今も昔もやらかすのは一緒? 歴史を現代風にひもとく「やっちまったヒストリー」が放送

今も昔もやらかすのは一緒? 歴史を現代風にひもとく「やっちまったヒストリー」が放送

6月21日(木)放送の「やっちまったヒストリー」でMCを務める恵俊彰

日本テレビ系では、6月21日(木)に恵俊彰がMCを務める新感覚歴史バラエティー「やっちまったヒストリー」(夜0:09-1:04)を放送する。

同番組は、歴史上に残る“やっちまった”事件を現代の物語として再現ドラマ化。ヤンキーやアイドルなど、現代になじみのある設定に置き換えることで、歴史をより身近に感じられる内容となっている。

また、歴史学者で東京大学教授の本郷和人が、再現ドラマで描かれたシーンの裏側も徹底解説。それぞれのエピソードの「教科書では教えてくれない部分」を、分かりやすくひもといていく。

■ 大奥の女性たちは「現代のアイドル」!? 大奥史上最大のスキャンダルとは

最初のテーマは「大奥」。江戸時代、時の将軍のためだけに全国から選りすぐりの美女が大勢集められていた大奥で起こった一大スキャンダル「智泉院事件」の顛末を、現代のアイドルグループになぞらえたドラマで再現する。

もともと大奥は、三代将軍・徳川家光の“世継ぎ候補”を誕生させるため設置されたもの。そのため、中に立ち入ることを許されたのは将軍のみという男子禁制の場所だった。

「出仕」した女性は高い報酬を得られ、さらに将軍の寵愛を受けて世継ぎを生めば巨万の富と権力を握ることができるが、その中は女の縦社会で支配されており、新参者へのイジメも横行していた。

世継ぎ候補を産むことを求められているため、恋愛や外出は禁止。一方で、将軍の“お手付き”となるのはほんの一握りであり、あとの女性たちは閉鎖された環境で若さと欲望を持て余す日々を送っていた…。

そんな大奥の女性たちの実態を、大人気のアイドルグループ“O-Girls”に置き換え。グループは、事務所の社長から寵愛を一身に受けるリーダー・ミヨが取り仕切っていた。

新しくメンバーに加わったジュンは、加入早々先輩たちのイジメに遭う。しかもO-Girlsの規則は厳しく、恋愛禁止でメンバーと共同生活をするという、自由のない毎日だった。

そんなある日、ジュンはミヨに誘われ智泉院という寺に行く。智泉院の住職は、ミヨの父・日啓。実はこの寺、裏で秘密のホストクラブを経営していたのだった。トップアイドルを目指して純粋にがんばっていたジュンは、イケメンホストに誘惑されて…。

女の欲望を赤裸々に描き出したドラマに「かなりエッチにできています(笑)」と本郷。そして、本郷が解説する大奥のドロドロに、ゲストの大久保が欲求不満になる大奥の女性に共感しまくる場面も。

■ 歴史に残る「裏切り」の裏側にあった知られざる事実とは?

続いて、豊臣秀吉の後を争い、石田三成率いる西軍と、徳川家康率いる東軍が激突した「関ヶ原の戦い」にフォーカス。西軍8万人対東軍8万人と、ほぼ互角の戦力がぶつかり合ったものの、戦はわずか7時間で東軍が勝利。

西軍・小早川秀秋の動向が勝敗を分けたとされるこの天下分け目の合戦を、ヤンキー高校で起こった生徒同士の抗争に置き換え。戦いに至る経緯と、裏切りの真相を解き明かす。

筋金入りのヤンキーが集まる関ヶ原高校では、前番長・豊臣秀吉の引退に伴い、次期番長の座をめぐる争いが勃発。西校舎を仕切る石田三成と、東校舎のトップ・徳川家康の統一番長戦が迫っていた。

秀吉の親戚・小早川秀秋は三成の下についていたが、実は家康とも知り合いだった。家康は秀秋に目を付け、東側に寝返るようにと誘う。

一方、その動きを察知していた三成は、自分が勝ったら番長の座を渡すと秀秋に持ち掛ける。板挟みになり、悩む秀秋。そして、統一番長戦当日。西校舎の要を任された秀秋は、激しい戦いの中でまったく動かず…。

400年後の今も、“裏切り者”の代名詞とされる小早川秀秋。彼はなぜ裏切ったのか? 本郷が秀秋が抱えていた事情を解説。知っているようで知らなかった、関ヶ原の戦いを解き明かす。

また、「もしも西軍が勝っていたら、日本はどうなっていた?」という、関ヶ原の戦いがその後の世に及ぼした影響を考えるトークも必見だ。

2つの再現ドラマは「細部まで史実に基づいて作られている」と本郷も太鼓判を押す仕上がり。歴史上の出来事が現代と通じる部分があるのは、人間の営みには変わりがない証拠? 楽しみながら歴史がもっと知りたくなること必至だ。

■ 「やっちまったエピソードは、お酒を飲んで収録に行ってしまったこと(笑)」(恵)

――収録を終えての感想をお聞かせください。

本郷先生がいろいろなことを教えてくださって、歴史の授業では習わないことがたくさん出てきて、参考になりました。

――収録を通じて、特に気になったエピソードは?

「智泉院事件」は、大奥の女性が駆け込むようなお寺が本当にあったんだ、と驚きました。当時の女性はかなりストレスを抱えてたんでしょうね。ホストクラブに例えているのが、面白かったです(笑)。

あくまでも「やっちまったヒストリー」ならではの解釈ですけど、これが史実に基づいているというのがすごいですね。学校で習った記憶がないですから(笑)。

――現代に置き換えられた「関ヶ原の戦い」は、いかがでしたか?

ヤンキーに例えるのが一番分かりやすかったんでしょうね(笑)。なぜ戦いの場が関ヶ原になったのか、その辺も知ることができて、とても面白かったです。

――恵さんは歴史には興味がありますか?

好きですね。鹿児島出身なので、明治維新には興味があります。でも、僕は薩摩より長州(の志士たち)のファンだったんです(笑)。長州は実際に外国と戦って負けて、自分たちはこんなことをしている場合じゃないんだと気付いたり、試行錯誤しているところに青春を感じるというか。

あとは、大河ドラマ「毛利元就」(1997年、NHK総合ほか)に出させていただいたこともあるので、三英傑や、戦国から安土桃山、江戸に入るぐらいまでの時代にも興味を持っていました。

――番組のタイトルにちなんで、恵さん自身が“やっちまった”エピソードを教えてください。

いっぱいありますけどね(笑)。昔の話ですが、一回だけ、お酒を飲んで深夜の生放送に出てしまったことがあります。

その日、生放送があるのを忘れてゴルフをして打ち上げに参加していたら、生放送があったことに気付いて駆け付けました。その時の本番では笑顔しか作れなかったです(笑)。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)