<半分、青い。>ブッチャーの“優しさ”に視聴者涙!失意の鈴愛を“渾身のギャグ”で…

<半分、青い。>ブッチャーの“優しさ”に視聴者涙!失意の鈴愛を“渾身のギャグ”で…

失意の鈴愛にかけたブッチャーの言葉に視聴者から温かいメッセージ!

9月29日に最終回を迎える連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月〜土朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。ラスト2話を残し、ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)は深い悲しみの中にいた。重苦しい空気の中、渾身のギャグで鈴愛を励まそうとする地元の友人・“ブッチャー”こと西園寺龍之介(矢本悠馬)の健気さが注目を浴びた。(以下、ネタバレが含まれます)

ユーコ(清野菜名)に関する知らせを受け取り、失意の鈴愛は岐阜の実家へ里帰り。だが、ひとり部屋にこもったままだった。そして27日放送の第154回では、子どものころからの仲良し4人組“梟会”のメンバーでもあるブッチャーと菜生(奈緒)夫婦が鈴愛を励ましにやってきた。

「ほら、なんか面白いこと言わんか!」と菜生に促され、ブッチャーは「鈴愛。これ、コショウやと思っとるやろ?実は、砂や…嘘や。これ、これこれ、醤油やと思っとるやろ?実は…」とギャグを絞り出した。

うつろな目でぼんやりしていた鈴愛だったが、ブッチャーのギャグに初めて笑みがこぼれ、その目からはポロポロと大粒の涙が…。まるで、笑わないお姫様を笑わそうと人々が褒美をかけて挑むグリム童話「金のガチョウ」のワンシーンのようだ。

■ 朝ドラ受けもブッチャーに言及

クライマックスに突入し、ますます注目を集める「あさイチ」(NHK総合)恒例の“朝ドラ受け”でも、MCの博多華丸・大吉がブッチャーに言及。

「コショウやなくて砂や、しか言いようがないですね。はぐらかすしか思いつかないですよ」という華丸に、大吉は「ブッチャーのリーゼント、デカいね」とブッチャーの髪型にも注目。「デカい。今日は特にデカかった。そうやって笑かそうと思ってたかもしれんしね」(華丸)、「そうでないと40歳であのリーゼントの大きさはないよね」(大吉)と、全力で鈴愛を笑わそうとしたブッチャーを高く評価した。

視聴者からも「ブッチャー、ホント癒やしの時間」「鈴愛思いのブッチャーが素敵に見えた」「いい奴やな〜」「ブッチャーの優しさに泣けた。平和の象徴だ」「醤油は…醤油は何だったの?気になる(笑)」といった声が上がっている。

■ 菜生との結婚、リーゼントでも話題に

鈴愛とブッチャー、菜生、そして律(佐藤健)は、小学生時代からの仲良し4人組。“梟会”と称し、お互いの家や「喫茶 ともしび」でともに時間を過ごしてきた。

長らく「彼女いない歴が年齢と同じ」だったブッチャーはやがて、菜生と結婚。ブッチャーが鈴愛に向けて発する“愛ある憎まれ口”も人気を集めた。

高校時代、鈴愛が“新聞部のこばやん”とデートすると聞けば「エ!鈴愛がモテたの!?何その天変地異!1549年にザビエルが日本に来たことよりすごいぞ」と大げさに驚いてみせたブッチャー。社会人になって再登場した折にはカッチカチのリーゼントヘアでも話題になった。

鈴愛と涼次(間宮祥太郎)の結婚式にも菜生と出席。祝福ビデオにも仲良く映り、菜生が「恥ずかしいで、こういうときしか言えん。すずちゃん、大好きや。幸せになりゃーよ」とメッセージを送れば、ブッチャーはポケットに手を入れたまま「今日のお前はなかなかキレイやったわ。ま、幸せになれよ!」とイケメン風に祝いの言葉を述べた。

■ ブッチャー「あいつに消去法はない」

鈴愛とは“腐れ縁”のブッチャーだが、本当は鈴愛のことを誰よりもよく理解している。

離婚して出戻ったときには「なんや、ひとりでコーヒー?出戻りはきついなァ(笑)」と軽口を叩きながらも仕事の口を世話しようと動いたし、センキチカフェに居場所を見出せなくなった鈴愛が再び東京に行くことを決めた時には、周囲が呆れる中、驚くことなくこう口にした。

「あいつに消去法はない。仕方ないからこうするっていうのは、あいつの辞書にはない。東京にいく理由はたった一つや。カンちゃんに、何があっても神宮でスケートやらせたかったんやと思う」

そんなブッチャーが「(このタイミングで自分が呼ばれるのは)間違っとる」とボヤきながらも繰り出した渾身のギャグ。だからこそ鈴愛も笑顔を取り戻し、緊張の糸が切れたように涙をこぼしたのだろう。

28日放送の第155回では、ブッチャーと菜生の気づかいもあってようやく現実と向き合う気持ちになった鈴愛が、ある場所を訪ねる。一方、鈴愛の帰りをじっと待つ律のもとに、秋風羽織(豊川悦司)から手紙が届く。「半分、青い。」は残すところあと2回だ。最終回まで活躍するブッチャーと菜生、梟会の絆にも注目したい。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)