FES☆TIVE・ゆなぴこ、みっき、こっとんの卒業は笑顔で「またね」?

FES☆TIVE・ゆなぴこ、みっき、こっとんの卒業は笑顔で「またね」?

FES☆TIVEが新木場STUDIO COASTでワンマンライブを開催。ゆなぴこ(坂元由奈)、みっき(鈴木みつき)、こっとん(鈴木ことね)がグループを卒業した

FES☆TIVEが3月25日、東京・新木場STUDIO COASTでワンマンライブを開催し、この日をもってメンバーの坂元由奈、鈴木みつき、鈴木ことねがグループを卒業。そして、新メンバー3人を加えて新たにスタートを切ることが発表された。

間もなく5周年を迎えるFES☆TIVEの初期メンバー・坂元と鈴木(み)、そして2月に加入4周年を迎えた鈴木(こ)の卒業公演ということで、会場には大勢のファンが集結。

「ドンドコ祭りズム -燃え上がれタイコちゃん-」「祭りだsun☆sun」というお祭りソングでライブをスタートさせると、MCではリーダー・汐咲玲亜が「今日の一瞬一瞬を噛みしめて、ラストまで皆さんと楽しんでいけたらいいなと思います。ついてきてください!」と声を上げる。

その後、「お祭りヒーロー」「OIDEMASE!! 〜極楽〜」「ゴートゥーフェス☆」などをノンストップで歌唱。汐咲が「昨日のラスト対バンも(会場が)ここ新木場STUDIO COASTで、対バンイベントのトリをやらせてもらったり、思い出の詰まってる会場」と、新木場STUDIO COASTについてコメント。

鈴木(こ)も「新木場STUDIO COASTの野外ステージで、FES☆TIVEとしてデビューしたんです。その時は15分っていう持ち時間だったけど、そこに出られるだけでありがたかったのに、今ではこうやってメインステージで最後のワンマンライブができるっていうことが、本当に嬉しいです」と話し、「FES☆TIVEのおかげで皆さんに出会えたので、今日は最高の時間を過ごせたらいいなと思っています!」と笑顔を見せた。

続いて、FES☆TIVEの代表曲「シダレヤナギ」や、「真夏の余熱」「ホムラノシズク」といった夏を感じさせる楽曲を歌い、メンバーがそれぞれの思いを明かしていくことに。

■ みっき(鈴木みつき)「活動してきた中でもらったたくさんの物を生かして、もっと成長できたらいいな」

こんなにたくさんの人がFES☆TIVEを見に集まってくれたことに、本当に感動しています。

2〜3年前、ここでの対バンでメインステージに立てなくて悔しい思いをして、その後やっと立てたっていう時のことを、昨日思い出してたんですね。そんな事があったFES☆TIVEが、今ここでワンマンライブができているって、約5年間やってきて本当に成長できたんだなって思いました。

5年間っていうすごく長い時間をFES☆TIVEとして生きてこられて、幸せもいっぱいもらって、これからの糧になる事をいっぱい経験させてもらいました。次の道も、FES☆TIVEとして活動してきた中でもらったたくさんの物を生かして、もっと成長できたらいいなと思っています。

これからも鈴木みつき、そしてFES☆TIVEをよろしくお願いします!

■ ゆなぴこ(坂元由奈)「しっかり目に焼き付けて、最高の思い出に!」

今日はすごいたくさんの方に集まっていただけて、本当に嬉しいです。最初、(会場は)新宿BLAZEだったんですけど、たくさんの方が応募してくださって、こんな大きな新木場STUDIO COASTに変更になって、いっぱい来てくれて、ありがとうございます。しっかり目に焼き付けて、最高の思い出を作りましょう。最後まで楽しんでいきましょう!

■ こっとん(鈴木ことね)「みんなで幸せになりましょう!」

こんなにたくさんの方が集まってくれて、本当に嬉しいです。皆さん、ありがとうございます。

私は本日をもってFES☆TIVEを卒業するのですが、4年間という時間をメンバーと一緒に過ごすことができて楽しかったし、FES☆TIVEとして活動できたのは、スタッフさんもファンの皆さんもそうだし、そして家族の応援もあったからで…。

FES☆TIVEをやるために東京に引っ越したりとか、学校を変えたりとか、色々あった4年間だったんですけど、皆さんと出会えたことが4年間の財産だと思っています。

FES☆TIVEのこれから、そして私にもこれからがあって…みんな、それぞれの人生があるから、その“これから”も頑張って、みんなで幸せになりましょう!

■ ひよちゃん(桃原ひよ)「不安もあるけど、残った私たち5人も頑張っていきたい!」

3人の卒業ということで、今後の不安もあるけど、「3人が抜けたFES☆TIVEで大丈夫かな?」って思われないように、残った私たち5人も頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

■ 真野ちゃん(真野彩里愛)「土台を作ってくれた3人のためにも、もっと上に行きたい!」

卒業発表を聞いたのは、まだ加入して1年も経ってない時だったので、「もうそんな時期なのかな?」っていう焦りとか、色んな思いがありました。

でも、3人が土台を作ってくれたので、3人のためにも、今後のFES☆TIVEのためにも、こうやって新木場STUDIO COASTでライブができることに満足するだけじゃなく、もっと上に行きたいと思っているので、これからも長く応援よろしくお願いします。

■ ひなりん(青葉ひなり)「遠くからでもいいから、FES☆TIVEのこれからを見守っていてほしい!」

これからもFES☆TIVEは続いていくし、3人から受け継いだ物を私たちがちゃんと形として残していくためには、みんなから愛され続けなきゃだめだと思ってて。だから、3人のファンの人に図々しいかもしれないんですけど、遠くからでもいいからFES☆TIVEのこれからを見守っていてほしいです。

私たち残るメンバーは、3人が残してくれた物、そしてFES☆TIVEを守っていきたいと思うので、応援よろしくお願いします。

■ ぴあのちゃん(白石ぴあの)「3人から教えてもらった事、吸収した事がいっぱいあるので…」

卒業を聞いた時、気持ち的には3人の穴を埋めたいって思ったけど、そんな事が言えないくらい穴は大きくて…。

でも、それ以上に3人から教えてもらった事、吸収した事がいっぱいあるので、3人やここにいるフェスティバーさん(ファン)たちに「1年前のタイミングで入ってきたのが、この2人(白石と真野)で良かった」って思ってもらえるように日々成長していくので、これからも3人とFES☆TIVEをよろしくお願いします!

■ れいあん(汐咲玲亜)「3人の分も、今まで卒業していったメンバーの分も、しっかり気持ちを引き継いで頑張っていきます!」

3人の卒業が発表されてから、「FES☆TIVEっぽくなくなる」という声をたくさん聞きました。それは、私たちが1番よく分かってて。3人は、すごく大きな存在だったから。

今回、3人が抜けちゃうことは私たちにとって本当に大きいんですけど…でも、私たちはそんな事に負けてられないんです! これからも、3人の分も、今まで卒業していったメンバーの分も、しっかり気持ちを引き継いで、上を目指して頑張っていきます。FES☆TIVEの応援、今後もよろしくお願いします!!

メンバーの挨拶が終わると、ライブは終盤戦へ。「BELIEVE!」「FESTIBLUESKY」という夢を歌った、3人の旅立ちにピッタリの楽曲では、曲中に「今日は新木場STUDIO COASTにたくさん集まっていただき、本当にありがとうございます。ここで卒業を迎えられるなんて、本当に私たち幸せ者です!」(鈴木[み])、「皆さん、今日は来てくれて本当にありがとうございます!皆さんと過ごした時間、絶対に忘れません。私も、みんなのことが大好きです!!」(鈴木[こ])と感謝を伝える。

そして、最後はFES☆TIVEのライブ定番曲「マジカルパレード」でライブ本編を終えた。

アンコールでは、メンバーが今回のワンマンTシャツに着替えて登場。夢への決意を歌った「トーキョードリームパレード」、「いつの日にか思い出してね わたしのこと 今日のことを」という切なさを感じさせる歌詞の「祭りのあと」を笑顔でパフォーマンス。

汐咲が「3人は違う道に進みますが、3人と、そしてこれからも続くFES☆TIVEの応援を引き続き、よろしくお願いします」とファンに呼び掛け、卒業する3人がファンに感謝を伝え、ワンマンライブを締めくくった。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)