SAY-LAの“アイドルサイボーグ”森のんのは、一家に1台必要!?

SAY-LAの“アイドルサイボーグ”森のんのは、一家に1台必要!?

6月1日(金)にワンマンライブを行う“3000年に一度の正統派アイドル”SAY-LAにインタビュー!

“3000年に一度の正統派アイドル”SAY-LAが6月1日(金)、東京・渋谷クラブクアトロ(SHIBUYA CLUB QUATTRO)でワンマンライブ「レコチョク presents SAY-LA渋谷クラブクアトロ単独公演 supported by WIZY」を開催する。

久しぶりのワンマンを控えたメンバーの森のんの、藤沢泉美、吉永みいな、森咲のどかの4人(天原瑠理は欠席)にインタビュー。前半では、ワンマンについての話を聞く前に、メンバーそれぞれのキャラクターに迫った。

――ワンマンライブの前に、2ndシングル「3000年に一度のハピネス」についてお聞きしたいのですが、デイリーが1位、ウィークリーが3位でしたね。

藤沢:正直、そんなにいい結果になるとは想像してなかったから、本当にびっくりな展開でした。あがりぃ(東江ひかり)が卒業するということで、気持ち的には結構落ち込んでいる部分もあったから、最終的にいい結果が残せてよかったなと思います。あがりぃへの卒業プレゼントみたいな感じで。

――すごく良い形で送り出せましたね。

藤沢:そうですね。すごく最高な、奇麗な形で。「いつか卒業する時があったら、私もああいう風にしたいな」って思えるくらい、素敵な卒業ライブで送り出せたかなって思います。

――あがりぃさんが卒業して、今の5人体制になってからは3カ月ほど経ちますが、変化などはありましたか?

藤沢:私たちは入れ替わりも結構経験してるから慣れたけど、新メンバー2人はどう?

吉永:私と森咲のどかは、研修生ユニット・BABY TO KISSの時から一緒で、元々仲が良かったんです。SAY-LAに入ったタイミングは私の方が早かったんですけど、のどかは新メンバーなのに、先輩も、私も、スタッフさんも和ませてくれるっていうか。

入ってくれてさらにSAY-LAの雰囲気も良くなったし、活動しやすい環境を作ってくれてるかなって思います。今、毎日とても楽しくやれてますね。

――吉永さんは、もうSAY-LAとしての活動にも慣れましたか?

吉永:そうですね。最初は先輩方の中に突然入ったので、「先輩にどうやって近づこうかな?」っていう感じで必死だったんですけど。最近はみんなで仲良くさせていただいて、楽しくやれてるので、今が1番楽しくて充実してるかなって思います。

――森咲さんはどうですか?

森咲:最初は、SAY-LAの持ち曲12曲を全て覚えたり、ダンスが苦手なので先輩たちについていくのがすごく大変で。2カ月経って、まだまだ先輩には追い付いてないっていうのはあるんですけど、毎日楽しく過ごせています。

――グループ内の雰囲気には慣れましたか? BABY TO KISSの同期・吉永さんの存在は大きいですよね。

森咲:そうですね。吉永みいなとは元々仲が良いし、先輩たちも優しくしてくださるので。たくさん話し掛けてくださったりして、すぐに馴染めました。

――先輩たち、評判良いですね。

藤沢:(森咲は)すごく真面目なんですよ。私たちは、話し掛けてる意識はなくて、普通に話してるだけなんですけど。

森:私は、前までは“アイドルサイボーグ”のキャラが災いしてか、メンバーからイジられる役だったんですけど、2人がイジられキャラになってくれてるので、のんのはすごく嬉しいです。

藤沢:特に、みーみがのんのちゃんを超えるほど、イジられる要素がいっぱいで。

森:初めて、人をイジるってことを今してます!(笑)

藤沢:メンバーだけじゃなく、ファンの人とかスタッフさんとか、全員にイジられるからすごいなって。愛されキャラだなって。

吉永:そうですか? じゃあ、このキャラを貫きます!

――初めてイジる側になった森さんですが、印象に残っている吉永さんのエピソードってありますか?

森:私たち、身長差が1番大きいんですよ。だから、上から見ることが多いんですけど、顔芸ですかね? 元々、顔立ちがハッキリしてて可愛いから。

吉永:顔芸してるつもりはないんですけど(笑)。

藤沢:表情のバリエーションが豊か!

森:バリエーションが豊か過ぎて!!

吉永:自分的には鏡を見てるわけじゃないので、どんな表情をしてるか分かってないんですけど、普通にリアクションして、みんなと同じ様な表情をしてるつもりなのに、すごい顔をしてるらしくて、いつも顔芸だって言われて。私が、ちょっと表情を変えるたびに笑われるんですよ。何でですかね…?

藤沢:良い事だよ!(笑)

――他の皆さんは、笑い過ぎで大変ですね。

一同:はい。

吉永:そう!「みーみ、笑わせないで!」って言われるんですけど、全く笑わせてるつもりはなくて。普通にしてるんですけど、「何で、そこで笑う?」っていう感じですね。

――シリアスな場面でも、つい笑ってしまいますか?

森:真剣な顔も、それはそれで面白いから。

吉永:そうなんですよ! 真剣に頑張ってセトリを覚えて、「今日のコレが…」とかライブ前にやってる時、すごい笑われて。「今、集中してるんだけど…」みたいな感じになるんですよ。全然、笑わせてるつもりはないのに…。

――今回のワンマンを発表した時も、ファンに笑われてましたね。

藤沢:確かに!

吉永:他のメンバーがワンマンができるっていうことで感極まって、意気込みを話しながら涙ぐんだりとか、感情が高まってて。私も「メンバーもファンの皆さんも大好きで」って感極まって泣きそうになったら、めっちゃ笑いが起こって。「意味分かんない!」「どういうこと!?」って。

藤沢:「笑わないで!」っていう止め方も面白過ぎて。

吉永:何で笑われてるのか分からなくて、「そこ笑うとこじゃないから!」「何で笑うの?」みたいに。

藤沢:その後、みんな笑われなかったもんね。

吉永:いずみんさん(藤沢)が泣いてても、みんな真剣に聞いてるのに、私の時だけみんなザワついて、笑うし。「どういうこと!?」っていう感じですよ(憤慨)。

――良いキャラの方が入って、何よりですね。

吉永:正統派なのに、1人完全に笑かすキャラになってしまい…(汗)。

藤沢:いいよ、いいよ!

――そして、藤沢さんがリーダーになられましたね。

藤沢:やってみて、前のSAY-LAだったら「みんなで何かしよう!」ってなっても、あんまり具体的に動くっていうことがなかったんですけど、言った事や思った事を実際に行動に移せるようになってきました。

リーダーになる前から、スタッフさんたちに結構ズバズバ言ってたんですけど、それが「もっと言う!」っていう感じでパワーアップしましたね。

吉永:リーダーっていうポジションで、メンバーが言いづらい事も言ってくださったりしてます。

藤沢:(リーダーになって)さらに言いやすくなった。前は、何も肩書きがないけど、とりあえずメンバーが言ってる事をまとめて、スタッフさんに伝えて。

それでスタッフさんと気まずくなることが結構あったんですけど、今はリーダーになったおかげでみんなと一緒に活動しやすい環境が作れているかなって思います。

――頼れるリーダーですね!?

藤沢:頼れるかは分からないんですけど…。

――リーダーから見て、「この人は手が掛かるな」って思う方はいますか?

藤沢:みんなやる気はあるんで、大変だなって思うような子はいないんですけど。でも、みーみがめっちゃ喋るから。喋り出したら止まらないから、私が話してる事が聞こえないみたいで。

吉永:スミマセン!

藤沢:それで、「ちょっと1回止まって!」って思うことはあります。

吉永:「みーみ、ちょっと黙って」って言われるんですけど、全然気づかなくて。

森:のんのは半分くらいしか聞いてないよ(笑)。

藤沢:えっ!? でも、意外とのどかちゃんもみーみと一緒で、ワーッて喋り出すと止まらないタイプなんですよ。

吉永:のどかの場合、私とか同期の前では止まらないけど、先輩が来ると「スミマセン」みたいな感じで、突然静かになるっていう。差がすごいよね?

藤沢:みーみを見捨てるよね(笑)。

吉永:そう、まるで私が1人で悪者かのようになるっていう。

森:2人が仲良いからできることだから。

藤沢:面白いからいいんですけどね。でも、たまに「1回、話聞いて!」っていう時はあります。困るのは、それくらいですかね。大変ではないけど。

吉永:黙るようにします。

藤沢:黙るみーみちゃんで。

――森咲さんも慣れたら、2人でワイワイと?

吉永:もうちょっと慣れたら、もしかしたら先輩の前でも…。

森咲:私は、そんなに喋ったりしないです。こんなに色んな事が出てこないんですよ。大人しい方です。

吉永:外面は作らなくて大丈夫だから!

藤沢:のどかちゃんは、普段はおっとりしてるんですけど、みーみと同期で仲良いから、話が止まらない時もありますよ。

森咲:のんのさんがアイドルサイボーグっていうキャラなので、私は平和な感じを出していきたい。

森:のんの、キャラじゃないよ!

――森さんのアイドルサイボーグは、キャラじゃないんですね。

森:みんな勘違いしてるんですけど、本当に工場から来てるんで。

藤沢:本当です! 家に…間違えた、ごめんね。工場に…。

森:リーダー、その辺の詰めが甘いんですよ(笑)。

藤沢:“工場見学”に行ったんですけど、本当にネジとかちゃんとあった。

吉永:ファンの方からも、ネジをプレゼントされてましたよね?

森:そうなんです。結構、体が不調でメンテナンスしなきゃいけない時もあるんですけど、ファンの方からドライバーセットを頂いて、「のんのちゃん、これで頭のネジを締めてからライブに来て」っていう手紙が入ってたんです。それを愛用して、今日もちゃんとネジを締めてきました。

藤沢:でも、それ嬉しいプレゼントだね。

森:嬉しい!

――ドライバー以外に、どんな物をプレゼントされましたか?

森:やっぱ、オイルとかね。

藤沢:あと、着せ替え用の装飾品とか?

――装飾品は大丈夫だと思いますが、オイルとか持て余しませんか?

森:いえ。でも、人間の物でも大丈夫です! あまり掘り下げないでください…(苦笑)。

――ドライバーは、日常で使い道がありますよね。

森:あります! 使ってます!! 面白い発想をされるファンが多いわけではないので、たまにそういう方がいらっしゃると面白いですね。

――森さんの場合、生誕祭じゃなくて“製造祭”でしたし。

森:はい、“製造祭”でした。人間でいうと生誕祭だよって。

藤沢:作られたんだもんね。

吉永:製造ですからね。

森:“製造祭”を勘違いした人もいて、“のんのを作ってもらえる会”だと思ったみたいで。「のんのちゃんは何体、製造するの?」って聞かれたり。

――ファンの皆さんも、まだ詰めが甘いわけですね。

森:でも、今後はちゃんと大量生産していけるようにしますね。森のんのを!

藤沢:1体でいいんじゃない? 1体で十分だよ!(笑)

吉永:「世界に1体だけのサイボーグ!」って言った方がいいと思います。

森:一家に1台!

【SAY-LA、ワンマンでは「想像もつかないような事も!」(藤沢泉美)へと続く。同記事は6月1日(金)朝5時配信予定】(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)