<半分、青い。>“ユーコ夫”登場で視聴者驚き「絵皿だけじゃなかった!!」『ごちそうさん』のアノ人

<半分、青い。>“ユーコ夫”登場で視聴者驚き「絵皿だけじゃなかった!!」『ごちそうさん』のアノ人

秋風先生の近況を伝えたのは…洋二役・山中崇の演技に「泣けた」の声

9月29日に最終回を迎える連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。26日放送の第153回では、震災から安否がわからなくなっていたユーコこと浅葱裕子(清野菜名)の夫・洋二(山中崇)が登場。裕子への思いがにじむ演技が視聴者の涙を誘った。(以下ネタバレがあります)

洋二とともに洋二の実家に近い宮城・仙台に引っ越しており、そこで被災した裕子。震災後、携帯電話がつながらなくなり鈴愛(永野芽郁)は心配のあまり仕事が手につかない。

律(佐藤健)や津曲(有田哲平)らも、震災の影響で部品調達などに四苦八苦。投資家へのプレゼンも行い資金を集めてしまった以上、“そよ風ファン”の発売を遅らせることはできず、苦悩していた。

そんな中、鈴愛の携帯電話に洋二から電話がかかってきた。

「きょう、秋風羽織先生がいらっしゃいました」「秋風先生は今、“A-Girl”の続編を描いていらっしゃるそうです。それを今度の『月刊ガーベラ』に載せるそうです。帰ってきた裕子に…見せるんだって。そうしたら僕、思ったんです。秋風先生にそんなことまでしてもらった裕子は、帰ってくるしかないな、って」

涙をこらえながら秋風羽織(豊川悦司)の近況を伝える洋二に、鈴愛は力強く「はい、そうです。そのとおりです」と答えた――。

■ 洋二の登場に「やっと動く姿が…」

裕子の夫・洋二のこれまで登場シーンは、裕子の結婚式後、新郎新婦の絵皿にプリントされた写真と、裕子が我が子・クーちゃんについて話したときの携帯電話の画像のみ。今回、裕子の安否を心配し涙する場面が初出演シーンとなった。

電話口で涙ながらに近況を語る洋二の涙には、裕子との幸せな結婚生活を想像させる深い悲しみが宿っていた。視聴者からは「山中崇さん。ユーコを想う気持ちがすごいあふれてて泣けた」「やっと動く山中さんが見られたけど、こんな形とは…」「絵皿だけじゃなかった!!」「引き出物の写真だけではないと思ってたけど」「山中さんが洋二役だったのって、このシーンのためだったの…?つらい」「ここにきて初めての出演でこの演技。素晴らしいの一言」といった声が上がった。

■ 「結婚は米」の室井役でも話題に

演じる山中は、2013年下半期の連続テレビ小説「ごちそうさん」(NHK総合ほか)で見せた小説家の卵・室井幸斎役も印象的だった。みすぼらしい身なりに丸メガネ、無精ひげがトレードマークの室井は、小説家志望らしく時には名ゼリフを口にすることも。

ヒロイン・め以子(杏)のお見合い話が持ち上がったときには、め以子に「結婚は米じゃないか?」と一見トンチンカンな意見を力説した。「新米の時期はどうやっても甘くてうまいけど、時が経つにつれ、スカスカのボソボソになっていく。だから炊き方が大切だし、工夫が必要になってくる」「その手間を喜んでやれる相手だと、結婚は、うまくいくんじゃないか?」

熱のこもった室井の言葉が、め以子から悠太郎(東出昌大)へ「あなたに一生美味しいものを食べさせます!」という朝ドラ史上に残る“逆プロポーズ”を引き出したのだった。朝ドラファンの中ではその印象が強烈だったようで、洋二役での出演に「どうしても山中崇さんではなく室井さんと呼びたくなる」「いいシーンなのに室井さんが小ぎれいになって…という目で見てしまって反省」といった声も…。

そんな山中の“言葉を伝える力”が光った「半分、青い。」での洋二の初登場シーン。

26日の放送後に山中は、自身の公式Instagramで“半分青い”布のような壁のような不思議な画像をアップ。「出演は絵皿だけではありませんでした」「物語も大詰めです。良かったらご覧くださいませ」と、簡潔な言葉で作品をアピールした。そんな山中に、ファンからは「朝から涙しました」「秋風先生のエピソード、感動しました」といった声が寄せられている。

ついに裕子の消息がついに判明し、ドラマは残すところあと3話のみ。27日放送の第154回では、鈴愛が知らせを聞いてふさぎこんだまま、岐阜の実家に帰省する。和子(原田知世)のお参りのために訪れた萩尾家で、鈴愛は弥一(谷原章介)と会話を交わす。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)