目に合うよ」「浮かれすぎるなよ」といさめられるような気持ちになります。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)