“ロケの達人”サンドウィッチマンがロケが好きな理由

“ロケ育ち”のサンドウィッチマン伊達みきおと富澤たけしがロケ番組の魅力を語る

記事まとめ

  • 『帰れマンデー見っけ隊!!』はサンドウィッチマンにとってゴールデン初レギュラー
  • 伊達みきおは「ロケ番組なのでMCという感覚はあまりないんです」とコメント
  • 富澤たけしは「ロケの方が楽しい」「ふざけることに集中できる」とロケの魅力を語った

“ロケの達人”サンドウィッチマンがロケが好きな理由

“ロケの達人”サンドウィッチマンがロケが好きな理由

多数のレギュラー番組を持つサンドウィッチマン

現在、テレビ8本、ラジオ6本と多数のレギュラー番組を持つサンドウィッチマン。レギュラー以外にも毎週のようにMCを務める特番がOAされたり、ことしの「24時間テレビ―」(日本テレビ系)では番組パーソナリティーを務めるなど、まさに“テレビで見ない日はない”大活躍ぶりだ。

彼らにとってゴールデンタイム初レギュラーとなる「帰れマンデー見っけ隊!!」(テレビ朝日系)など、いま気になる番組について聞いてみました。

■ ロケだとふざけることに集中できるんですよね

――この4月からゴールデンタイムに進出した「帰れマンデー見っけ隊!!」。意外にも初のゴールデンタイムのレギュラーだそうですね。

伊達みきお:そうなんですよ。もともと、日曜の夕方で長くやってましたし、ロケ番組なのでMCという感覚はあまりないんですが。

――収録は一日で1本。一日で2本、3本と撮れるスタジオ収録の番組と比べると、労力がかかりますよね。

伊達:でもスタジオ収録よりロケの方が好きなので。僕らは初めてのレギュラー番組が、地元・仙台の東北放送で今も続いている「サンドのぼんやり〜ぬTV」いうロケ番組。だから“ロケ育ち”なんです。

富澤たけし:ロケの方が楽しいですね。ロケは自分たちのベースであり、“できること”ですね。

伊達:スタジオで決まったことをただやるだけ…は苦手。ロケなんて台本は1枚もないですからね。ただ身体はしんどい(笑)。最近は疲れてきましたね〜。筋肉痛はまだ翌日に来ますけど(笑)。ロケが好きな理由は、決められたことがないから自分たちのペースでできるし、周囲を巻き込めるところ。面白いハプニングも起こりますしね。

富澤:ロケだとふざけることに集中できるんですよね。

伊達:ふざけどころが多いというか。

富澤:スタジオでのMCは、進行することがまずベースなので、やっぱり窮屈さは感じますね。

■ 選ばれなければあんなに楽しい番組はない

――もう一つ気になる番組が、千鳥さん、三四郎さん(+ゲストMC芸人)と出演する「イッテンモノ」(テレビ朝日)。こちらも人気が高まってきています。

伊達:スタートから1年経って、最近やっと話題になってきましたね。

――ゲストに選ばれた出演者2人が、わずか10分でゲストにまつわる即興漫才を作って披露。10分でネタ作り、大変じゃないですか? ガチでその場で作っているんですよね?

伊達:完全にガチですね。ゲストに選ばれなければあんなに楽しい番組はないんですけど(笑)、この前立て続けに選ばれて。あれはしんどかったですね。でも最近コツをつかんできました。

――三四郎・相田さんは「ゲストになかなか選ばれない」ことがネタになったりしていますが。

伊達:あそこまで選ばれないと逆にキツいですけどね(笑)。

富澤:体力的にしんどいのは「帰れマンデー」ですけど、気持ち的に大変なのは「イッテンモノ」ですね。レギュラーメンバーだけでなく、あまり知らない芸人とも組まなきゃいけないので、ネタ作りが大変。ネタをそんなに知らない芸人のときもあるので、最初のころは誰が来るか決まったらその人たちのネタを見たりして、お互いが活きるようにとか考えてましたね。ここ最近はパンパンなので、そこまでできてないですけど。

伊達:俺みたいにふだんネタを書いてない人間がやるのと、富澤みたいにネタを作ってて(※サンドウィッチマンのネタ作りはすべて富澤が担う)、しかもそれを評価されてる人間が選ばれてネタをやるのとではプレッシャーが違いますよね。俺なんかはテキトーにやってるので(笑)。ネタ合わせもせずに、「じゃぁもうネタに行こうか」って。

――伊達さんの場合は、ネタを書いてない同士のコンビになることもある?

伊達:ありますよ。だからプレッシャーもまったくないです。ネタ作りは「俺がこうツッこむから適当にボケて」で終わり。

――となるとネタ作りは10分あれば十分?

伊達:10分どころか5分あればいいです(笑)。

■ アイドルとの共演番組も続々

――7月28日に放送された特番も好評だった「10万円でできるかな?」(テレビ朝日系)ではKis-My-Ft2と共演。欅坂46とのレギュラー番組など、アイドルと共演する番組も多いですよね。ジャニーズの方々とレギュラー番組を持つなんて想像してました?

伊達:思ってもみなかったですね。今は中居(正広)さんの「なかい君の学スイッチ」(TBS系)にも準レギュラーで出させてもらっていますし。

富澤:きょう着てるポロシャツ、誕生日にキスマイのみんなにもらったんですよ。うれしかったですね。でもお返しを何にしようか悩んでて…。宝くじがいいかなと思ってるんですけど(笑)。

――若手芸人が全組ひとつのテーマでネタを作って披露する「ネタサンド」(テレビ朝日 ※『お願いランキング』内で月1回放送。サンドウィッチマンはMCを担当)は、言うなれば冠番組ですよね。ネタに入る前の「サンド」ポーズがかわいくてお似合いです(笑)。

伊達:似合ってないですよ(笑)。俺ら、ああいうポーズよくやらされるんだよなぁ…。やれっていうからやってますけど…。

――「サンドの〇〇」というような冠番組がどんどん増えていきますね。

伊達:冠番組がほしい!だとかはあまり考えてないですね。どーんと大きくゴールデンでやっちゃうと痛い目に合いそうな気がするので (笑)。(ザテレビジョン・取材・文=松田優子)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)