福士蒼汰&早乙女太一が“池の水”初参戦! 巨大ウナギ&熱帯魚軍団が棲む沖縄の池で大奮闘!

福士蒼汰&早乙女太一が“池の水”初参戦! 巨大ウナギ&熱帯魚軍団が棲む沖縄の池で大奮闘!

”池の水”に福士蒼汰&早乙女太一が初参戦!

7月22日(日)放送の「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦 沖縄で出た出た!超巨大1.5メートル怪物ウナギ&まさかの熱帯魚軍団」(夜7:54-9:54ほか、テレビ東京系ほか)。7月9日に行われた沖縄ロケでは、福士蒼汰と早乙女太一が初参戦。レギュラーメンバーとともに、外来種駆除に奮闘する姿に密着した。

「池の水―」は、ロンドンブーツ1号2号・田村淳とココリコ・田中直樹が、外来生物が大量発生し、困っている池の水を全部抜き、そこに潜んでいる生物を調査し、駆除をしていく番組。今回から、新レギュラーとして、前回の放送で活躍したAKB48・大家志津香も加わった。

今回の場所は、沖縄県本部町の「田空の駅 ハーソー公園」。貸農園や牧場、農産品の直売所、沖縄ならではの食材を使った食堂など、さまざまな側面を備えた複合施設。その施設内にある貯水池は、生き物がいない池だったが、いつの間にか誰かが放してしまったものが増えてしまい、さまざまな生物が棲みつくようになった。荒れた池を綺麗にすべく、静岡大学の加藤英明先生とNPO法人の久保田潤一氏、地元のボランティアスタッフも加わって、総動員で外来種駆除に挑む。

淳が池を覗くと「なんかいるじゃん!にょろにょろしている」と池に潜む謎の生物に大興奮。加藤先生から「強くつかむと噛む可能性が…」との指摘に、少しとまどってしまう参加者ら。淳の「生物捕獲作戦スタート!」の掛け声で参加者は、一斉に池に飛び込んだ。謎の生物の正体は、この池の主として棲みつくオオウナギ。巨大生物を前にして、捕獲に挑む淳だったが、開始早々、思わぬハプニングに見舞われる。

一方の大家も、オオウナギと格闘。悲鳴を上げながらも、捕獲に成功すると、見物客からは、拍手と沖縄らしく指笛が鳴り響いた。田中の方には、なぜか自然と、オオウナギが引き寄せられ、淳から「ムツゴロウさん級の何かが…」と、思わずツッコミが入る一面も。

ゲストの早乙女は、オオウナギを1人で捕獲したかと思えば、たも網をリズミカルにすくい上げ、外来魚を次々と捕獲。福士も負けじと、オオウナギと格闘し、たも網ですくい上げると、大家からすかざす「ナイスゲット〜」の掛け声が。淳は「そういう掛け声無いから!何勝手に…」と困惑の表情を浮かべるも、「マネージャーのような明るい声は、男性は励みになるね」と現場には、和やかな空気が流れた。

あまり見たことのない生物に次々と遭遇し、加藤先生の説明に聞き入る一同。そんな中、淳にありえない奇跡が舞い込む場面も。気温30℃を超える、炎天下の現場で、淳から「ヘドロが明るい!」という謎のワードが飛び出すなど、半日掛けて貯水池に棲む生物の大量捕獲に成功した。

ロケを終え、福士は「獲るのに必死で暑いという感覚があまり無かったです」と夢中になっていたことを明かす。「子どもの頃は土手でバッタなどを捕まえていた記憶はありますが、池に入るのは初めて。ヘドロの(足を入れた)感覚が初体験で面白かったです」と疲れた顔を見せず、笑顔で語ってくれた。早乙女は「すごい(ヘドロに足を取られて)きつかったけど、やり始めたら夢中になってしまい、魚が弱らないうちに、必死に捕獲した」と大量の捕獲成功に充実した表情で語ってくれた。

また、レギュラー陣も初の沖縄ロケの感想を語ってくれた。

――今回の沖縄ロケを終えての感想をお聞かせください

淳「いつも(池の水を)抜いている所と沖縄では、出てくる生物が(こんなに)違うんだという事に驚いた」

大家「沖縄ということもあって、水温が高かったけど、(水温が)温かいのに魚が元気なのが不思議。生命力のある強い魚が多かった」

田中「池にいっぱいいると思っていた、ある熱帯の魚が、淳によって奇跡的な形で、唯一見つかったのが面白かった。在来種も(沖縄)独特だなと思った」

――沖縄のヘドロを“ヘドロが明るい”と表現していましたが…。

淳「本当のヘドロは、ねちっこいんですよ! 沖縄のヘドロは脚が抜けやすいし、好きなヘドロ。肌に付くと、すぐに固くなってしまうので、いいセメントになりそう…笑。(ヘドロの)シーサーが作れるかもしれない!」

――大家さんは、序盤からオオウナギと格闘していましたね。

大家「網で取ろうと思ったけど、小さかった。1回目の収録のときに全身で押えると、活きがいい物でも捕まえやすいと知ったので」

田中「チョークスリーパーで捕まえていたもんね!(笑)」

――今回、淳さんは赤(のシャツ)で、田中さんが青で大家さんがピンクでしたが、イメージカラーとして決まっているのですか?

淳「なんか、もう…決まっていましたね(笑)」

――(色別で)戦隊ものであれば、5人が主流ですが、あと2人はレギュラーの予定はありますか?

淳「もう、いるんですよ! 黄色のと…ヤンキーがいます! 以前は伊集院光さんにも来てもらって、イエローを着てもらったけど、ヘドロにはまって、身動きが取れずにしんどい思いをして…、(それ以降)来てくれてないですね(笑)」

――今回のロケで大家さんが「ナイスゲット〜」を連呼していましたが、今後も使えそうですか?

淳「そうですね。田中さんがあんまり…」

田中「なんかね〜ちょっとイラッとする!(笑) でも士気は上がりますね」

大家「(今後も使えるように)頑張っていきます!」

淳「今まで女子の明るさが無かったからね。大家さんが(現場に)華を添えてくれています」

――今回、ゲストの福士さんと早乙女さんの奮闘ぶりはいかがでしたか?

淳「すごい!(早乙女くんは)あんなにずっと動き続けるとは思わなかった。ヘドロとかも初めてで、生き物もあまり触ったこと無いから、積極的に動かないかと思っていたけど、一番デカイ物を捕まえていたね」

田中「休憩のときも、休まずに捕獲していたもんね」

淳「あと、福士くんは鳥の鳴き声がうまい! 珍しい鳥が鳴いて、久保田さんが“鳴いてますね”と反応すると、(福士くんは)鳴き声をすぐ、自分の口笛でやるんですよ」

田中・大家「えー!そんな特技が!」

淳「(久保田さんが)“いい音色ですね”と反応すると実は、福士くんの口笛だったりして、(本物と)どっちが鳴いているか分からない。ちょっといたずらっ子の一面が垣間見えた」

――今まで回って来た池の中で印象に残ったものはありますか?

淳「池の水を抜いて、どんな生物がいるかに集中するけど、(小田原城で)瓦とかが出てくると、すごいテンションが跳ね上がった」

田中「いろいろあるけど、和歌山でアフリカツメガエルが大量発生していることが。初期のころのロケだったので“こんなことになっているんだ”という驚きが忘れられない。あとは(淳さんの)お宝では無いけど、発見するゴミから地域性が垣間見えるのが面白い」

炎天下の中、和気あいあいと収録は進みながらも、生物捕獲にしっかりと取り組んだ参加者ら。淳の「ヘドロが明るい」という名言も、“池の水”に携わった者にしか飛び出さないワードだったのかもしれない。

また、千葉県佐倉市の田園地帯では、あばれる君、テレビ東京アナウンサー軍団(植草朋樹、鷲見玲奈、中垣正太郎)も加わり、水位の下がった田んぼの水路に入り、カミツキガメの捕獲に挑む。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)