ラストアイドル池松愛理、芸歴10年目の初グラビアで「読者特別賞」受賞

ラストアイドル池松愛理、芸歴10年目の初グラビアで「読者特別賞」受賞

「読者特別賞」を受賞した池松愛理

「ミスマガジン2018」グランプリ発表会が開催され、「グランプリ」の他、「ミス週刊少年マガジン」「ミスヤングマガジン」「読者特別賞」「審査員特別賞」を受賞した5人が登場した。

「読者特別賞」を受賞したのは池松愛理。池松は、1996年8月28日生まれ、福岡県出身の現在21歳。「ラストアイドル」セカンドユニット「Good Tears」のリーダーとしても活躍中。

■ 池松愛理 受賞の喜び

「読者特別賞」をいただきました池松愛理です。21歳、福岡県出身です。

私は芸歴10年目になるんですけど、10年目にして何かできないか、この区切りで何かできないかと考えたときに、今まで10年間いろんなことをやってきたんですけど、グラビアだけはやったことがなかったので、初めて10年目にしてグラビアに挑戦することにしました。

最初はすごく不安だったんですけど、「頑張るぞ」という固い決心をして「ミスマガジン」を受けることにしました。

今回、「読者特別賞」をいただいたということで、普段、ラストアイドルでアイドルをやらせていただいているんですけど、普段から結構ファンの方たちと接することが多くて、普段からファンの方を大事にするというのをモットーにやっているんですけども、今回「読者特別賞」いただいたということで、これからももっともっと読者の方をはじめ、ファンの方を大事にしていきたいなと強く思いました。

これからも芸能活動を頑張っていきますので、応援のほどよろしくお願いします。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)