「隣の家族は青く見える」最終回直前!北村匠海「眞島(秀和)さんは僕にとってすごくありがたい存在」

「隣の家族は青く見える」最終回直前!北村匠海「眞島(秀和)さんは僕にとってすごくありがたい存在」

「朔ちゃんの感じで撮影させてください」に応えてくれた匠海くん

共有空間を共にするコーポラティブハウスを舞台に、4つの秘密を抱えた家族の姿を描くドラマ「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)。先週放送された第9話では、渉(眞島秀和)&朔(北村匠海)カップル、亮司(平山浩行)&ちひろ(高橋メアリージュン)カップルが円満さを取り戻す一方、小宮山家では深雪(真飛聖)が離婚に同意し、五十嵐家では流産をした奈々(深田恭子)が姿を消すなど、まだまだ波乱を予感させる展開に。ついに迎える最終回(3月22日(木))を前に、朔を好演した北村にこれまでを振り返ってもらい、撮影中のエピソードや自身が選ぶ“わたさく”名シーンのほか、最終回予想までたっぷり語っていただきました!

■ 奈々さんやちひろさんとの女子会<Vーンは僕も好きです

――ドラマ「隣の家族は青く見える」(フジ系)がいよいよ最終回です。ここまで朔という人間を演じてきた感想は?

匠海:始まる前は、朔を演じることは挑戦だったし、どう役をつかんでいこう…と思う部分も正直ありました。それでも、世の中のLGBTをもっと知ってほしいなという想いもあって。実際に放送が始まると、反響も大きかったですし、何よりLGBTの方々から評価していただけたので、本当に良かったなぁと思ってます。

――3カ月演じてきたからこそ、あらためて感じる朔の魅力は何だと思いますか?

匠海:朔はすごく達観した人間で。ああいう達観したというか、物事を俯瞰で見られる人っていうのは、僕自身も好きなんです。ここまでの話の中で、朔が自分だけの感情でものを言ったことってなくて。必ず相手のことを思って話してるんです。そんなふうに相手を大切にするところはすごく素敵だと思います。

――ドラマのタイトルは「隣の家族は青く見える」ですけど、朔だけは青く見えてないと言えますね。

匠海:そうなんですよね。というのも、朔はコーポラティブハウスに転がり込んだ人間で、コーポラティブハウスに住もうと言った人たちとは別世界の人間なので。朔のカラフルな服は、“コーポラティブハウスに色を付ける人間”っていう意味もあったそうなんです。映像で見てても、朔が来ると色が飛び込んでくるというか、かき乱すというか。今でこそ広瀬家としてコーポラティブハウスの一員になっていますけど、最初から見ていくと、あの中で朔は異質な存在だったと思います。

――異質というのとはちょっと違いますが、奈々(深田恭子)とちひろ(高橋メアリージュン)と朔による“女子会”シーンもインパクトがあっていいなと思いました。

匠海:僕もあのシーン、結構好きなんですよ。(撮影は)割と長いんですけどね。ちひろさんとか、台詞の量が多いので、毎回すごいなと思っています。

■ 眞島さんはキャリアとか年齢とかの垣根を越えた物腰で話してくださる

――視聴者の間では“わたさく”が人気を博しています。眞島さんと匠海くんの関係は、この3カ月間でどう変わってきましたか?

匠海:最初の方こそ演技について話し合うことが多かったんですけど、最近はお互い感覚でお芝居ができているんじゃないかと思っています。僕の個人的な感想ですが、阿吽の呼吸って言うんですかね(笑)。お芝居の中での距離感をお互いが分かってるという感覚もあります。眞島さんはとてもフランクな方で、撮影の合間にも、お芝居のほかに音楽のこととか、他愛のないお話しをさせていただいています。キャリアとか年齢とかの垣根を越えた物腰で話してくださるので、僕にとってすごくありがたい存在です。

――そんな眞島さんと共に演じている“わたさく”ですが、この2人の関係性を匠海くんはどう感じてますか?

匠海:すごく素敵だなと思います。何か、渉が朔に翻弄される気持ちも分かるし、朔が渉を好きな理由も分かるし。共通してる部分もあるけど、逆にお互いにないものを満たし合ってる部分もきっとあって……。だから、あの2人には幸せになってほしいとすごく思います。

■ 北村匠海が選ぶ“わたさく”名シーン3

――では、匠海くんが好きな“わたさく”の名シーンを3つ教えてください。

匠海:まずは2人が出会うシーンですね。当時はまだあまり眞島さんとお話ししてなかったからこその、絶妙な距離感が出てる気がして。僕、お芝居においてはバックグラウンドが大事だと思っていて。お芝居してない部分での関係性が出るというか。そういう意味で、朔と渉の出会いのシーンは、まさに当時の眞島さんと僕の関係性が表れてる気がして好きです。

――では、2つめは?

匠海:朔と渉って、わりといつもラブラブしてて、意外とシリアスなシーンが少ないんですよ。なので、第4話での朔と渉が貼り紙を巡ってケンカするシーンはすごく新鮮だったというか。結局そのシーンも最終的にラブシーンになるんですけど、その伏線としてケンカがあるっていうのが好きでした。

――もう1つはどのシーンになりますか?

匠海:7話での焼き芋のシーンです。お互いに買ってきていて、渉のお母さんがくる、という。渉と渉のお母さんが話しているのを朔は遠くから見てるシーンなのですが、あそこはリハの段階から涙が出そうになりました。

――それはどういう涙だったんですか?

匠海:目線としては朔ですね。あそこって、言ってみれば渉が変わった瞬間で。それまで自分がゲイであることをひた隠しにしていた渉が、自分の母親に打ち明けるっていう。朔にはお母さんがいなくて、だからこそ渉には家族のことを大事にしてほしいと思ってるんだけど、一方で、ゲイであることを親に隠しているのは、果たしてそれは優しさなのか?と思っていたり。だから、渉が自分はゲイだって堂々とお母さんに告白してるのを見て、朔は複雑な心境になるんです。それから、渉の台詞に「自分の好きな人を否定されることが、こんなに悲しいことだなんて今の今まで知らなかった」っていうのがあるんですけど、それはつまり、僕が撮影に入る前にお話をうかがった同性愛の方たちの気持ちでもあって、(聞いていて)すごく辛かったですし。このシーンで僕の台詞はないんですけど、朔としてその場にいられたのですごく良かったなって思います。

■ みんなが望む形じゃなくても愛はある。そんな終わり方になってほしいです

――さて、ドラマは今週(3月22日)でいよいよ最終回です。先週放送の第9話では、わたさくの2人がある種クライマックスを迎えたように思えましたが。

匠海:病院のシーンとか、すごくいいですよね。第8話の段階で眞島さんと「9話が気になり過ぎるね」って話をしてたので、より強く2人が結ばれるような回で良かったなぁって。でも、小宮山家の方は、深雪(真飛聖)さんが、自分は娘たちの親でいる資格なんてないという結論に至るじゃないですか。奈々(深田恭子)さんの件も然りで、そういうのは全然予測できていなかったので、台本を読んだときはビックリしました。

――それぞれの家族の結末が気になりますが、匠海くんはどんな終わり方になってほしいと思いますか?

匠海:それぞれの愛の形に辿り着いてほしいっていうのはもちろんなんですけど、ただ、一方では、一緒にいることが全てではなかったりするし、子供がいることが全てでもなければ、子供がいないことが全てでもなくて。やっぱり、ドラマを見ているとどうしてもハッピーエンドを求めがちだと思うんです。でも、ここまできたら、逆にみんなが望む愛の形じゃないものになってほしい気もします。そうじゃなくても愛はある。そんな終わり方になってほしいなと思います。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)