TBS石井アナ&沢松奈生子も初参戦!この夏、ビーチテニスに熱視線

TBS石井アナ&沢松奈生子も初参戦!この夏、ビーチテニスに熱視線

ビーチテニスに初参戦した「あさチャン!」の石井大裕アナ&沢松奈生子ペア

7月14日(土)、15日(日)、神奈川・三浦の三浦海岸 「SAMMY BEACH FIELD」にて、ビーチテニスのミックス大会「Sammy Cup2018ビーチテニスミックスダブルストーナメント」が開催された。本大会には、国内ランキング1位冨岡博之/2位高橋友美ペアをはじめ、元テニス選手の石井大裕TBSアナと元女子プロテニス選手でスポーツコメンテーターの沢松奈生子ペアもゲスト参戦。猛暑の3連休をさらに熱くする激戦を繰り広げた。

ビーチテニスとは、「ビーチバレー」と「テニス」の特性を併せ持ったスポーツ。得点方式はテニスと同様で、ボールをバウンドさせずに空中でラリーをしながらポイントを取り合う新ジャンルのスポーツだ。「Sammy Cup2018ビーチテニスミックスダブルストーナメント」は日本ビーチテニス連盟公認による最大規模の大会で、同大会の冠スポンサーのサミーが今年から運営する三浦海岸 「SAMMY BEACH FIELD」で開催された。

大会初日の14日、会場には国内ランカーら男女ペア16組が集結。中でも異彩を放っていたのがTBSの情報番組「あさチャン!」からの刺客$ホ井アナ/沢松ペアだ。

石井アナは学生時代に「修造チャレンジトップジュニア」に参加、高校時代には「全日本ジュニア選抜室内テニス選手権」シングルスで準優勝など華々しいテニス経歴を持つ。一方、沢松奈生子は高校1年で全日本選手権を制覇、プロ転向後は1995年の全豪オープンでベスト8進出など、伊達公子とともに日本女子テニス界の黄金時代を築いた名選手(シングルス自己最高世界ランキング14位)だ。そんな華々しい2人の初参戦とあって、ビーチテニス界も熱視線を送っていた。

開会式では、石井アナが「沢松奈生子がもう一度世界に挑戦しようという企画でやって参りました!」と声高に宣言。「そんな企画じゃないから!」と必死に否定する沢松をよそに、石井アナは「伊達公子さんが引退した今、やるのは私よ!と(笑)」と続け、「ハードル上げないで!」とツッコまれるひと幕も。そんな沢松は「見て楽しい、やって楽しいというビーチテニスの魅力を全国の皆さんにお伝えしたい!」と意気込んだ。

予選リーグでは、石井/沢松ペアが宇佐見力/大塚絵梨奈(国内ランキング5位)ペアと対戦した。ビーチテニスにはぶっつけ本番の初挑戦ながら、石井アナは長身を生かしたダイナミックなショットやガッツあふれるリターン、沢松は現役時代を彷彿させる強力なサービスで宇佐美&大塚ペアに善戦。1セットマッチ4-6で惜しくも予選敗退となったが、会場にいる観客はもちろん、ビーチテニスの各選手らに強烈な印象を残す形となった。この試合の模様は20日(金)放送の「あさチャン!」にて詳しく放送される予定。

続いて15日には、予選リーグの結果を受けて順位別トーナメントが開催された。結果は、山本直晃/中川潮美ペアが優勝、川島進/柴山葵ペアが準優勝、石井/沢松ペアを破った宇佐見/大塚ペアはベスト4となった。

本大会を皮切りに9月2日(日)まで展開される「SAMMY BEACH FIELD」のほか、現在、全国約40カ所で体験できる会場が設置されているビーチテニス。この夏、猛暑にも負けないほどの熱いスポーツの一つとして注目を集めそうだ。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)