東出昌大が華麗に3Pシュート、まさかのスポコン展開に?「コンフィデンスマンJP」【プロデューサーに聞く(9)】

東出昌大が華麗に3Pシュート、まさかのスポコン展開に?「コンフィデンスマンJP」【プロデューサーに聞く(9)】

6月4日(月)放送の「コンフィデンスマンJP」は“スポーツ編”

長澤まさみが主演を務める“月9”ドラマ「コンフィデンスマンJP」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。6月4日(月)放送の第9話は「スポーツ編」がオンエアされる。

本作は、ダー子(長澤)とボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)という3人の信用詐欺師(=コンフィデンスマン)たちが、悪徳富豪から大金をだましとっていくコメディー作品だ。

今回、ダー子たちのターゲットになるのは、小池徹平演じるIT企業の若手社長・桂公彦。スポーツ好きの桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収しては、横暴な現場介入でファンや選手たちから反感を買っている。

ダー子は、そんな桂がプロ化目前の卓球に目を付けていると推測。ボクちゃんと共に強豪卓球チーム・東京ジェッツに招聘(しょうへい)された中国人選手に成り済まし、チームを売り込もうとする…というストーリー。

爽やかな印象のある小池だが、拝金主義で嫌味なキャラクターの桂をどのように演じるのか。プロデューサーを務める草ヶ谷大輔氏に聞いた。

「小池さん演じる桂が記者会見をするシーンがあるんですけど、思わず本人に『嫌なやつですね』と言ってしまいました(笑)。それくらい、小池さんは(役の)イメージを膨らませてくださいました」

「語尾をちょっと上げたり、手に数珠を付けていたり。そういった桂の役作りは、小池さんご自身で研究されていました。本当に嫌なやつに仕上がっていますよ!」

■ 平野美宇選手の登場に、小日向文世が大興奮!

さらに、サプライズゲストとして卓球日本代表・平野美宇選手も出演。平野選手は東京ジェッツのメンバーとして、初めて演技に挑戦する。

「(現場では) 平野選手のプレーを見ることができて、みんな大興奮でしたね! お芝居は緊張されていましたけど、楽しんでくださいました」

「一番興奮されていたのは小日向さんです。小日向さんは卓球をよく見ていらっしゃるので、平野選手に『あの試合のあれがすごい良かった』と話をしていました。最後には記念写真も撮っていましたよ(笑)」

物語が進むと、桂は卓球ではなくプロバスケットボールチームを狙っていることが判明。

ダー子は、元日本代表候補や街中で見つけた外国人などを巻き込み、架空のチーム・熱海チーターズを結成する。ボクちゃんもチームに参加することに。

「東出さんはバスケの練習をすごくしてくださって、とてもお上手でしたよ。3ポイントシュートをするシーンは、本当にご自身で決めています!」

そして、ラストには胸を打つ展開が待っているという。今回の見どころとは?

「スポコンです(笑)。異質の回ですね。ただ、出来上がった映像を見た時、僕は本当に泣きそうになりました。胸を熱くして、最後には涙する。もう “コンフィデンスマン”ではないかもしれないですね(笑)」(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)