山本美月「リトラクタブルライトってどこ!?」カーデザイナーを演じる苦労を明かす

山本美月「リトラクタブルライトってどこ!?」カーデザイナーを演じる苦労を明かす

山本美月はカーデザイナー・白雪を演じる

3月28日(水)にNHK BSプレミアムにて放送される愛知発地域ドラマ「真夜中のスーパーカー」(夜10:00-11:00)は、愛知・長久手にある自動車博物館を舞台にした、ナイトミュージアム的な要素が盛り込まれたファンタジー作品。

山本は「ナゴヤ2000GT」のようなスポーツカーを作りたいと夢見るカーデザイナー・白雪を演じる。

アニメ好きの山本は「白雪は車オタクで、私もその気持ちが分かるっていうか…そういった意味ではやりやすかったです」と話す。

「絵を描くことも好きなので、造形や曲線の魅力みたいなのはすごく分かりました。このライン!分かる、確かにすごくきれい…って思って」と、白雪と共感できる部分が多かったと明かした。

しかし、普段は車とあまり関わりがないという山本は、演じる上での苦労も多かったよう。

「初めて台本を読んだときは、レースの場面で何が起きているのか分からなかったです。ノーズがどうのこうのとか、グリップとか…。

『リトラクタブルライトってどこ!?』みたいな。全部インターネットで調べて、台本に付箋を付けて書いて勉強をしました」と振り返った。

そんな山本も撮影が進むにつれ、「これまではどの車も同じように見えていたのですが、みんな(車)の顔が分かるようになりました。

撮影で暗い博物館にいると、本当に閉館後にみんなしゃべりだすんじゃないか、っていうくらい(車が)人に見えてきて…」と車の魅力に気付いたそう。

さらに「唐沢(寿明)さんは本当に車にお詳しくて…。博物館の車の下にプレートが置いてあるので、何でだろうなと思っていたら、オイルが漏れるのを防ぐために置いてあると教えていただきました」と裏話を披露した。

最後に作品について「車に詳しくない人にも楽しんでもらえると思います。もちろん車に詳しい方にも失礼のないようにやらせていただいたつもりです。

音もこだわっているのでプロから見ても納得のいくものになっていればうれしいです。

また、子供にとってはナイトミュージアム的な感じで見られるファンタジー作品になったと思います。幅広い層に楽しんでもらいたい」とアピールした。

■ あらすじ

カーデザイナーの白雪がナゴヤ自動車博物館を訪れると、博物館から2000GTを盗もうとしていたリカルド(上遠野太洸)に出会う。

そんな二人の前に突如白いレーシングスーツに身を包んだの謎の男(唐沢)が現れ、二人を博物館に閉じ込めてしまう。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)