元世界王者・薬師寺保栄、“不貞行為”疑惑に「僕は立ち直りましたから」

元世界王者・薬師寺保栄、“不貞行為”疑惑に「僕は立ち直りましたから」

番組MCの田中直樹と夏菜と遠藤章造(写真左から)

ココリコと夏菜が出演する「運命のひと押し ここで印鑑を押しますか?」(テレビ朝日系)が9月26日(水)に最終回を迎える。

「その後が気になる夫婦やカップル大追跡SP」と題された最終回では、これまでに出演した22組のカップルの中から、“その後”が心配なカップルを追跡取材し、“念書”の約束が守られているのかを直撃取材で検証する。

2018年8月に出演し、「出張用ポーチに必ずバイアグラが入っている」「4000万の高級外車を無断購入していた」などという驚きの実態が明かされた、元WBC世界バンタム級チャンピオンの薬師寺保栄。

当時、妊娠中だった妻・まきこさんから「今後一切の不貞行為をしない」「妻の承諾なく車の新規購入および改造をしない」という念書を突き付けられた薬師寺は、勢いに負け、結果判を押す展開に。

しかし、「世界チャンピオンともなれば47都道府県に彼女はいる」「世界チャンピオンたるものいかなる挑戦も受けるべき」と開き直った姿だったことからココリコと夏菜は夫婦のその後を心配していた。

そこで、番組スタッフが薬師寺夫妻を直撃。だが、薬師寺は「いらん心配せんといて、僕は立ち直りましたから」と笑顔で身の潔白を語るが、そこへまきこさんが“出張用のポーチ”を突き付ける…。

一方、夫に「禁煙」と「3カ月で13kgの減量」という要求をした元ミニスカポリスの来栖あつこ夫妻にも直撃。

禁煙と減量の経験者であるココリコが「目標の数字が高過ぎて厳しい」と来栖の夫を思い来栖に直談判し、最終的に減量を13kgから10kgに減らすという念書の書き換えもされた。

今回、運命の3カ月目を迎えた来栖と夫のさとしさんは病院へ。禁煙チェックと体重測定を本人直々にチェックすることになる。

そして「本当はこの番組で(婚姻届を)押すつもりだったのに」と悔しがる夏菜は、これまでに登場した22人の「夫」から「旦那さんにするにはどの人か」を選ぶという場面も。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)