玉田志織「自分の時間全部を女優の仕事に捧げていきたい」<“女優宣言”美女15問15答(3)>

玉田志織が“女優宣言”後の心境を語る 目標は米倉涼子、尊敬するのは渡辺直美

記事まとめ

  • 岡田結実、宮本茉由、玉田志織が、女優宣言で晴れて“女優としての第一歩”を踏んだ
  • 米倉涼子や上戸彩ら数多くの国民的女優をオスカープロモーションは輩出してきた
  • 玉田は「センバツ」応援イメージキャラクターを務め、女優としての活躍が期待される

玉田志織「自分の時間全部を女優の仕事に捧げていきたい」<“女優宣言”美女15問15答(3)>

玉田志織「自分の時間全部を女優の仕事に捧げていきたい」<“女優宣言”美女15問15答(3)>

「女優宣言」を行った玉田志織

米倉涼子や上戸彩ら数多くの国民的女優を世に送り出してきたオスカープロモーション所属の女性タレント・岡田結実、宮本茉由、玉田志織の3人が、9月に都内で行われた女優宣言お披露目記者発表会に出席。晴れて“女優としての第一歩”を踏んだ。

そこでWEBザテレビジョンでは、女優宣言を終えた直後の3人にインタビューを実施! 15問15答のスタイルで彼女たちの素顔を掘り下げた。

ラストを飾るのは、2018年の「センバツ」応援イメージキャラクターを務めた玉田が登場。今後女優として大きく羽ばたくかもしれない彼女の素顔に迫る。

■ Q1:芸能界に入って良かったことは?

私はクラスの女の子とか、友達の前でしゃべるのは好きなんですけど、授業中に人前で何かを発表したりするのが苦手なんです。

特に先生や大人がいると、全然ダメ(笑)。大人に対して人見知りしてしまうというか、学校だと男子たちからバカにされるのが怖いんです。だから、積極的に手を挙げることができません。

仲がいい女の子たちの中にいると、一番おしゃべりなんですけどね(笑)。でも、芸能界でお仕事をするようになって、少しずつですけどそういう人見知りの部分が解消されてきたかなと。

もちろん、まだまだですが、そんな風に成長できる点が今のお仕事の良さだなと感じています。

■ Q2:最近、大笑いしたエピソードは?

友達とケーキの話をした時に、めちゃくちゃ気が合ったんですよ。モンブランの話で、ずっと盛り上がっていました。何で笑っていたのかは分からないんですけど(笑)、とにかくケーキが食べたかったのでしゃべっているうちに楽しくなってきたんだと思います。

ケーキは、ほぼ毎日食べるぐらい大好き! モンブランはもちろん、チーズケーキも食べますし、シュークリームの時もあります。東京はスイーツの種類が豊富なのでうれしいです。今日(取材当日)も帰ったらケーキが待っています!(笑)

■ Q3:最近、悲しかったことは?

ちょっと前に、転校した時は友達と離ればなれになるので悲しかったです。転校は生まれて初めての経験。友達と会えなくなるのは寂しいけど、ほんの少しだけ憧れていた部分もありました。

新しい学校で転校生として自己紹介するシチュエーションって、何かいいなって。でも、現実は甘くなくて、思っていたようなリアクションはなく、シーンとしていました(笑)。今では友達もたくさんできて、毎日楽しいです!

■ Q4:好きな言葉は?

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」が、座右の銘。小学生の頃から歌やダンスをやっていて、オーディションの時によくお母さんに言われていました。“やらなきゃ何も始まらない”って、いい言葉だなと思います。

■ Q5:チャームポイントは?

ずっと「目」って言っていたんですけど…。う〜ん、難しいですね。肌は人よりきれいなのかもしれません。あまり荒れないですし、にきびもできたことがないです。

その代わり、乾燥肌なので冬は保湿液が欠かせないですね。

■ Q6:自分の中で転機となった仕事は?

写真集を出したことです。コンプレックスが多いので絶対やりたくなかったですし、水着になるのも嫌でした。撮影ギリギリまで渋っていた記憶があります(笑)。

スタッフの皆さんに支えていただいて何とか出来上がりましたけど、初めて見た時は「太いな」と思いました。今は、写真集を撮った頃から6kg体重が減っています。女優として別の顔をお見せできるよう体作りに励んでいます。

■ Q7:生まれ変わったら、何をやりたい?

今度は男子がいいかなぁって思っています。学校では、女子扱いされていないんですよ。絶対、恋愛対象に思われない(笑)。性格が男子寄りなのかもしれません。しゃべっていると「気が合う」って言われることが多いんです。

■ Q8:バッグの中に必ず入っている物は?

財布と携帯の充電器は絶対にないとダメですね。唇の色が違うと雰囲気も変わるので、リップは常に何種類か持ち歩いています。

■ Q9:女優として頑張っていく上で心掛けていること、意識している点は?

これまでは、自分中心の生活というか、眠かったらすぐ寝ちゃったりと、あまりにも自由過ぎたと思うんです。

でも、それじゃいけないなと反省したので、私生活から女優としての意識を持つように、自分の時間全部を女優の仕事に捧げていきたいです。

■ Q10:目標にしている女優さんは?

憧れている女優さんは、事務所の先輩の米倉涼子さんです。もう一人、尊敬している方は渡辺直美さん。役から離れていても常に現場を盛り上げているし、太陽のように優しい印象があります。

私も人の気持ちをしっかりと考えられる女優になりたいなと思っています。

■ Q11:挑戦してみたい役は?

明るくて元気な女の子や、それとは正反対の裏で何かを企んでいるような悪い感じのキャラクターに挑戦してみたい! いつか、ホラー映画にも出演したいです。

■ Q12:オンリーワンの宝物は?

私はエンターテインメントが大好きなんです。特にドラマはたくさん見ています。最近だと「チア?ダン」(TBS系)や「ヒモメン」(テレビ朝日系)など、気に入った作品は何度も見返して楽しんでいました。

ちょっと前のドラマだと「LIAR GAME」(2007年ほか、フジテレビ系)も面白かったです。

■ Q13:犬派と猫派だったら、どっち?

犬です! おばあちゃんの家でたくさん飼っていました。好きな犬種はシーズーです。

■ Q14:2018年も、残り3カ月弱。やり残したことは?

大食いに挑戦したい! お肉やおすしもいいけど、やっぱりケーキがいいですね。

■ Q15:最後にメッセージを!

私は私らしく、ファンの皆さんに笑顔や元気をたくさん与えられるように頑張りますので、少しずつ成長していく姿を応援してください。よろしくお願いします!(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)