椎名桔平、15分間無言の“アウトレイジな食事会”を回想

椎名桔平、映画『アウトレイジ』のエピソード語る 北野武監督、北村総一朗ら喋らず

記事まとめ

  • 椎名桔平が『チマタの噺』に出演し、映画『アウトレイジ』のエピソードを語った
  • 北野武監督主催で食事会が行われ、北村総一朗、三浦友和、加瀬亮らが出席したという
  • 椎名は「15分位、ひと言も喋らないんです」と回想し、笑福亭鶴瓶が納得していた

椎名桔平、15分間無言の“アウトレイジな食事会”を回想

椎名桔平、15分間無言の“アウトレイジな食事会”を回想

「チマタの噺」に出演した椎名桔平と笑福亭鶴瓶

椎名桔平が7月10日放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)に出演。映画「アウトレイジ」(2009年公開)の撮影前に、北野武監督主催で行われた主要キャストとの食事会での緊迫したエピソードを振り返った。

椎名は、その食事会について「北村総一朗さんとか、三浦友和さんとか、もちろんたけしさんもいらっしゃって。15分位、ひと言も喋らないんです」と回想。「皆もそない喋るメンバーじゃないやろしな」と笑福亭鶴瓶が納得すると、「皆、だからジーっとしている訳ですよ」と続ける椎名。

さらに、初めに出てきたエビチリを誰も手をつけなかったという。「でも、出てきた物はいただかないとっていうんで、僕が最初にエビを噛んで…、味なんか分かりませんよ。緊張している場なんで。それで、加瀬(亮)君に『加瀬、エビうまいぞ!』って言って、『エビ旨いんですか』って。そこから皆さん、箸を持つような感じになりました」と沈黙を破った瞬間について話した。

鶴瓶は北野監督について「そういうの本人は分かってやっていないからね。ああいう人やから。それでも見てんねん、細かいところ」「面白い人やな〜」と分析した。

次回の「チマタの噺」は7月17日(火)放送。ゲストは小泉孝太郎の予定。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)