顔のある部分を使った珍妙演奏に大泉洋驚がく!?

顔のある部分を使った珍妙演奏に大泉洋驚がく!?

好きなことに夢中になりその道を追求する人 「フカボリスト」を訪ねたYOYO’Sと大家アナウンサー

札幌テレビ(STV)で毎週日曜昼4:55〜に放送されている「1×8いこうよ!」。9/30(日)は、まだまだ知らないことだらけの北海道をさまざまな角度から調査し、新たな魅力を発掘する企画「1×8フカボリ探検隊」を送る。

同番組は、北海道を笑いで元気にしようと、大泉洋&木村洋二(STVアナウンサー)の「YOYO’S」が身分不相応で壮大なテーマを掲げ、荒唐無稽なトークを繰り広げながら、そこそこ本当に理想を実現させていく体当たり的、バラエティー番組。

今回は、北海道日本ハムファイターズの新球場建設予定地に内定し、北海道中から注目される街・北広島市をフカボリ。ボールパーク構想に沸く北広島の、好きなことに夢中になりその道を追求する人 「フカボリスト」を紹介する。

最初に登場したのは珍妙な特技を持つ柳亭互久樂(りゅうてい・ごくらく)さん。顔のある場所を使って楽器を演奏するというのだが、大泉も思わず感嘆したスゴ技とはいったい?

さらに市の名産物を題材にしたオリジナルのダンスを考案したフカボリストも登場。番組は9/30(日)昼4:55〜札幌テレビ(STV)で放送される。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)