松岡充「『凡人』というジャッジが一番傷ついた」【プレバト!!連載】

松岡充「『凡人』というジャッジが一番傷ついた」【プレバト!!連載】

4月12日(木)放送の「プレバト!!才能ランキング」(TBS系)の魅力に迫る連載企画。第1回は松岡充に直撃!

4月12日(木)夜7時から、TBS系で「プレバト!!」のスペシャルとして「プレバト!!才能ランキング」が放送される。

「プレバト!!」は、浜田雅功のMCの下、芸能人の隠れた才能を専門家が査定しランキング形式で発表する知的エンターテインメント番組。

12日の2時間スペシャルでは、「俳句タイトル戦!春の俳桜戦」「水彩画・昇格査定スペシャル」、そして新企画である「押し花アートの才能査定」が開催される。

名人・特待生だけが参加できる「俳句タイトル戦!春の俳桜戦」では、最高位・名人9段ながらタイトル戦は無冠の梅沢富美男、昨夏の「炎帝戦」覇者で梅沢を猛追する名人8段・藤本敏史、昨春の「俳桜戦」と秋の「金秋戦」を制した名人6段・東国原英夫らが参戦。

さらに、「冬麗戦」で涙の初優勝を果たした千賀健永と、“キスマイ俳句名人”としてリベンジを狙う横尾渉、三遊亭円楽、中田喜子、千原ジュニア、松岡充がタイトル戦に挑む。

そこで、WEBサイト「ザテレビジョン」では番組を盛り上げるべく、短期連載企画を開始。

番組でさまざまな企画に挑戦してきた出演者たちにインタビューを行い、番組への思いや今回の企画への意気込み、自身の成長を感じた瞬間などに迫っていく。

さらに、査定人である夏井いつき先生による「俳句」企画に参加するメンバーの評価も紹介する。

初回では、「俳句」でミュージシャンとしては初の特待生に認定された松岡に直撃した。

■ まさかの査定を受け“火”がついた

――番組に初めて出演が決まった時のお気持ちを教えてください。

元々大好きな番組で、浜田さんにもずっとお世話になっていたので、素直にうれしかったです。

「プレバト!!」では生け花や水彩画の企画がありますが、僕が「これならいけるかな?」と思っていたのは俳句だったので、その俳句でオファーを頂けたので「ぜひ!」と思いました。

――自信はありましたか?

僕は俳句も歌の歌詞も、ポップスだろうが歌謡曲だろうがロックだろうが、素晴らしい表現というのはジャンルを問わず共通するものがあると思っていて。

もちろん俳句には俳句のルールがあるけど、基本的には言葉で“歌を歌う”“歌を詠む”ということなので、一緒だと思っています。

今年、バンドでデビューして23年になるんですけど、300曲以上作詞作曲して、それをライブでオーディエンスに届けてきました。

おこがましいかもしれませんが、言葉のプロだと思っているので実は自信ありました。

――実際出演してみていかがでしたか?

余裕だと思って、全く勉強せずに一回目出たんです。そしたら「凡人」査定だったんです。

「才能ナシ」でもなく「凡人」。これが僕に火をつけましたね(笑)。

僕の中では「『凡人』はない!」と。例えば、「才能ナシ」と言われてたら、「エキセントリックな言葉を使い過ぎたかな」とか「俳句という小さな箱庭の中に、独自の世界を詰め込み過ぎた」とか思えるのでまだ納得できたんですが。

そんな振り切った査定ではなく、「凡人」というのが一番傷ついたんですよね。

それでもう絶対「凡人」査定は嫌だと思って勉強して、2回目は僕から番組側に「頼むから出させてください!」ってお願いしました。そしたら1位で「才能アリ」査定だったんです!

僕はもう大満足で、「僕はもう大丈夫、納得しました」ってスタッフさんに言ったら、「いやいや逆に、一回取ったから、もう一回出てもらわないと」って言っていただいて(笑)。

そしたら3回目も「才能アリ」だったんです、また。「凡人」「才能アリ」「才能アリ」できたら、次また呼んでいただけるじゃないですか。

その時に、これでまた「凡人」になったら元も子もないなって思って、またたくさん勉強して、4回目、5回目も「才能アリ」をいただいて、それで今回、初めてのタイトル戦なんです。

もう僕の中ではやりきってたので、一人の視聴者に戻りたかったのに、なぜかこの強者ぞろいの中に(笑)。

■ “完璧”を目指し猛勉強!

――前回、「路地裏の闇 嬌声は 猫の恋」という句で、「才能アリ」1位を取って特待生になりましたが、その句に込めた思いは?

小説をこれまでに何回か書いているんですけど、昔書いた長編小説の中で使っていた言葉が「嬌声」だったんです。

この言葉自体に皆さんなじみがないと思うんですけど、でもすごく意味を持っている言葉なので、「女性のなまめかしい声」と「猫の盛りの声」っていうのを掛けて書きました。

「才能アリ」にしていただきましたけど、今思い返すとちょっと甘かったかなと思います。

今まで4回連続「才能アリ」にしてもらいましたが、僕の中でまだ完璧じゃないというか、納得いってない部分もあるんですよね。

その瞬間は納得して句を出すんですけど、夏井(いつき)先生に言われてみると、「ああ、なるほどな」と勉強になることがいっぱいあって、それを重ねてきたので、今回のタイトル戦に臨むにあたり、自分でもすごく勉強しました。

でも、今回「勉強し過ぎたな」っていうのはありますね、正直(笑)。

――どんな勉強をされるんでしょうか?

一番最初は夏井先生の本から歳時記に行き、歳時記から大歳時記、それから句集を買って読み込んでましたね。

あと、今回から導入したのは類語辞典と古語辞典、文語辞典です。日本の奥ゆかしい言葉、古典の言葉を学んでいます。学生時代にするっと通ってしまった「枕草子」を、もう一回読んだりしましたね。

めちゃくちゃ勉強しましたよ。だから趣味が減りましたね(笑)。

僕、多趣味だったんですけど、俳句で一掃されて…(笑)。今は俳句しか目に入らないです。

――夏井先生の厳しい査定はどうですか?

視聴者目線でいうと「そうなんですよ」って思うことがたくさんありますね。

僕は、歌の歌詞に対してよく思うんですけど、世の中にまん延している“凡”な、歌詞の表現としてもったいないなと思うことがよくあるので、夏井先生がバッサリいくのはよく分かるし、「その通り!」って共感するんですけど、ただ、自分が俳句を詠むってなるとなかなか見えなくなるんですよね。

客観視、自分のことを俯瞰で見る才能がないと、やっぱりいい句は詠めないと思います。

だから、名人と特待生の皆さんは客観的に自分の立ち位置とか芸風とかトークとか全部分かる方ばかりなので、こうやって名人・特待生としてこの場に立っていらっしゃるんだろうなって思います。

■ ライバルはフルーツポンチ・村上健志!?

――そんな強者ぞろいの中、ライバル視されている方は?

皆さん、それぞれ特徴があって才能がすごくあるので難しいんですけど…フルーツポンチの村上さんですかね。

初めて僕が出演したときに一緒になったんですけど、「新宿」がお題で、僕が「凡人」で彼が「才能アリ」1位という結果でした。

村上さんは「テーブルに 君の丸みの マスクかな」という句を詠んだんですけど、その時に「あ、この人才能あるな!」って思いましたね。

俳句の才能というより、ラブソングみたいな歌詞を書ける人だと思ったので、彼には負けたくないですよね。ミュージシャンとしては「そこ、俺のキャラやろ!」「俺担当やろ!」って思ってます。その枠をいずれ争うことになるかと(笑)。

――では、最後にタイトル戦に向けての意気込みをお願いします。

もう正直分からなくなってます。勉強し過ぎて一周回ってなにが良いか分からなくなってしまって(笑)。

どう考えても僕のアーティスト人生の中ではすごいことなんですよ。この17音という少ない文字数の中で、よくここまで考えて詠んだなって思うんですけど、そこに込めた思いがちゃんと伝わるのか、または、はっきりとは伝わらなくても感じられるのかというところで言うと、ちょっと分かりづらいと思うから、そこをどうジャッジメントされるのかが不安です。

意気込みで言うと、今回特待生や名人がそろう中で僕は一番下なので、皆さんはこれまでの経験を経ての地位など、守らなきゃいけないものがあると思うんですけど、今の僕には守るものがない。

だから、「かき乱してやろう!」と思ってがつくったチャレンジングな句なんですよ。ルールをちょっと飛び越えているんです。

それが「ダメ!」って言われるかもしれないし、言われる要素はある。でもそれを飛び越えていかないとかき乱すことはできないんじゃないかなって思ってます。

僕が17音に仕掛けた全てがはまればいけると。いちかばちか、です。

■ 夏井いつき先生コメント

まだ特待生になったばかりですし、先輩方の作品を見て“自分はこういう句を作りたい”と思うようなものをひとつづつでいいから吸収していってくださったらいいと思います。

爽やかにコツコツと努力される人ですし、100句作る根気とやる気がある人は伸びるんです。

俳句の世界で「多作多捨」という言葉があって、たくさん作ってたくさん捨てる、それを厭わない人は本当に上手になる。そういう意味では今からですよ。あとは、何となくこんな感じではなく、季語を丁寧に勉強した方がいいですね。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)