中居正広「これがうそっぽいでしょ?」医師が教える正しい食べ方に驚き

中居正広「これがうそっぽいでしょ?」医師が教える正しい食べ方に驚き

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で医師が教える正しい食べ方を特集

6月22日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)では、医師が教える正しい食べ方を特集。これまでの常識を覆すような解説に番組MCの中居正広が驚く場面があった。

スタジオには、53万部のベストセラー「医者が教える食事術 最強の教科書」(ダイヤモンド社)の著者、医学博士の牧田善二氏を迎え、「医者が教える正しい食べ方第2弾」として、エビデンスに基づいた食事法を紹介。

元テニスプレーヤーの沢松奈生子、早見優、平野ノラの食生活を、牧田医師が解説を交えながら指導した。

正しい食事方法とは、一般的に常識とされている食べ順や食べ合わせ、栄養を医学的に正しく見直した食事方法のことで、中居は「信じていいですか? 本当に?」と半信半疑だった。

早見宅ではツナパスタを作るために、ツナ缶の油を切って使っていたが、牧田医師によれば「太らないようツナ缶の油を捨てるのはもったいない」という。実は中居も4年前のロケでツナ缶の油を捨てていた。

牧田医師によれば、ツナ缶の油にはEPAやDHAという動脈硬化や心疾患、脳梗塞を抑える成分が含まれていると解説。油を摂取したからといって太るわけではなく、太る原因は糖質(炭水化物)であり、カロリーと肥満は関係ないという。

これには「油みたいなのは、太る要素は全くないって考えていいですか?」という中居に、「いいです」と牧田医師。「これがうそっぽいでしょ? 全くないわけないと思うんですけどね」と中居は首をかしげた。

「『仰天ニュース』で太ってる人の特集とかをよくやるんですけども、だいたい揚げ物とマヨネーズと優しい婆ちゃんがいると太るっていう(傾向がある)」と中居は持論を展開。

牧田医師によれば、カロリー、油、脂肪では太ることはなく、人が太る原因は糖質による血糖値の急上昇だけ。脂肪と糖質を摂取した場合、どちらが太るかという研究をしたところ糖質という結果が報告されていると解説した。

沢松は「どういうことなのそれ!」と驚きを隠せない様子。早見も「デビューして35年間我慢してたものがバーっといっちゃいそう」とコメントしていた。

SNS上では「とても参考になった」「健康でいたいからやってみる」などの声が寄せられていた。「中居正広の金曜のスマイルたちへ」は毎週金曜夜8時57分から放送。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)