佐野史郎のガチすぎる怪獣トークに大盛り上がり「本当にマニアック」

佐野史郎が「石橋貴明のたいむとんねる」にゲスト出演 怪獣映画を熱く語る

記事まとめ

  • 佐野史郎が「石橋貴明のたいむとんねる」にゲスト出演、怪獣映画について熱く語った
  • 本番組はネット上でも「本当にマニアックだな」など盛り上がりを見せていたという
  • 佐野と石橋は27年前にドラマ「(続・蒲田行進曲)銀ちゃんが行く」で共演している

佐野史郎のガチすぎる怪獣トークに大盛り上がり「本当にマニアック」

佐野史郎のガチすぎる怪獣トークに大盛り上がり「本当にマニアック」

佐野史郎が「石橋貴明のたいむとんねる」にゲスト出演

9月24日に放送された「石橋貴明のたいむとんねる」に、俳優の佐野史郎がゲスト出演。「勝手に語り継ぎたい“怪獣映画”」をテーマに、佐野と石橋貴明が子供の頃にハマった怪獣映画を熱く語り、ネット上も盛り上がりを見せた。

スタジオに登場した佐野に対してミッツ・マングローブは「タカさんとははじめましてですか?」と質問、石橋は「はじめまして」とあいさつした。

すると佐野は「何言ってるんですか!」と驚きの表情。石橋の手を取り、「一緒にドラマまでやったじゃないですか〜」と過去に共演していることを告白。

石橋は「え〜」とピンとこない様子で、佐野は「あんなに東映の楽屋で話したのに〜」とショックを受けたそぶりを見せた。

まったく思い出せない石橋が佐野に「ドラマは何ですか?」と聞くと、佐野は「(続・蒲田行進曲)銀ちゃんが行く」(1991年TBS系)と回答。これを聞いて石橋は「ああー!」と倒れ込み、27年前の出来事をようやく思い出していた。

そんな中、佐野の怪獣トークは軽快に進み、「日本の魂っていうのは、古来脈々とつながる土着的なものなんじゃないか」という思いが怪獣映画には込められていると自らの考えを熱弁。

「神話ですよ、怪獣そのものが神様なんだけど。僕の魂の祖国っていうのは怪獣たちが住む国にあるね」と熱く語った。これには石橋も「おお〜すごいな〜」と感嘆の声を漏らしていた。

ネット上では「わかる、わかるぞ佐野史郎さん」「佐野史郎さんが怪獣映画について語ってる番組が面白すぎる」「 怪獣を嬉嬉として語ってるのがたまらん」「ガチヲタ精神全開でいいなぁ」「本当にマニアックだな」など大きな盛り上がりを見せていた。

次回の「石橋貴明のたいむとんねる」は10月8日(月)夜11時30分より放送。ゲストにはよゐこが出演する予定。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)