乃木坂46・若月佑美主演で「鉄コン筋クリート」初舞台化!

乃木坂46・若月佑美が舞台「鉄コン筋クリート」で主演 同作の舞台化は初めて

記事まとめ

  • 乃木坂46・若月佑美主演でコミック「鉄コン筋クリート」が初舞台化される
  • 原作は1993〜1994年に「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載された松本大洋氏の作品
  • 暴力で生活費を稼いでいる二人の少年が住む町を舞台に、様々な人間の思惑が描かれる

乃木坂46・若月佑美主演で「鉄コン筋クリート」初舞台化!

乃木坂46・若月佑美主演で「鉄コン筋クリート」初舞台化!

松本大洋のコミック「鉄コン筋クリート」初舞台化で、若月佑美がクロ役を演じる

コミック「鉄コン筋クリート」が、乃木坂46・若月佑美主演で初舞台化。相棒役を三戸なつめが務める。

原作は1993〜1994年に「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載された松本大洋の作品。2006年には劇場版アニメが公開され、アカデミー賞をはじめとする数々の映画賞でノミネートや受賞を果たしている。

親はなく、暴力で生活費を稼いでいる二人の少年・クロ(若月)とシロ(三戸)が住む町が舞台。町を支配しようとする海外のギャングが立ち上げた「子供の城」というレジャー施設の建設計画をめぐる、さまざまな人間の思惑が描かれる。

今回の舞台化発表にあたり、若月と三戸からのメッセージ動画が公開されている。

■ クロ役・若月佑美コメント

私自身「鉄コン筋クリート」は、何度読み返したのか分からないくらいとても大好きなので、すごくありがたいお話をいただけたなと感じています。クロという、すごくすごく重要な役をいただいて、若干ドキドキしていますが、自分なりにたくさんかみ砕いて、クロの良いところをいっぱい出せるように頑張りたいなと思っております。この原作自体、すごくメッセージ性が強く、それが舞台になった時にどういう風に表現できるのかというところを、楽しみにしていただけたらなと思います。

■ シロ役・三戸なつめコメント

「鉄コン筋クリート」は、小さいころから本当に大好きな作品で、今回シロ役をいただいたときは、死ぬほどうれしかったです! シロは、とても難しい役だなと感じています。シロの内面の部分や頭の中をどれだけ自分が表現できるのか、しっかりシロと向き合って挑戦していきたいと思っています。見に来てくださる皆さまに、「鉄コン筋クリート」の世界に酔いしれていただけるよう、キャストスタッフ一丸となって、最高の舞台を作り上げていきたいなと思っています。(ザテレビジョン・文=青木孝司)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)