カンニング竹山、憧れの石橋貴明への思いを吐露「俺の30年も間違っていなかった」

カンニング竹山、憧れの石橋貴明への思いを吐露「俺の30年も間違っていなかった」

カンニング竹山が石橋貴明とのエピソードを明かした

3月17日に放送された「カンニング竹山の土曜The NIGHT」(AbemaSPECIAL)で、カンニング竹山が芸能界の大先輩である、とんねるず・石橋貴明への思いを語る場面があった。

同日の番組冒頭で、竹山が「ビックニュースがある」と切り出し、竹山の憧れの人である石橋がこの番組を視聴していたことを明かした。

竹山は、3月22日(木)に最終回を迎え、30年の歴史に幕を閉じる「―みなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の収録を見にスタジオへ行った際、石橋に「ありがとな、AbemaTVでいろいろ話してくれて」と言われたことを説明。

「関東で芸人をやりたいと思っていた僕の中にはたけしさん、とんねるずさんがいた。16歳の時に番組が始まった時は夢中だった、『いつかとんねるずに会いたいな』『とんねるずみたいになりたいな』と夢をはせながらやってきた」と、とんねるずへの憧れをあらためて語る。

続けて「最初は全く(とんねるずの)2人にハマらなくて。でもここ3、4年でかわいがってもらって。番組が始まって30年、歴史的なバラエティー番組が終わる瞬間に、同じスタジオで立ち会えたという事はすごく感慨深かった」とその心境を吐露した。

また、最後の収録を見た感想として「格好いい言葉を使うと『俺の30年も間違っていなかった』と思った瞬間だった」と答え、とんねるずの背中を追いながら、芸人として駆け抜けた自分の人生も間違ってはいなかったと熱く語った。

■ リンゴ「さんま兄さんは天才!」

さらに同放送回には、AbemaTV初出演となるハイヒール・リンゴが登場。竹山に対し「今までで1番きつかった仕事って何?」と質問すると、竹山は「大喜利関係の仕事、最近で言うと『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)は久しぶりに死のうと思いましたね」と答えた。

リンゴは「『向上委員会』は難しいわ〜」とフォローすると、「ギャグ合戦になっても俺ギャグないし、何にもできなくて。師匠(明石家さんま)が、どうにかしたいと思ってくれて『何やねん、どういうことやねん』って助け舟を出してくれたけど、その師匠の顔が怖く見えてしまって『すみません、何でもないです』って。

帰りの車でレインボーブリッジから飛び降りようかなと思った」と、苦い思い出となった収録秘話を明かした。

これを聞いたリンゴも「さんま兄さんの目が『そのボケちゃう』ってなったとき、脇汗ジュワって出るよね。

私そんなボケのパターンないしって思うやん。でもそれも助け舟。あんなに若手に絡んでくれる先輩はいない。あんな天才いない」と、さんまへの思いを語った。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)