<あっとせぶんてぃーんのプライベート掘り下げ連載>かにぱん「あっせぶのイベントやライブを通して、ご主人様お嬢様と色んな所に行きたい!」

<あっとせぶんてぃーんのプライベート掘り下げ連載>かにぱん「あっせぶのイベントやライブを通して、ご主人様お嬢様と色んな所に行きたい!」

あっとせぶんてぃーんのプライベート掘り下げる連載企画。第6弾は、北の森のパン工場出身の“かにぱん”!

東京・秋葉原のメイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」の現役メイドによるポップユニット・あっとせぶんてぃーんが、メンバーの卒業と加入を経て新体制となった。

そこで、メンバー18人それぞれに改めて迫り、新たなスタートを切ったグループ活動、メイドとしてのお給仕に加え、それぞれのプライベートも写真と共に紹介していく。

「あっとせぶんてぃーんのコ・コ・ミ・テ!〜ここだけの話ですよ!!ご主人様、お嬢様〜」と題した連載の第6回は、北の森のパン工場出身の“かにぱん”が登場!

■ プライベートで「写真を頼まれた時に『萌え萌えキュン』って言いそうに…」

――メイドになろうと思ったキッカケは?

メイドさんという存在を知ったのは、父が昔レンタルで見てた「アキハバラ@DEEP」というドラマにメイドさんが出ていて、「メイド服、可愛いー! メイドさんちょっとやってみたいなー」って思って、それから意識し始めて、秋葉原で1番有名なところに入りたいって思ってあっとに入りました。

――普通の女の子からメイドに…その時(出勤中)、どんな事を考えていますか?

「今日は誰に会えるかなー?」とか「どこの店舗かなー?」とか考えます。私はプレミアムメイドなので、毎日お給仕店舗が違うんです。だから、店舗がどこかなって楽しみもあって得した気分です(笑)。不思議なんですけど、「あの人元気かなー?」「最近会ってないなー」って思うと、その日会えたりするからすごいんです。以心伝心してるみたいな。ちょっと嬉しい。

――プライベートでハマっている事は何ですか?

“音楽”が好きなので、色んなアーティストさんの曲が聞けるフェスとかライブに行くのがすごく好きです。あと、マネージャーさんに教えてもらった、野沢雅子さんのモノマネをするアイデンティティさんのネタを見るのが好きです。

――では、プライベートでの自分にメイド要素を感じる事ってありますか?

んー。なんだろう? 旅行先で写真を頼まれた時に「萌え萌えキュン」って言いそうになることです。あっとほぉ〜むカフェのシャッターは「萌え萌えキュン」でおりるんです。

■ ご主人様お嬢様と精一杯楽しい時間を一緒に過ごしたい!

――お給仕中の心構えは何かありますか?

ご主人様お嬢様にお仕えしていることを忘れないこと、常に笑顔でいること、あとは目が合う瞬間とか話してる時間を大切にすることです。わざわざ時間を空けて私に会いにきてくれたり、気に掛けてくれるだけで嬉しいので、私に返せるものがあったら精一杯楽しい時間を一緒に過ごしたいなって思ってます。お給仕してる時間が何より楽しいです。

――そんなお給仕での喜びは何でしょうか?

ご主人様お嬢様のことをたくさん知れることとか、一緒に悩んだり喜んだりできることです。普通のアイドルとメイドはやっぱり距離が全然違うので、深く相手を知れたり見られたり、より相手のことを知れるのが嬉しいし、一緒に頑張ってる気持ちになれます。あと、やっぱり初めてブロンズカードを受け取ったご主人様お嬢様が、シルバーカードや色んなカードにランクアップしていくのを見ると嬉しいですね。こんなに来てくれたんだな。会いたいって思ってくれたんだな。大切にしよう。って思います。

――メイドさんから普通の女の子に戻って帰る際、どんな事を考えていますか?

その日あった楽しかった事とか、ご主人様お嬢様と話したこととか思い出します。メイドじゃない私の中にも、いつもご主人様お嬢様がいたりします(笑)。夢とか見ますよ。

■ あっとせぶんてぃーんのアピールポイントは「“ちょうどいい”ところ!」

――メイドの時とアイドルの時で、心境に違いは?

それ、まだ分からなくて、今自分にできる事とか見せられるものをいつも精一杯出してます。もっとアイドルとしてのこだわりとか持てたらいいんですけど、ちょっと難しいです。

――あっとせぶんてぃーんはメイド兼アイドルですが、どんな部分がアピールポイントになると思いますか?

“ちょうどいい”ところかなって思います。仲良しの幼なじみとか、仲良しの友達とか、良い意味でも悪い意味でも“ちょうどいい”存在なのが自分のウリかなって思います。知らんけど。

――今後、あっとせぶんてぃーんのメンバーとして何を目指しますか?

私は特に得意な事とかなくて、ダンスも歌もビジュアルも普通なんです。人より秀でたものない。だから、自分にしかできない事とか負けない事とか分からないから、そういうのを見つけていきたいし、誰かにとって唯一の存在になれたら嬉しい。あとは、やっぱり色んなところでライブしたり、普段はお屋敷でしか会えないけど、ご主人様お嬢様とあっせぶのイベントやライブを通して色んな所に行きたいです。地方とか、海外とか(笑)。色んな事ができるように、これからも頑張ります。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)