伊原六花に“バブル”が到来中? チア☆ダン出演に続き、ドラマ、映画主演でイケイケ!!

伊原六花に“バブル”が到来中? チア☆ダン出演に続き、ドラマ、映画主演でイケイケ!!

バブリーダンスで話題となった伊原六花。女優デビューから着実に成長中

高校時代にバブリーダンスで一躍有名人となり、ドラマ「チア☆ダン」(2018年TBS系)で女優デビューを果たした伊原六花。初めてのドラマ出演だったが、初々しくも堂々とした演技と圧巻のダンスパフォーマンスで視聴者を魅了した。そして、その歩みを止めることなく、伊原六花は女優としてステップアップを続けている。

2019年1月2日、3日放送の正月時代劇「家康、江戸を建てる」(NHK総合)で、市村正親や柄本佑、広瀬アリス、林遣都らと共演するほか、恋愛ゲームが原作の「明治東亰恋伽」を実写化した連続ドラマ&映画で主演を演じることが決定。また、センチュリー21のCMに出演するなど、ドラマ、映画、CMとあらゆる方面で活躍の場を広げている。

伊原は小さいころにミュージカルを経験しており、高校でダンス部に所属。ダンス部は、2017年に日本高校ダンス部選手権大会(ダンススタジアム)で、荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」に合わせて“バブリーダンス”を披露し、準優勝。そのダンス映像が話題となった大阪府立登美丘高校ダンス部のキャプテンを務めていたことで一躍有名人となった。

こうした彼女ならではの経験があったからこそ、女優としての才能をさらに開花させている。

ドラマ、映画、CMと幅広いジャンルで躍進を続け、“イケイケな”伊原六花から目が離せない。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)