“ショートカット美女”朝比奈祐未、自慢の美尻に衝撃「こんなに大きいんだ(笑)」

朝比奈祐未がファースト写真集「アサヒナ画報」発売 自身の美尻を自画自賛

記事まとめ

  • 朝比奈祐未がファースト写真集「アサヒナ画報」発売記念イベントを行った
  • 朝比奈は「戦隊モノの悪役を死ぬまでにやれたらと思っています」とコメント
  • 自身の美尻について「こんなにお尻大きいんだ」と驚いていた

“ショートカット美女”朝比奈祐未、自慢の美尻に衝撃「こんなに大きいんだ(笑)」

“ショートカット美女”朝比奈祐未、自慢の美尻に衝撃「こんなに大きいんだ(笑)」

ショートカットが似合うグラビアアイドル・朝比奈祐未がイベントに登場

グラビアやドラマなどで活躍するタレント・朝比奈祐未が、7月7日にファースト写真集「アサヒナ画報」(ワニブックス)を発売。翌8日に都内で写真集発売記念イベントを行った。

“1960年レトロ”をテーマに、男性はもちろん女性も楽しめるような朝比奈のこだわりが詰まった同写真集。

朝比奈は「感動しましたね。ハードカバーがいいって私からお願いしてハードカバーにしていただいんですけど、持ったときのずっしりとした感じと、厚い表紙とか、私の写真が本になっているということに率直に感動しました」と、笑顔で写真集の完成に喜びを表した。

時に「わがままも言ってしまいました(笑)」と言うほどこだわり抜いた写真集。内容はレトロキュートな写真から、一糸まとわぬセクシーなショットも。

「今回はヌードが何枚かあるんですけど…ヌードばかりではなく、洋服の他にポイントとしてヌードが挟まっているので、そこもちょっと注目していただけたらと思います」と照れた笑みを浮かべながら明かした。

■ 目が開かない…!

2017年に撮った写真と、2018年4月にグアムロケで撮影した写真が収められているという同写真集。

撮影の思い出を「グアムの海はめちゃめちゃまぶしくて…(笑)。本当に天気が良くて、砂浜も白いので(反射して)目が開かなくて! 

シャッターを切る瞬間まで目を閉じていて、切る瞬間にパッと開けて撮ってもらいました(笑)。本当に撮影は楽しかったです」と振り返った。

写真集のリリースに続き、今後の目標を聞かれると「昔お芝居をやっていたので、またお芝居にも挑戦したいな。舞台とか映画とか、ゆくゆくは…。やってみたい役は、悪女役は絶対いつかやってみたいですね。

あと、夢なのが戦隊モノの悪役をやりたいんですよ。ピンク(ヒロイン)はもうそんなキャラじゃないので(笑)、戦隊モノの悪役を死ぬまでにやれたらと思っています」と語った。

■ パーフェクトなヒップライン

また、「週刊プレイボーイ」の美尻番付で「張出横綱」にも選ばれるほど美しいヒップラインが売りの朝比奈。

写真集でも美尻を強調したカットが多いようだが、それについては「お尻を売りにして活動させていただいているので、ここぞとばかりに出しまくりました!

お尻で注目していただいてからは、特にジムでお尻を重点的に鍛えております。自分でも『こんなにお尻大きいんだ』ってビックリしています(笑)」と自画自賛した。

さらに、写真集は母親からも絶賛されたそうで「渡した時も喜んでくれて『すごいね、良かったね」って褒めてくれたんですけど、次の日にお母さんからLINEが来て、『あらためて見たけど本当にいいね!』っていう長文の感想メールをわざわざくれて(笑)。それはすごくうれしかったです」と身内からの反響を喜んだ。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)