恵比寿マスカッツ・羽咲みはるがツーマンライブに挑戦!「いろんな私を見せたいです」

恵比寿マスカッツ・羽咲みはるがツーマンライブに挑戦!「いろんな私を見せたいです」

5月23日(水)にツーマンライブ「阿部乃みく?羽咲みはる『MilGene Princess Night 2』」を行う

セクシーアイドルグループ・恵比寿マスカッツ1.5としても活躍する羽咲みはるが、5月23日(水)にツーマンライブ「阿部乃みく?羽咲みはる『MilGene Princess Night 2』」を開催する。ソロ活動の幅を広げる羽咲と、音楽レーベル「Milky Pop Generation(通称:みるじぇね)」プロデューサー・牛頭めぐみに、5月上旬にインタビューを行い、今後の活動への思いなどを聞いた。

■ 夏を先取りした曲を披露!?

――本番に向けたリハーサルはいかがでしたか?

羽咲:もうちょっと練習して完成度を上げていこうと思いました。人生初のことにも挑戦するんですけど、それが難しくて…。頑張ります!

牛頭:めちゃめちゃ仕上がり良いです! ますます当日が楽しみになりました。

――今回披露するのはどういうセットリストなんでしょう。

羽咲:小さい頃からハロー!プロジェクトのグループや楽曲が大好きで、ハロプロの曲を中心に選びました。それ以外は、みなさんが知っている曲を…と思って選曲しました。

牛頭:いろいろとお客さんのことを考えて、セトリ決めの段階から、こちらからお願いした内容に対してさらに提案をしてくれたりしてすごくうれしかったです。

――どんな思いで選曲したんですか?

羽咲:しっとりとした曲も歌いたいし、カッコいい曲も、盛り上がる曲も…という思いがあって。最初はしっとりと聴いてもらう曲、そしてだんだん盛り上げていって。カッコいい感じの曲は披露したことがないので、挑戦してみたいなって。その中でも「初恋サイダー」(Buono!)は、以前出演したみるじぇねライブで盛り上がった曲なので、もう1回歌いたいなと思ってセトリに入れています。ずっと歌ってみたかった“あの曲”も歌うのが楽しみだし、「スキちゃん」(スマイレージ)という曲も歌うのですが、ファンの方とコール&レスポンスを練習済みなので頑張りたいです。あとの選曲は当日のお楽しみです!

■ アイドルはあくまで「好きなもの」だったと明かす

――ご自身もダンスをやられていたんですよね。

羽咲:3歳から小学6年生くらいまでジャズダンスを習っていました。当時はストレッチや基礎練習が嫌いで、不真面目なところもあったんですけどね(笑)。今回のライブでも、ダンスを入れられそうなところは披露したいなと考えています。なかなか一人でこんなに曲数を披露する機会はないですし、見せられることは全部見せていきたいなって(笑)。

――アイドル好きということは、昔からアイドルになるのが夢だったんですか?

羽咲:夢だったわけじゃないんです。アイドルは好きなもので、なりたいとは思っていなくて。以前勧められてアイドル活動をしていたんですけど。ファッションが好きだったので、スタイリストさんとかメイクさんとか、そういった仕事に憧れていました。

――そうなんですね…! アイドル曲以外はどんな曲を聴くんですか?

羽咲:最近だと、ディズニーのショーの曲ばっかり聴いています。季節のパレードに使われているショーの曲。お風呂に入る時とか、出かける準備をする時とか、ずっと音楽を流していますね。

■ かわいい方向で「負けない」宣言!

――これまで2回、みるじぇねのライブに出演されているんですよね。

羽咲:はい、最初の時、ファンの方がソロで歌を披露することをすごく喜んでくれて。それで、私自身もすごく楽しかったので、またやりたいなって思いました。でも生バンドで歌うということがすごく難しくて。

牛頭:でも、羽咲さんはすごいんです。生楽器でやると結構な人が音圧に負けて声が埋もれちゃうんですけど、楽器にのっててもしっかり声が聴こえる楽器に負けない声で。これって練習してもどうにもならなくて、持って生まれた才能というか、あまりいない特殊なことなんです。ステージに立ったときのアイドルオーラも半端ない。しっかり演出から組めるようなライブでご一緒したくて今回オファーさせていただきました。あとは昨年7月の「ミルジェネソニック!2017」で堂々と罰ゲームをやりきる姿を見て、ますます好きになりました(笑)。

羽咲:マスカッツで鍛えられたかな(笑)。

――一緒にライブを行う阿部乃さんの印象は?

羽咲:カッコいい! オリジナル曲もカッコいいです…。だから、阿部乃さんはカッコいい感じになるのかなと思っていて、私は逆に「かわいい方向で負けないぞ!」という気持ちで頑張ろうと思っています。戦いではないんですけど(笑)。

――それは面白い意気込みですね(笑)。恵比寿マスカッツ1.5としても活動されていますが、ライブはいかがですか。

羽咲:マスカッツのライブは、フォーメーションを覚えたり大変なんですけど、楽しいです。毎回すごく緊張してますけどね。前のみるじぇねライブの時も緊張して余裕がなくて、出番までずっと曲を聴いて練習して落ち着かなかったです。

■ ライブ後にアレがしたい…!

――ライブが終わった解放感で、よくしていることってありますか?

羽咲:すぐお肉食べちゃいます! あと甘いものも好きで…食べ物に走っちゃいますね。ツーマンライブが終わったら、ディズニーに行って、その帰りにお肉を食べたいです(笑)。焼肉だとハラミが好きですね、「いきなり!ステーキ」も好きで食べに行ったりします。

――最後に、改めてツーマンライブへの意気込みをお願いします。

羽咲:正直なところ、お客さんが来てくれるのか不安もあるんですけど、会場をいっぱいにしたいなって思っていますし、今後もまたライブをやって行きたいなと思っているので、ぜひ来てほしいです! そして、いろんな羽咲みはるを見せたいなって思っています。ステージに登場する時に、「USA」コールやってもらいたいな(笑)。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)