ベストアルバム記念!“虹コン”リレーインタビュー!!岡田彩夢「『真夜中のテレフォン』が入ったら嬉しい!」

ベストアルバム記念!“虹コン”リレーインタビュー!!岡田彩夢「『真夜中のテレフォン』が入ったら嬉しい!」

“虹コン”リレーインタビューの5人目は岡田彩夢!

虹のコンキスタドールが12月12日(12+12=24⇒“虹の日”)(水)、初のベストアルバム『THE BEST OF RAINBOW』を発売する。

さらに、9月12日にニューシングル「ずっとサマーで恋してる」をリリースし、10月21日(日)からは全国7都市ツアー「全国征服!5th Anniversary レインボウツアー」がスタートする。

そこで、メンバー全員にインタビューを実施。お気に入りの楽曲やその思い出、ニューシングルやツアーについて語ってもらった。

リレーインタビューの5人目は岡田彩夢が登場。

■ だぁやめお気に入りの曲は「真夜中のテレフォン」

――『5周年記念ベストアルバム』の収録曲ファン投票が行われていましたが、エントリー曲の中で岡田さんのお気に入り曲はありますか?

岡田:虹コンは赤組、青組とメンバーが分かれていて、私が所属しているのは青組なんですが、「真夜中のテレフォン」という青組の持ち曲が1曲ありまして。青組って後から入ってきた子が多いユニットで、最初はなかなか歌割りとかももらえる機会がなかったんです。なので、ちゃんと“青組の曲”として作ってもらえたのが嬉しかったし、個人的にも思い出の曲なので、やっぱりその曲がベスト盤に入るとすごく嬉しいですね。

ライブを見て、青組のことを好きでいてくれるファンの方もいらして、「絶対にベスト盤に入れてやるぜ!」という気概を持って投票してくれているようで。中間発表の時も「『真夜中のテレフォン』が入っていて良かった」と言ってくれる方が多かったので、最終な順位でもベスト盤に入ったら嬉しいなと思います。

――「真夜中のテレフォン」への思い入れに加えて、何か思い出があったら教えていただけますか。

岡田:プロデューサーのもふくさんから「今までの虹コンは、対決で勝ってようやく『きみの気持ち教えて』という曲を作ってもらったりした」ということをうかがって。「今回は対決ではなく、青組は青組として新しい曲を作るから、負けないようにパフォーマンス面を磨いて、頑張ってほしい」って言われたのが、すごく記憶に残っています。

自分は歌に自信がないんですけど、最初に頂いたデモ曲でイントロを聴いた時点で好きだったんですよ。ああいうエレクトロ系の曲が大好きだったので。自分にとっても、青組の曲として一生残るなと思っていたので、そういう大事な曲が自分好みの曲調なのも良かったし、そういう思いを込めて歌えたのが嬉しかったです。青組で歌っていくにつれてメンバーもどんどん成長していって、レコーディングの音源を聞き返した時に「ライブでの音の方が良いな」と思ってもらえると良いなと思ってます。

――当初よりもレベルアップしてるんですね。

岡田:そうですね。

――「真夜中のテレフォン」は、虹コンの元気な曲とはまた違った雰囲気で良いですよね。

岡田:クラブで流れてそうな雰囲気で、ちょっとステップ踏むみたいな感じですよね。すごく好きです! 照明さんも青系で統一してくださっていて、ワンマンライブの時も「真夜中のテレフォン」をやったんですが、撮ってもらったシーンを見返すと圧倒的な青色で。本当に“真夜中に電話をしている”雰囲気でライブができたのが嬉しかったです。

――『5周年記念ベストアルバム』は、どんなベストアルバムになってほしいなど、希望はありますか?

岡田:虹コンは今まで3枚のアルバムを出していますが、そのアルバムとはまた違った感じというか。ファンの方の好きな曲が入るので、いい曲揃いの虹コンの中でも、特別ファンの方の思い入れが詰まったアルバムになると思います。新しく虹コンを知った方が聴いても「いい曲がいっぱいだ!」って思ってもらえる、ベストなアルバムになったらいいなと思っています。虹コンの代表作として、とりあえず布教する時に「これを渡しておけば大丈夫」っていうアルバムになれば良いですね。

■ 「ずっサマ」は歌詞にも注目して聞いてください!

――ベスト盤の前に、2018年の“夏曲”「ずっとサマーで恋してる」がリリースされましたが、こちらはどんな曲ですか?

岡田:“夏曲”のA面で歌割りをしっかりもらったのが初めてなんですが、「砂浜のラブレター〜」「私にだって仲間ができたから」っていう部分を頂いて。どちらも共感できるところが、個人的にあります。あまり積極的に出られるタイプじゃなく、今まで友達とかもあまりいなかったんですけど、虹コンに入って初めて自分の居場所を与えられた気がして。虹コンは、すごく落ち着く場所なんです。「私にだって仲間ができたから」っていうのは、個人的にも虹コンのメンバーへの思いが詰まっています。

「ずっサマ」は、歌詞がストレートなものが多いというか、かりん先輩(リーダー・的場華鈴)の「彼女にもう一度会いたいなんてウジウジすんな」っていう歌詞も、ファンの方からすると虹コンに重ねられる部分もあるんじゃないかなと思います。サビの「好きで好きで好き過ぎる」っていうのも、今までになく真っ直ぐだし。今までの夏曲もけっこう強めのものがあったんですが、今回の曲は特に言葉のメッセージ性が強いなと思いますね。なので、歌詞にも注目していただきつつ聞いてくださると嬉しいです。

「振り付けが大人の階段のぼっちゃいますか」っていう歌詞のところで、メンバーが跳び箱するんですよ。アクロバティックって言うともっとすごいことをしている人がいると思いますが、なかなかライブ中に跳び箱をする人もいないと思うので、最初やるって聞いた時は絶対にできないと思ったんです。でも、「アイドル横丁」でも普通に跳び箱していたし、結構みんな体力がついたなと思って。ファンの方も一緒にハートジャンプしてくれたり、コールがあったり、一体感を生み出していける曲だと思うので、「トライアングル・ドリーマー」同様に一緒に踊りながら歌ってもらえたらいいなと思います。

■ ツアーでの野望は「やっぱり、食べ物ですね、欲望に忠実!!(笑)」

――そして、7大都市ツアーもありますが、何かやりたい事とかありますか?

岡田:嬉しいことに、地元に凱旋できるんです! 私は大阪だったので、秋ツアーとかでも凱旋できたんですが、今回は名古屋や福岡、仙台があって、まーりん(隈本茉莉奈)や、みゆちゃん(片岡未優)、りおちゃん(山本莉唯)も凱旋できるので、いつもと違うことができたらいいなと思ってて。

「トライアングル・ドリーマー」とか、虹コンにはセリフパートがある曲もあって。「トライアングル・ドリーマー」は前回、大阪でワンマンをした時もやったんですが、「あーもう、すごいヤバい」とかを「あーもう、めっちゃヤバい」とか関西弁にアレンジしたりして。

今回は“とにかく楽しい”がテーマで、普段は東京でライブをやることが多いんですけど、来られない地方の方が多いと思うんです。そこで会える方もいれば、一緒に東京から周ってくれる方も多いと思うので、その土地だけ、その場所だけの良さを生かせた、1つ1つ色の違うライブができたらいいですね。

――MCで地方色を出したりとかですね。人生で初めて行く所もあると思いますが、期待している事はありますか?

岡田:今回、北海道に初めて行くんですよ。だから、カニ食べたいですね! やっぱり、食べ物ですね、欲望に忠実!!(笑)あとは、エゾシカとかエゾリスなど、そこに行かないと見られないものに出会いたいですね。沖縄も旅行では行ったことがあるんですが、メンバーと行くのは初めてだし。しかも沖縄でライブをするのも初めてなので、どうなるのかすごく楽しみです。

アロハな南国っぽい感じになるのかな?とか、リゾート感出せるかな?とか、そんな感じでライブ以外でも、メイキングとかカメラを回して、メンバーの旅行というか、土地を周っている様子を送れたら楽しいだろうなって。それで、ファンクラブとかで動画を載せられたら良いなって思います。

――メンバーの方が地元で家族に会ったところを撮るとか。

岡田:それ、楽しそう! 感動の再会、いいですね。いっぱい楽しみがあります!!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)