SAY-LA、ワンマンでは「想像もつかないような事も!」(藤沢泉美)

SAY-LA、ワンマンでは「想像もつかないような事も!」(藤沢泉美)

“3000年に一度の正統派アイドル”SAY-LAのインタビュー。後編では、6月1日(金)のワンマンについて話してくれている

“3000年に一度の正統派アイドル”SAY-LAが6月1日(金)、東京・渋谷クラブクアトロ(SHIBUYA CLUB QUATTRO)でワンマンライブ「レコチョク presents SAY-LA渋谷クラブクアトロ単独公演 supported by WIZY」を開催する。

そこで、久しぶりのワンマンを控えたメンバーの森のんの、藤沢泉美、吉永みいな、森咲のどかの4人(天原瑠理は欠席)にインタビュー。後編では、ワンマンライブへの意気込みなどについて語ってもらった。

【SAY-LAの“アイドルサイボーグ”森のんのは、一家に1台必要!? より続く】

――今の5人になって初のワンマンライブですが、ファンの皆さんにはどんな部分に注目してもらいたいですか?

藤沢:今回の単独公演は「チケット700枚をソールドアウトする」っていうことを掲げて挑む単独公演でもあるので、そういう明確な目標を持ってやった部分は今までと違うところで。

あと、ライブの内容もメンバーみんなで話し合ったりして、今までとは違う事、新しい事にチャレンジするので、そこが見どころかなって思いますね。

森:チケットをソールドアウトさせるっていう目標があったことで、今までよりお客さんを巻き込んでのワンマンライブになっているので、皆さんの協力も必要かなって。

吉永:SAY-LAに入ってから、東江さんの卒業ライブとか、ワンマンライブ自体はやったことはあったんですけど、目標を持って、上を目指してやるワンマンライブっていうのは初めてで。

「ソールドアウトさせないと次に進めない」っていう追い込まれた状況の方が、メンバーも一丸となって頑張れると思いますし、「もっと頑張りたい!」っていう気持ちも高まるし。

あと、今までSAY-LAではビラ配りとかもやったことがなかったんですけど、700枚ソールドアウトの為に色んな所でライブ前にビラ配りをして、「ちょっとずつ、お客さんも増えていってるかな?」っていう実感があるので、もっとそういう事を積極的にしていって、最終的には武道館(東京・日本武道館)に行けるように頑張りたいなって思ってます。

森咲:私は、SAY-LAに入って初めてワンマンライブに参加します。ずっとSAY-LAが大好きで、入りたいって思ってたので、目指していたユニットに入れて、その一員になって先輩たちと一緒にワンマンライブを作り上げるっていうことが楽しみですし、すごく嬉しく思っていて。

今回、入ってすぐにワンマンが決まったり、しかも“700枚ソールドアウト”っていう目標があったり、やる気が出るような事ばっかりで。ワンマンは初めての参加ですけど、今までSAY-LAにいた先輩たちと同じくらいの熱量で成功させたいと思っています。

――プレッシャーより、楽しみの方が強いですか?

森咲:そうですね!

――そして、3年後の日本武道館公演を目指すということですね。

藤沢:今回は、最初の1歩としてのワンマンライブなんですけど、これが成功したら次は大きな所へって積み重ねていって。お客さんも自然に増えていくわけではないので、「どうやったら増えるか?」って自分たちで考えて、試行錯誤しながら活動していきたいですね。

――具体的に、グループのどの部分を前面に打ち出していこうとか考えていますか?

森:SAY-LAは、持ち歌の12曲が全て正統派の楽曲だったので、もっとスパイシーな感じを取り入れて、新しい感じを出していってもいいかなって思います。

藤沢:確かに!

森:アイドル好きなメンバーが多くて、それぞれの好きなユニットの話を耳にするので、3年間でちょっと違う感じを出していくのもいいかもしれないね。

――他に新たな一面としてやってみたい事ってありますか?

吉永:3年後に武道館を目指すんだったら、曲は1番重要かなって。正統派な曲を今までたくさんやってきましたけど、正統派の中でも違ったジャンルっていうか、「今までにないぞ!」っていう曲を増やしていった方がいいかなって思います。

私もアイドルが大好きで、いっぱいライブに行ってたんですけど、曲が毎回同じ感じってなっちゃうより、色んな曲があると「おっ、次はこういう曲か!」「これ、面白い!!」って色んな発見もあるし、曲からハマってくれたりするファンの人も結構いるので。

今回の「3000年に1度のハピネス」をリリースした時も、「有線で流れているのを聞いて、すごいいい曲と思って調べて、Twitterをフォローしました」って言ってくれた人もいるので、曲ってすごい重要だなって思ってて。

今12曲あるんですけど、3年後までにはもっとたくさんの曲数で、もっと色んな曲をね。もちろん、格好良いダンスや可愛いらしいダンスとか、今も可愛らしいですけど、もっと違った感じの可愛さをダンスにも取り入れて、よりパワーアップできたらいいんじゃないかなって思ってます。

森咲:自分が勝手に思ってる事なんですけど…私たちはライブを中心にしたアイドルですが、3年の間に、例えば番組を持てたりしたら東京以外の遠い所の人が見てくれたり、現場に足を運べない人が見てファンになってくれたりするかなって。3年後の武道館に向けて、たくさんのファンを掴めるチャンスがあったらいいなと思っています。

森:あと、アイドルイベント以外のイベントやフェスにも出たいです。SAY-LAが普段出ているようなアイドルイベント以外に、色んなアーティストさんとかが出ているところに出陣していったら、意外とそういう人たちにSAY-LAの楽曲がハマる可能性があるかもしれないし。色んな可能性を探っていきたいなと思います。

――最近は、そういうフェスに出演するアイドルも多いですからね。

森:見てて、そんな感じします。BiSHさんとか。

――そして、ここで少々新メンバーの森咲さんに迫ってみたいと思います。森咲さんはTOEICが950点で、上智大学卒ということですが、アイドルをやる上で英語ができて良かったと思ったことはありますか?

森咲:香港遠征の時に、告知とかを英語でして、英語を使うことができたって実感できたんですけど。正直、自分はあんまり頭良いっていう感じじゃないので…。

藤沢:いやいや。

吉永:英語がペラペラな時点で、もう素晴らしいから。

――ペラペラなんですね?

藤沢:いや、すごかったですよ。香港遠征の時、「のどかちゃん、任せた!」って言って、私たちはボケーッと立ってるだけでした。

森:最後の「センキュー」しか分からなかった(笑)。

森咲:海外に住んでたっていうだけで、頭が良いっていうよりも…。

藤沢:すごい謙遜してるけど、賢いなって伝わってくる。自分とは違うなって。

吉永:普段から賢い!

――皆さんから見て、賢いなってどんな時に思いますか?

藤沢:私が普段使わないような言葉とか使うし、あと話の流れが上手いなって思います。

吉永:話し方は上手だなと思う時はあるんですけど、意外と日本語に関しては語彙力が欠けてるなっていうこともあって。たまに「火に油を注ぐ」を「油に水を注ぐ」とか言ったり、トンチンカンな発言も出てきます。

でも、英語は発音も素晴らしいし、一緒にいる時に外国人の方から道を聞かれて、英語で案内しててビックリしたので、もしかしたら日本語より英語の方が得意なのかもしれないですよ。動画を隠し撮りしておけばよかったっていうくらい、すごかったです。

――海外でのライブだと、とても助かる存在ですね。

藤沢:はい、海外の時は、それこそ「一家に1台、森咲のどか」っていうくらい。

森:今後の海外遠征で、SAY-LAの強みになりますね。助かってます。

――次の海外も楽しみですね。では、久々のワンマンを心待ちにしているファンに向けて、メッセージをお願いします。

藤沢:今までのワンマンライブとは違った事もたくさんやります。多分、想像もつかないような事もあったりして、メンバーそれぞれの良さも引き出した、最高のワンマンにしようと思っているので、楽しみに待っていてください。

森:メンバーもソールドアウトを目標に、今までのワンマンより頑張った期間が長いので、その成果を目に焼き付けてほしいですね。

吉永:武道館に行きたいっていう目標を宣言したわけですし、SAY-LAがもっと上昇していけるように頑張りたいです。

「初めてSAY-LAを見るよ」っていう人にも、「普通の対バンライブにも行きたいな」って思ってもらえるような、みんなの心に残るようなライブを5人でしたいと思いますので、お待ちしております!

森咲:私は初めて単独公演に参加するのですが、SAY-LAの一員として参加するということにワクワクしています。「森咲のどかがSAY-LAに入って良かった」って思ってもらえるようなワンマンライブになるといいなと思っています。

前のワンマンライブまで私はいなかったので、「メンバーは変わったけど、良いワンマンライブだったな」って思ってもらえるように頑張ります。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)