大久保佳代子、部屋の模様替えで大興奮! GENKINGのアドバイスで“劇的”変化

大久保佳代子、部屋の模様替えで大興奮! GENKINGのアドバイスで“劇的”変化

GENKINGのアドバイスに大久保佳代子も感心

6月8日(金)夜9時からの「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)では、オアシズ・大久保佳代子の部屋をロンドンブーツ1号2号・田村淳、辺見えみり、GENKINGが訪問する“模様替え企画”を放送する。

ファッションの世界で活躍し、インスタグラマーとしても人気のGENKINGが大久保の希望を聞きつつ、持ち前のセンスで大久保の部屋に大胆にメスを入れる。

GENKINGは、同番組の「淳が泊まってジャッジ!ホントはイイ女GP」(2016年5月6日放送)に出演し、インテリアから洋服まで抜群のコーディネート術を披露。自宅を訪問した淳を感動させた。

今回はその高いセンスを買われて指南役として登場。大久保の要望を聞きつつ、GENKINGがアイデアを提案、淳や辺見も協力し、まずは「変えた方がいい」と思われる家具に「不要」シールを貼っていく。

不要となった家具は買い取り価格を査定してもらい、売った金を元手にGENKINGに見立ててもらいつつ、新たな家具を購入。最後はそれらを設置して新しい部屋へと生まれ変わらせる。

■ おしゃれな部屋を目指す!

大久保の部屋は、共に住んでいる愛犬が中心となるため、暮らしやすそうにまとまっているが、どこか殺風景。

「落ち着けばいいと思っているから、おしゃれにしたい、センスがいいと言われたいという欲がないし、どうしたらいいのか分からない」と大久保も悩みを告白する。

そんな大久保に、GENKINGは「おしゃれに走って生活しづらくなるのは良くない。ナチュラルに頑張り過ぎないおしゃれを目指すべき」と的確なアドバイスを。これには大久保も納得、部屋を隅々までチェックしていく。

そして最終的にGENKINGが提案したのは「頑張らなくて居心地のいいおしゃれ、中目黒風な(部屋)」というもの。

その提案に納得した大久保は、言われるがままにソファーやテーブル、カーテンなどなど、ほとんどの家具を「不要」に。

これほど総取っ替えするとは思わなかったという大久保は、早速「不要」にした家具を査定してもらうのだが、ここで思わぬ誤算が…。

果たして大胆な模様替えは成功するのか?(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)