岩田剛典「本当に撮影現場に行くのが楽しくて仕方ない」

岩田剛典「本当に撮影現場に行くのが楽しくて仕方ない」

10/5(金)公開の映画「パーフェクトワールド」で杉咲花とともにW主演を務める岩田剛典

■ そういう現場って、毎回毎回あるものではない

EXILE/三代目J Soul Brothersのパフォーマーで俳優の岩田剛典と、女優の杉咲花が、26日に都内で開催された映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の公開直前イベント【パーフェクトナイト】に出席した。岩田は「今までの人生で泣きそうになるくらい感動したエピソード」を聞かれると「三代目JSBオーディション合格」と答えた。

人気コミック『パーフェクトワールド』(有賀リエ/講談社「Kiss」連載中)を基にする本作は、幼い頃からの夢だった建築士となり、障害を抱えつつも前向きに生きる鮎川樹(岩田)と、そんな樹に惹かれるインテリアコーディネーター・川奈つぐみ(杉咲)が織りなす恋模様を描く。

岩田は公開間近の思いを聞かれると「ドキドキしていますね。やっぱり。昨年の6月くらいに、暑い時期に撮影した思い出があるんですけど、本当に撮影現場に行くのが楽しくて仕方ないくらい、現場の雰囲気も良くて」と回想。「そういう現場って、毎回毎回(あるもの)ではないと思いますので、本当に自分にとっても、すごく大切な経験になりました」と感慨深そうに話していた。

■ 「いきなり涙がどばーっと出たんですよ。いきなりですよ」

作品の内容にちなみ「今までの人生で泣きそうになるくらい感動したエピソード」を聞かれると「三代目JSBオーディション合格」と回答。「(合格を聞いた時に)いきなり涙がどばーっと出たんですよ。いきなりですよ。その言葉を頂いた瞬間に。あの経験は、なかなか経験できないなっていう。大体8年位前ですか。その時の記憶が未だに鮮明に残っているくらい、一番強烈な涙の思い出かなと思います」とも語っていた。

イベントには、主題歌『Perfect World』を務めたE-girlsのSAYAKA、楓、藤井夏恋、YURINO、須田アンナ、鷲尾伶菜、坂東希、佐藤晴美、石井杏奈、山口乃々華、武部柚那も出席し、同曲を生パフォーマンスで披露した。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)