滝沢秀明“最後の勇姿”主演ドラマは2019年1月放送!外科医姿も初公開

滝沢秀明“最後の勇姿”主演ドラマは2019年1月放送!外科医姿も初公開

最後の勇姿となる滝沢秀明の白衣姿が公開!

滝沢秀明が主演を務める「連続ドラマW 孤高のメス」(WOWOWプライム)の放送が、2019年1月に決定した。

同ドラマで、滝沢は旧態依然とした医療体制の中で患者を救うという信念と向き合い続けた主人公の外科医・当麻鉄彦を演じ、自身初となる外科医役に挑む。

今回、ドラマのティザーポスターも解禁。「すべては、患者の命を救うために。」のコピー通り、患者を救うという信念に満ちたまなざしと、凛とした表情が印象的なポスターに仕上がっている。

さらに、ドラマの特報映像も完成し、9月29日(土)からWOWOWにて放送開始予定となっている。

■ 「孤高のメス」ストーリー

臓器移植がタブー視されていた1980年代後半、医療先進国アメリカで研鑽(けんさん)を積んだ外科医・当麻鉄彦(滝沢)が、地方の民間病院に赴任してきた。

「地方でも大学病院と同じレベルの治療が受けられるべき」という信念の下、当麻はあらゆる難手術に挑み、目の前の患者たちの命を救っていく。

しかし、日本初の臓器移植手術を前に、権力絶対主義と古い慣習に塗り固められた医療体制がその行く手を阻もうとしていた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)