「ラブライブ!―」で人生が変わったアメリカ人“YOU”にラブライバーから反響【視聴熱TOP3】

「ラブライブ!―」で人生が変わったアメリカ人“YOU”にラブライバーから反響【視聴熱TOP3】

7月9日付「視聴熱」デイリーランキング・バラエティー部門TOP3

webサイト「ザテレビジョン」では、7月9日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。

1位「関ジャム 完全燃SHOW」(毎週日曜夜11:10-0:05ほか、テレビ朝日系)33893pt

7月8日は番組初の生放送を実施し、年内で事務所を退所する渋谷すばるがラスト出演。7人体制の関ジャニ∞はTVではこれが見納めということで大きな注目を集めた。

これまで計158回のジャムセッションの中からメンバーが厳選して紹介する企画では、渋谷の選択のひとつに西野カナの「Darling」が挙がった。この曲が初回ということでかなり聴き込み、「曲の内容的にずっと付き合っている気分になっていた」という渋谷は、セッション中も「彼氏の顔」と振り返った。その他、名シーンが続々と登場し、X JAPAN・YOSHIKI、さだまさしからはコメントも届けられた。

また最後の生セッションでは、東京スカパラダイスオーケストラと関ジャニ∞の「無責任ヒーロー」を、そして、関ジャニ∞7人ではTV初パフォーマンスとなる「大阪ロマネスク」と、「LIFE〜目の前の向こうへ〜」を披露。「LIFE−」を演奏する前には、渋谷があいさつし、番組やこれまでの活動に感謝を述べ、「これからの6人の関ジャニ∞にぜひ期待してください」と語った。また、演奏最後には関ジャニ∞ファンを総称する「eighter!!!」と渋谷が叫んだことに、ファンは号泣したり、感激したりと感情を爆発させた。

SNS上にはファン以外にも、あいみょん、高橋優、ピエール中野ら、これまで共演したアーティストたちからのコメントも多く寄せられた。三村マサカズも、放送を見た妻が泣いたエピソードを投稿し、ファンから共感の声が。平均視聴率は今年度最高となる6.8%を記録した(数字は全てビデオリサーチ調べ、関東地区)。

2位「YOUは何しに日本へ?」(毎週月曜夜6:55-8:00、テレビ東京系)10057pt

7月9日は「止まらないLOVEが全速前進!SP」と題して放送。予告で注目を集めていたアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地巡礼をするファン、YMOのレコードを探しにきた家族の他、有給を使って約1カ月の日本滞在を7年間続けて楽しんでいるフィンランドの男性に密着した。

「ラブライブ!―」ファンのアメリカ人女性は、物語の舞台となった静岡・沼津を訪れ、アニメの名シーンを再現して撮影。女性は、子どもの頃のいじめがきっかけで自信が持てず就活もうまくいかなかったが、このアニメで女性の“推し”キャラクター・松浦果南が「神社で一生懸命努力する姿を観て、前向きに生きる勇気をもらった」と語った。女性は正社員での採用も決まり、そんなアニメの力に、日本のファンからも共感や感動の声が。

同作の国木田花丸役・高槻かなこも、「うれしいね。ほんとに動けば変わるんだね。あー、うれしい!!!!」と感想をSNSに投稿。番組内でも紹介された同作挿入歌の歌詞になぞらえたコメントに、“ラブライバー”から多くの反響があった。

また、息子と娘と来日したデンマークの男性は、YMOのファン歴30年以上。13〜14歳の時にラジオで初めて聴いて手に入れたアルバム「BGM」の日本盤を手に入れたいと熱望。熱すぎる姿が往年のYMOファンを中心に反響を呼び、無事に見つかると「こっちまでうれしくなった」とコメントが寄せられた。

3位「24時間テレビ」(日本テレビ系)8991pt

8月25日(土)、26日(日)に放送される「24時間テレビ41 愛は地球を救う」について、7月9日の日本テレビ系情報番組などで続報が明らかに。「ZIP!」(毎週月〜金曜朝5:50-8:00)ではサンドウィッチマンが番組パーソナリティーを、「有吉ゼミ」(毎週月曜夜7:00-8:00※9日は2時間スペシャルで放送)では坂上忍がスペシャルサポーターをそれぞれ務めることが発表された。

また、「ヒルナンデス!」(毎週月〜金曜朝11:55-昼1:55)では、都内で行われた「24時間テレビ41」の記者会見を生中継。今年のメインパーソナリティーを務めるSexy Zoneの中島健人が、ドラマスペシャルに主演することが明らかになった。中島は「仮面ライダー」など数多くの作品を生み出した石ノ森章太郎を演じる。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)