数々のサプライズ発表も! 大泉洋らが所属するオフィスキュー2年に一度のイベントが開催

大泉洋が『水曜どうでしょう』内で語った『ホラ話』を週刊少年チャンピオンで漫画化

記事まとめ

  • 大泉洋らが所属するオフィスキューの2年に一度のイベントが北海道で開催された
  • 大泉洋、音尾琢真、綾野ましろ、森崎博之、安田顕のほか、元SKE48・東李苑も出演した
  • また、大泉洋が『水曜どうでしょう』内で語った『ホラ話』が漫画化されると発表された

数々のサプライズ発表も! 大泉洋らが所属するオフィスキュー2年に一度のイベントが開催

数々のサプライズ発表も! 大泉洋らが所属するオフィスキュー2年に一度のイベントが開催

北海道・北海きたえーるで「CUE DREAM JAM-BOREE 2018 ―リキーオと魔法の杖―」が開催された

クリエイティブオフィスキューに所属するタレントが一堂に会する2年に一度のイベント「CUE DREAM JAM-BOREE 2018 ―リキーオと魔法の杖―」が、7月27日〜29日に北海道・北海きたえーるで開催。3日間で約24000人を動員し、最終日は各地の映画館でライブビューイングも実施され、約15000人が生中継配信を楽しんだ。

歌あり芝居ありの同イベント。今回初めて総合プロデュースを務めたTEAM NACS・音尾琢真は、芝居パートをゴトール(音尾)家とオイズーミ(大泉洋)家の対立抗争を描くミュージカル仕立ての演劇に仕上げた。

また、今回のジャンボリーでは若手のアーティストも活躍。吟遊詩人マシーロとして出演した綾野ましろが、アニメ「グランクレスト戦記」のエンディングテーマ「衝動」を歌い上げると、ボーイズユニット・NORD(ノール)は大泉のバックダンサーを務め、さらに自身の楽曲「僕=君・ハート?キャッチ」でパワフルなパフォーマンスを披露した。

6月にオフィスキュー所属が発表され、初のジャンボリー出演となった元SKE48・東李苑は、オイズーミの娘・アズマリオーン役で登場。森崎博之、安田顕、大泉と4人で演技する場面では、安田の自由なアドリブにたじたじになりながらも話に“乗っかって”いくガッツを見せた。

そして、千秋楽公演ではサプライズ発表も。戸次重幸のソロプロジェクトの公演実施、鈴井貴之が脚本・監督を務める映画、ドラマの制作が明かされると、続いてスクリーンには「水曜どうでしょう」(HTB)の藤村忠寿D、嬉野雅道Dが生中継で登場し、「大泉君、旅に出るよ」と告げ、会場は驚きと歓声に包まれた。また、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で「水曜どうでしょう」内で大泉が語った“ホラ話”が漫画化されるというコラボ企画も発表された。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)