道重さゆみ、1600人の前で「いつまでも私に夢を見て!」

道重さゆみ、1600人の前で「いつまでも私に夢を見て!」

満面の笑みでピースサイン! 写真集の発売記念イベントに登場した道重さゆみ

モーニング娘。の8代目リーダーおよびハロー!プロジェクトの4代目リーダーを務めた道重さゆみの3年9カ月ぶりとなる写真集「DREMA」が、彼女の誕生日である7月13日に発売された。14日には発売記念イベントを行い、復帰後初となる握手会も実施。イベントには約1600人のファンが駆けつけた。イベント前に行われた会見では、写真集の見どころや撮影時の思い出、そして道重自身のDREAMが語られた。

はじめに道重は「私がやりたいこと、着たい衣装とか意見を言わせていただき、セルフプロデュースをさせていただきました」と笑顔を見せ、「29歳を迎える今しか見せれない道重さゆみを一冊に詰め込んでいます!」とアピール。

“大人可愛い”をコンセプトに制作されている本作は、男性や女性に限らず幅広い方に見て欲しいという道重自身の思いが込められているという。

タイトルの「DREAM」に関して聞かれると「セルフプロデュースの写真集ができて夢が叶ったというドリームと、いつまでも私に夢を見てほしいなと思いつけました」とニッコリ。3年9カ月ぶりに写真集を出すことに関しては「写真集のお話をいただいたときは、うれしかったんですけど、約4年ぶりの水着も着てますし、女の子の4年は長いので受け入れてもらえるのかな? 楽しんでもらえるのかな?と、ちょっとドキドキしました」と少し不安な気持ちがあったことも告白する一幕も。

写真集には等身大の道重さゆみがたっぷり収められているそうで「あんまり無理をするのは良くない。30歳までにやり残したこととかを考えずに、私らしく生きようと思っているので、この写真集も無理しないように、水着撮影前にいっぱい食べたりもしました」と撮影時のエピソードを披露。また、お気に入りの一枚はロサンゼルスのホテルで撮ったものとのことで「DREAMのコンセプトにぴったりで、このホテルで写真を撮りたい!と言って、前日のロケハンにもついていきました」と熱弁。その場で一目惚れしたソファに座って撮影したという。

今後の夢に関して、聞かれると「歌やダンス」を頑張りたいとのことで、「ファンの皆さんと同じ空間でいるのが好き」と笑顔。

また、プライベートに関しては「いきなりステーキのプラチナカードを作りたい!」と意外なコメントが。いきなりステーキにはまっているという道重。「先月は4回行ったし、地元の山口県にもできたので、帰省した時にも食べられます!」と気合十分。記者から男性とは行かないのかと質問されると、「いきなりステーキが恋人なんですよ。本当にそれくらい好き。隙あらばいきなりステーキに会いたい」と少し照れながら語り、「いきなりステーキに行っているツイッターとかインスタを見ると浮気されている気持ちになる」とのことで、「美味しさは裏切らない!」といきなりステーキ愛をアピールしていた。

以前、道重は、吉野家のファン代表として、吉野家の「焼鳥つくね丼」(通称:さゆ丼)のファンイベントに登場した経緯もあり、今度はいきなりステーキのイベントに出演する日も近いかもしれない。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)