恵俊彰が再び“鉄道オタクのエリート”に!「今までの鉄太郎の生き方が変わる瞬間があります」

恵俊彰が再び“鉄道オタクのエリート”に!「今までの鉄太郎の生き方が変わる瞬間があります」

“鉄道オタクのエリート署長”を演じる恵俊彰

7月9日(月)に月曜名作劇場「はぐれ署長の殺人急行」(夜8:00-11:07、TBS系)シリーズ第4弾の放送が決定した。主演の恵俊彰が鉄道オタクのエリート署長・北斗鉄太郎を演じる。

鉄太郎は、警察庁所属の警視長階級でありエリート街道まっしぐらだったが、ある理由から左遷され地方の警察署の署長を転々とすることになった人物。

だが本人は鉄道オタクで、左遷に落ち込むよりもその土地の鉄道に乗れることがうれしいという変わり種のキャラクターだ。

現場に出る刑事に憧れており、署長らしからぬ行動力と洞察力、そして趣味を生かした鉄道の知識で難事件をひもといていく。

今回の舞台は日光・鬼怒川温泉。栃木県警日光中央署の署長に赴任した鉄太郎が死体遺棄事件に遭遇する。上半身は栃木県、下半身は埼玉県、右手と所持品は群馬県という三県にまたがる不可解な事件だった。

親子の愛にまつわる悲しい事件に、鉄太郎は署長として、また自らも4人の子どもを持つ父親として立ち向かう。ゲストは宇梶剛士、川村陽介、我が家・坪倉由幸ら。

■ 恵俊彰コメント

――ゲストについていかがですか?

今回も勝村政信さん、中山忍さんとご一緒させていただきます。この二人には全幅の信頼を置いていて、助けられてばかり。

勝村さんは今回のゲストである宇梶さんとは昔から仲が良くてよく知っているそうで、あっという間にいいチームができました。

また、今回は坪倉もゲストで出演してくれています。我が家にはホンジャマカ20周年ライブを手伝ってもらって、一緒にコントをやった仲なので僕との空気感がすでに出来上がっていると思います。

坪倉が演じているのは鉄道オタクの記者役で、本人のひょうひょうとしたキャラクターにすごく合っていると思いますし、今までのシリーズで鉄太郎以外に鉄道ファンがいなかったので、同じ趣味を持っている人がいるという部分も演じていて新鮮です。

今後も活躍してくれそうなキャラクターになっていて非常に楽しみです!

――鉄太郎と子どもたちのシーンが描かれますが…。

今回は鉄太郎と4人の子どもたちが一緒に過ごすシーンがあり、父親としての一面が見えます。姉さん役の藤真利子さんも「鉄太郎の人柄がまた見えていい」と仰ってくださって。僕自身も気に入っているシーンです。

ひたち、ときわ、つばさ、こまち、という4人の子どもなんですが、現場は本当に大変なんです(笑)。

でも一緒に撮影をしたら、すぐに仲良くなりました。僕も同じような年齢の子どもがいるので、すごさが分かるのですが、本当にみんな演技が上手で、“大人”です。

彼らに助けられている部分もあるんです。鉄太郎はスーパーエリートだったのに警察庁時代にある理由から左遷され、地方の警察署長を転々としています。

左遷された理由は実は濡れ衣で、でもそれを受け入れて、警察庁という組織の中で生きていくことを選んだ。

鉄太郎は腐らずに、鉄道ファンという趣味を生かして各土地で頑張っていこうとしている…と、僕はこれまで前向きな解釈をしていました。

でも今回は、濡れ衣を受け入れてしまったことはよかったのか? ということを子どもたちに気付かされます。

そして、そこに事件の中にある“家族の話”がクロスしていきます。今回は家族の話がとてもクローズアップされ、家族の絆を描いていく内容です。

――今回の見どころは?

今回のドラマでは、今までの鉄太郎の生き方が変わる瞬間があります。

家族や事件、一緒に捜査を進めていく仲間たちに、そのことに気付かされるんです。それに、皆さんの目に見えていることの奥には隠されていることがある、という“今の世の中で起きていること”がビビットにストーリーに入っています。

鉄太郎よりも立場が上の人が鉄太郎の前に立ちふさがりますが、権力に屈しないのが彼のいいところ。信じて前に進んでいく鉄太郎や大和(勝村)、明日香(中山)たちの姿勢も見どころです。

また、事件が起き、その死体が栃木、埼玉、群馬の三つの県境にまたがる場所に遺棄されます。実際に「三県境」という場所があるんです(笑)。驚きました。

三つの警察が合同で捜査をすることになるのですが、そこにまた出会いがある。それぞれの捜査員として山下容莉枝さんや松澤一之さんも出演されます。

勝村さんや中山さんを含めて、そのやりとりも面白いところだと思います。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)