青柳翔『がむしゃらに走りました』主演作・WOWOW「ドラマW 食い逃げキラー」で新境地

青柳翔『がむしゃらに走りました』主演作・WOWOW「ドラマW 食い逃げキラー」で新境地

主人公・川谷省吾を演じる青柳翔

第10回WOWOWシナリオ大賞受賞作「ドラマW 食い逃げキラー」が、3月21日(水・祝)にWOWOWプライムで放送される。

舘澤史岳氏による「第10回WOWOWシナリオ大賞」受賞作の「食い逃げキラー」を、劇団EXILEのメンバー・青柳翔主演で映像化した本作。

物語の舞台は、食い逃げ犯たちに悩まされる、一軒のファミリーレストラン「ワニーズ」だ。

元陸上界のエース・川谷省吾(青柳)は、ひょんなことから“食い逃げキラー“としてファミレスからスカウトされ、個性豊かな食い逃げ犯を捕まえるべく奔走する。

食い逃げ犯を追ううちに、人生から逃げ続けていた省吾が次第に成長していく姿を描くヒューマン・コメディーだ。

主人公・省吾を演じる青柳にインタビューを行い、役作りや、撮影のエピソード、作品の見どころを聞いた。

――最初に台本を読まれていかがでしたか?

走るシーンがすごく多かったので、走ることで周りの人たちの思いや自分の過去などを表現できたらいいなと思いました。

中前(勇児)監督とは以前も映画「サンゴレンジャー」(2013年)でご一緒させていただいたことがあったので、役作りする上でそこからスタートさせてもらえたのは良かったなと思っています。

「青柳君もいいアイデアとかあったら出してね」と言っていただので、せりふや動きのアイデアを出したり、ボツになったりを繰り返してやっていました。

――中前監督と、再びタッグを組まれて、現場の雰囲気はいかがでしたか?

監督はすごく頭の回転が速くて、いろいろなことに気が付くので、それに応えようとみんなで頑張っていました。進行がすごく的確で、人をいじるのも天才的なので(笑)、監督自ら現場を作って下さっている感じです。

あと、発想もすごく面白いんですよね。例えば、今回海に飛び込むシーンがあるんですけど、そこはあえて前の作品(サンゴレンジャー)に掛けているのかなと。

そういう同じ監督ならではの見どころもあるかと思います。

――本作はコメディー要素も多く入っていますが、演じる上でどういったところを意識されていましたか?

監督とお話させていただいて、前半部分は明るく楽しくしたいということで、そのあたりは意識していました。

過去を引きずるとすごく重い作品になるんですけど、(現在のシーンと)過去のシーンが交互に入っているので、シリアスな部分を見せつつ明るい部分では、千秋ちゃん(松本穂香)に引っ張られて成長し、走ることで過去を払拭していくところを描けたらいいなと思っています。

■ がむしゃらに走ることで省吾になりたい

――省吾を演じる中で、難しかった部分はありますか?

千秋ちゃんとの掛け合いの部分は難しかったですね。千秋ちゃんがはっきり物を言って、それに引っ張られていく省吾のような、見ていてくすっと笑える関係性は、監督がすごくこだわってほしいと仰っていました。

――スプリンターの役ということで、体力作り・トレーニングはいつ頃からされていたのでしょうか?

競技場で先生に教えてもらったのは、作品に入る10日前くらいでした。そこで何回かフォームや走る姿を見てもらい、ウオーミングアップの仕方や、腕の振り方、動画で走り方の参考になる人を教えてもらいました。

でも、省吾はきれいなフォームというより“才能だけで勝っちゃった人”なので、走り方は荒削りな方がいいと監督は仰っていましたね。

なので、あえてダイナミックにがむしゃらに走ることで、省吾になれればいいのかなと思っています。

――体力作りをされて体形の変化などございましたか?

ここ数年ジムをさぼっておりまして…年末にちょっと太った分、クランクイン前に痩せようということで、トレーニングと食事制限で3kgくらい落としました。

――今回、過去の学生時代のシーンが回想でありますが、ご自身ではいかがでしたか?

完全にアウトですよ(笑)。でもそこはメークさんにどうにかしてもらおうかなって。髪の毛をちょっと分けたり、耳に掛けたりして若く見えるようにやってもらっています。

――過去の学生時代から現在まで、年齢に幅がありますが、気持ちの切り替えや意識されたことはありますか?

せりふを意識しています。監督に「(過去は)ちょっとチャラく言って」と言われていたので、現代と過去で言葉が違うように工夫しています。

それがトータルでどう見えるか、ちゃんと自然にうまくつながるようにと考えつつ演じていました。

■ こんな役もできるんだと思ってもらいたい

――本作はファミレスが舞台ということで、ファミレスにまつわる思い出は何かありますか?

北海道に住んでいたころ、ハンバーグレストランの「びっくりドンキー」によく行っていましたね。最近行けてないですけど、東京に出てきてからも近くにお店があるとたまに行っちゃいます(笑)。

――ちなみに好きなメニューは?

チーズバーグディッシュにチーズをトッピングするのが好きです! ほぼチーズです(笑)。

――最後にあらためて作品の見どころと、読者へのメッセージをお願いします。

松本さん演じる千秋ちゃんとの掛け合いも見どころの一つですし、いい意味で変な「裏道さんぽマスター」や「サラダバー純」「ステーキの鉄」など個性豊かなキャラクターたちが登場します。

そんな個性的なキャラを真剣に追い掛けているのが、このドラマの面白さだと思います! 走りも全力で頑張っているので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです。

今回の「食い逃げキラー」もそうですけど、こんな役もできるんだ、こんなのもやるんだ、と思ってもらえるようにいろいろな面を見せていけるように、これからも頑張っていきたいと思っています。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)