フルマラソンにガチ挑戦! 永井大監督&高橋ユウら3人娘の特訓開幕インタビュー

高橋ユウら3人娘「ランニングエンターテインメント サブ4!!」でフルマラソン挑戦

記事まとめ

  • 「ランニングエンターテインメント サブ4!!」はBS日テレで放送中のスポーツ番組
  • 同番組で永井大が監督を務め、シーズン1では中村静香、澤山璃奈、吉竹史が挑んだ
  • シーズン2は高橋メアリージュンの妹・高橋ユウ、浜口順子、元井美貴がサブ4に挑む

フルマラソンにガチ挑戦! 永井大監督&高橋ユウら3人娘の特訓開幕インタビュー

フルマラソンにガチ挑戦! 永井大監督&高橋ユウら3人娘の特訓開幕インタビュー

シーズン2に挑む(写真左から)永井大、高橋ユウ、浜口順子、元井美貴

毎週木曜夜9時からBS日テレで放送中のスポーツエンターテインメント「ランニングエンターテインメント サブ4!!」。

“サブ4”とはフルマラソンを4時間以内で完走すること。番組では「マラソンの初心者が本気で目指したら、どれだけタイムを縮めることができるのか」をテーマに、女性タレントたちが“サブ4”に挑戦する。

永井大が監督としてサポート役を務め、シーズン1では中村静香、澤山璃奈、吉竹史が4カ月かけて挑んだ。惜しくも達成はならなかったが、3人とも“サブ4”にあと一歩まで迫る成長ぶりを見せた。

10月4日からはシーズン2が始動。新たに挑むメンバーは高橋メアリージュンの妹でテレビ番組での“公開婚約”も話題となった高橋ユウ、“バラドル”として人気を集め現在は主婦でもある浜口順子、気象予報士・プロレスキャスターとマルチに活躍する元井美貴の3人。

新たな3人は2月のフルマラソン大会に向けて、これから5カ月間トレーニングを積んでいく。初回の収録を終え、実際に走るトレーニングを終えたばかりの3人と永井に話を聞いた。

■ 永井「大会では自然に込み上げてくるものがありました」

――シーズン2が始まりましたが、その前に永井さんは監督として、シーズン1を振り返ってどう感じていますか。

永井:結果的には“サブ4”は達成できませんでしたが、4時間数分というところまで迫ってゴールできたことは、3人の底力、根性みたいなものをすごく見せることができたと思います。

7月1日の函館マラソンが本番と決まっていて、練習期間が4カ月と短い中で、早い段階からけがするチャレンジャーもいて、不安はすごくありました。そういう厳しい条件の中でみんなで力を合わせた4カ月だったので、大会では自然に込み上げてくるものがありましたね。

当日の函館マラソンはコンディションがすごく悪かったんですよ。雨も降ってきて寒さもあって。雨の中を走った経験もなく、靴ずれして足の皮が剥けながら走ったりして。その中で気持ちを強く持って、本当に頑張ったと思います。

――その奮闘が、シーズン2にどうつながっていると思いますか。

永井:ほとんどのスタッフさんが同じなので、チャレンジャーの皆さんを受け入れる僕らサポートチームの空気感は、すごく入りやすい感じになっているんじゃないかなと思うんですよ。

やっぱり一人でトレーニングしてたら不安になったりもしますから、早くみんなで距離感を詰めていきたいです。

前回の反省点として、コーチらと悩みを言い合えるような空気感をもっと早く作ってあげないといけなかったなと感じていました。それも僕らの仕事なので。チームワークという面で、導入としては前回よりもいいのかなと思います。

■ 永井「自分の人生観を変えてくれるスポーツ」

――高橋さん、元井さん、浜口さんにお伺いします。オファーを受けた時はどう感じましたか?

高橋:私は朝ゆっくり走る“朝ラン”が趣味なのですが、趣味で終わらせるんじゃなくて、ちゃんとした形で挑戦したいなって気持ちは以前からありました。なので、お話を受けた時はチャンスだなと。

それに記録だけでなく、“サブ4”を達成して自信にしたいんです。私はこれまで、姉(メアリージュン)や親の優しさに甘えてきたところがあったので、これを自立の一歩にしたいですね。

元井:最初にお話を聞いたときはまず、できるできないを考えるより前に「面白そう」と思いました。私はプロレス番組のキャスターをしていまして、趣味も仕事もプロレスで年に150試合ぐらい見ているのですが、コスチューム一枚で戦っているプロレスラーの方々に、いつも勇気や元気や希望をもらっているんです。なので、今度は私が届けたいと。私も全力で何かに挑戦することで、誰かの希望になれたらいいなと思いました。

走っている間にメイクも落ちるかもしれないし、もう嫌だとか疲れたとかマイナスな面も見せるかもしれないですけど、生き様を誰かに見せることで、なにか希望になれたらと思うんです。私が3人の中で最年長でもあるので、年齢的に走ることを諦めかけている方にも、まだ頑張れるって気持ちを届けられたらなと思います。

浜口:私はもともと運動とか子供の時から苦手で、どっちかっていうと鈍くさい子だったんですよ。ずっとそういう人間だって思い込んでやってきたんですけど、2年前に初めてフルマラソンを走ったとき、「あれ、頑張ったらできた」みたいに楽しく走れて、マラソンに対する印象がすごくよかったんです。

お話をいただいたときは「私なんかに“サブ4”は絶対無理」って、お受けするか悩んだぐらい思ったんですけど、フルマラソンやった時を思い出して、楽しんだらすごくいい思い出になるなって。

こんなにバックアップ体制が整ってるんだから、このありがたい環境に身をおいて、もう一回楽しんでやってみようって思いました。

――永井さん含め全員フルマラソン経験者ですが、どんなところに競技の魅力を感じましたか。

永井:僕はホノルルマラソンを4回走っているんですが、マラソンを始めたきっかけは僕の父親で、父は40歳の時に“サブ3.5”をクリアしてるんですよ。

42.195kmってすごく長くて大変で、時間がかかるじゃないですか。その中で僕の父親は自分の年齢のことを思いながら走ったっていう話を子供の頃から聞いていて。

僕は父が26歳の時に生まれて、姉は23歳の時に生まれているんですが、父は23km地点を走るときに姉が生まれた時のこと、26km地点で僕が生まれた時のことを思いながら走ったそうなんです。

マラソンって30kmの辺りがすごくきついってよく言われるんですけど、人間も30歳過ぎるといろんなことが起こるじゃないですか。体も心も変化が表れる。

僕は20代前半の時に初めて走ったのですが、それからマラソンに例えて将来のことを考えることができるようになりました。自分の人生観を変えてくれるスポーツですね。新たな自分を作り上げてくれるスポーツだと感じます。

高橋:私は初めてフルマラソンに挑戦したとき、タイムは気にせずただ完走することを目標にして、ゴールした時の達成感もたまらなかったんですけど、一緒に走る仲間との絆を感じられたことが何より幸せでした。

フルマラソンを走るまでの過程でみんなでアドバイスし合ったり、ケアし合ったりして。本番でも声掛け合って。みんなのおかげで頑張れるんだなって。

私子供のときにバレーボールやってたんですけど、大人になってから、長い期間を使ってチームワークとか絆を築き上げることってなかったなってその時に思ったんです。

一緒に挑戦した子は今も特別に仲がいいですね。絆を感じるって人間として幸せなことだなって思うので、そこがまたやりたいという動機になりました。

元井:私も監督と同じで、もともとマラソンに興味を持ったのは父の影響です。父が“サブ4”を達成していたというのもあるんですけど、父が東京マラソンに出たときに応援に行ったら、プロレスのマスクを被って走ってる方がたくさんいたんですね。そこで「あ、マラソンってマスクしていいんだ!」と思って、私もマスクを被って走りたいと思ったのが最初の動機です(笑)。

で、応募して走ることになって、父と一緒に練習したり、「今日時速何kmで走れた?」とかマラソンの会話が増えて、父との絆が深まりましたね。本番は父もマスクを被って走りました(笑)。

人生で一回フルマラソンを経験しようと思って、最初で最後の、デビュー戦が引退試合だと思って走ったのですが、まさかこうやって走ることになるとは思わなかったです。

浜口:私はマラソンを挑戦したときに思ったんですけど、こんなにいろいろな人の期待とか夢とか、頑張ってねって気持ちを背負うことってあんまりないなあと思って。

私はタレントとして活動してきて、グループに属してるわけでもなかったですし、どうしても「一人でやってる感」がずっとあったんです。

でもマラソンに挑戦するってなった時、ジムの人とかが頑張ってねって応援してくれたり、スタート地点で一緒に走る人たちと不思議な連帯感を感じたりして。走ってる時も、生きていてそんなに沿道の人から「頑張れ」とか応援してもらうことってないなぁと思って、私、それが単純にすごくうれしかったんですよね。

逆にマラソン大会に応援に行ったこともありますが、走ってる人を見ると確かに応援したくなるんです。見てる側としてもやる側としても、そこがすごく魅力なので、みんなで応援し合って乗り越えたいなと思います。

■ 浜口「演出で『もっとバトってください』とか言われるのかと」

――実際にチャレンジャーのお三方でお会いしてみて、どう感じましたか。

浜口:初めて今日ロケで皆さんにお会いして、すごい温かい人たちだなって思いました。私、テレビだから演出で「もっとバトってください」とか言われるのかなって思ったんですよ。

一同:(笑)

高橋:あるあるですよね。

浜口:「ライバル感を持ったほうがいいのかな」とか、私もテレビ的なことをちょっと思ったけど、皆さんにお会いして「そんなこといらないな」って。お人柄もそうだけれど、結局個々の頑張り次第だから一緒に乗り越えたいなって思いました。

高橋:全員今日初対面ですけど、一緒に頑張りたいって思ってます。

元井:そうなんですよね、まだ会ってから何時間も経ってないですもんね。

浜口:出会って数時間で打ち解けられるのは、やっぱり“サブ4”っていう同じ目標があるからだろうなって思いました。

――最後に今後の意気込みをお聞かせください。

永井:フルマラソンってつらいイメージが強いですけど、自分自身を見つめ直したり、見てる人を元気にさせてくれたり、そういうロマンが詰まった競技だと思うんです。大変なトレーニングを積んで、見てる方にいろいろなメッセージを送ることができるものだと。

シーズン2も感動して応援したくなるような番組になると思いますので、ぜひこの三人のチャレンジャーの人たちを、親心のような気持ちで応援していただけたらありがたいなと思います。

高橋:もちろん“サブ4”は目指しますが、自分に負けないようにしたいなと思います。今までの人生で自分に負けたことが何度かあって、その悔しさが自分の自信のなさにつながっていると思うので、みんなで力を合わせて自分に勝ってやりたいなって。

そしてこれを見ている方が、走ることに限らず、ちょっとでも一緒に頑張ろうって思ってくれたら、その思いが私の力になるので、いい連鎖でがんばりきれたらいいなと思います。

元井:私は今までバドミントン部やチアリーディング部、テニスサークルといろいろ部活を経験してきましたが、全部途中でやめてしまっていたんですね。

今回の“サブ4”という挑戦が簡単なことではないのは分かっているんですが、「できます!」って宣言してから、それに全力で帳尻を合わせていくつもりで頑張れたらと思います。

このお仕事に元井を選んでよかった、この3人を選んでよかったと思ってもらえるように、皆さんでチームとしての結束を大事にしていきたいと思います。

浜口:私はスポーツに対して苦手意識を持ち過ぎていたので、自分で限界を決めつけないで、限界の天井を壊していきたいなと思いますね。

私のように運動にブランクがある人間でも5カ月ちゃんと楽しんでまともに向き合っていけば、ちゃんと走れるよってことを知ってもらえるよう、頑張りたいです。

永井:絶対できますよ“サブ4”。皆さんオーラがみなぎってますもん。

高橋・元井・浜口:本当ですか?

永井:僕は何か見えるわけじゃないですけど、いけそうな気がします。大坂なおみさんのコーチのように、選手のモチベーションを上げてあげることも僕らの仕事だと思うので、どんどん言いますよ。絶対できる!

高橋・元井・浜口:監督もっと言ってください!(笑)(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)