アニメ「あかねさす少女」キャストインタビューその(1)〜ちくわで占う少女がもうひとりの自分にであう〜

アニメ「あかねさす少女」キャストインタビューその(1)〜ちくわで占う少女がもうひとりの自分にであう〜

「あかねさす少女」のメインキャスト・黒沢ともよ、Lynn、東山奈央、小清水亜美、井上麻里奈にインタビュー!

アニメ専門テレビ局アニマックスの20周年企画として、TVアニメとゲームで展開される「あかねさす少女」。アニメは、10月より放送開始となる。

オカルトとアンティークオーディオを愛する高校2年生の土宮明日架は、「鉱石ラヂオ研究会」(ラヂ研)を結成。明日架達5人のメンバーは、「4時44分の儀式」と呼ばれる儀式を行った。それは都市伝説めいた儀式だが、偶然が重なり、“黄昏の世界”への扉を開く。ラヂ研のメンバーは、自分達がいる世界とは似て非なる並行世界(パラレルワールド)の存在を知り、世界を脅かす“黄昏の世界”との戦いに巻き込まれることになる。そのなかで、パラレルワールドにいる、自分達と出会い……。

壮大な世界観で描かれる「あかねさす少女」。明日架ほか、ラヂ研のメンバーを演じる5人のキャスト、黒沢ともよ(土宮明日架役)、Lynn(灯中優役)、東山奈央(みあ・シルバーストーン役)、小清水亜美(七瀬奈々役)、井上麻里奈(森須クロエ役)に本作の魅力や見どころを直撃した。

■ 「あかねさす少女」の第一印象を振り返る

――オリジナル作品ですので、皆さんが本作とファーストコンタクトしたのはオーディションだったかと思います。第一印象を教えてください。

黒沢:オーディションの資料を読んで思ったのは、難しい言葉が多そうな作品だなということ。「4時44分」が上手く言えずに苦労しました(笑)。その他にも、見慣れない言葉が多数あったのが印象に残っています。オーディション用の原稿では明日架が自分自身と対話するシーンが多かったので、演じる難易度が高そうだと感じました。

Lynn:ともよちゃんと同じく、難しい言葉や、見慣れないカタカナの言葉が多いという印象でした。また、今いる世界の優とパラレルワールドの優の演じ分けが難しかったのですが、やりがいがありそうだなと感じました。特に気になったのは、「デュプリケート」。この言葉をきっかけに、ラヂ研のメンバーは変身をして、世界を脅かす敵と戦うのですが、この決めゼリフを格好良く演じたいと思いました。

東山:みあのオーディションは、セリフの分量も少なく、プリント1枚ほど。その中で、どうやって彼女らしさを出そうか考えて演じました。やっぱり印象的だったのは、Lynnちゃんも言った「デュプリケート」という単語。日本語では「複製」という意味ですが、もう1人の自分と出会うという意味もあるんだろうなと考え、その思いを込めながら、セリフを発声しました。

小清水:だいぶキャリアを重ねた私が、女子高生を、しかもピンクのツインテールの女子高生を本当に演じさせてもらえるのかなと不安がありながらのオーディションでした(笑)。「もっと若くできませんか」というディレクションが印象的でしたね。結果として奈々役を頂くことができて、私も「デュプリケート」したなとうれしく思いました(笑)。

井上:最初に頂いた資料にクロエの設定画があったのですが、スタジオオーディションではだいぶデザインが変わっていました。演じ方を迷ったのですが、スタッフさんからは「思ったように演じてください」とディレクションが。その通りマイクの前に立ってみると、評判が良かったので安心しました(笑)。

■ 各キャラクターとの共通点は?

――演じるキャラクターにはどんな印象を持っていますか? また、ご自身と似ている部分はありますか??

黒沢:明日架は、大きな喪失感を経験して、諦観を持っている女の子。今の私は、そこに実体験として共感はできないなと思います。でも、似ている部分もあります。例えば、明るくて、現代的な点。また、人の話を聞く時に防衛本能が働くこと。明日架は傷つきたくないがために防衛線を張ってしまいがちなのですが、そこは私と共通しています。

Lynn:優はラヂ研の5人の中で、1番のしっかり者かつツッコミ役。でも、それが彼女の全てかというとそうではなくて。優等生的な部分は表面的なもので、普段は押さえ込んでいる感情も実はあるんですよ。そんなこともあって、正反対な性格をした明日架のことを優は大好きなんだなと思います。同時に、明日架の面倒をみなきゃいけないという使命感も持っています。なんだか、しんどそうな生き方をしているなと感じますね(笑)。私もいい人だと思われたいと考えてしまうたちなので、共感できる部分があります。

東山:シルバーストーンという屈強そうな名前とは裏腹に、線が細くて、誰からも可愛がられるキャラクターです。ラヂ研の中では1人だけ後輩ということもあって、マスコット的存在。部員が先生から怒られることがあっても、みあだけは免除されるような特別待遇の女の子です(笑)。アフレコをして気づいたのは、意外とお調子者だということ。先輩の一歩後ろを歩き、自分から行動を起こすことはないみあですが、明日架達が悪乗りをしだすと、それにのっかって面白がります。自分と比較して似ている部分は、正義感の強いということ。でも、正義感の発露の仕方が違いますね。私は何か間違っていると思うとはっきりと言ってしまいたくなるですが、みあには奥ゆかしさがあります。

小清水:奈々を一言で言えば、ギャルです(笑)。見た目のままに、楽しいことが大好きだけど、根は優しくて、成績を落とさないようにも頑張っているマジメなところもあります。私の高校生時代は、「今の私は最強!」と思っていました(笑)。制服を着ていることで、時代の最先端を生きているという自負があったんですね。奈々からも、そんな万能感を感じます。

井上:クロエは芯がとおった女の子です。一匹狼っぽい印象で、どうやってラヂ研のメンバーに混じったのかと不思議に思っていました。でも、演じていると、協調性があって、ずっと1人でいたいというよりも、1人を楽しんでいる女の子だなと感じるようになりました。私も1人の時間を大事にする方なので、そこに似ていると思います。

■ 見どころはちくわ!?

――間もなく放送が始まる第1話ですが、その見どころを教えてください。

黒沢:ちくわですね。明日架って、好物のちくわを使って、なぜか占いをするんです。なんでちくわなんだろう(笑)。

井上:私達ラヂ研のメンバーの他にも、物語の根幹に関わる重要人物が登場するので、そこも見逃せません。

黒沢:アフレコの思い出でいえば、一人芝居ですね。明日架ともう1人の明日架の対話のシーンがあって、ずっと1人で喋っていた印象です。スタッフさんからは、第1話以降は明日架役としての負担は少なくなると言われていたのですが、そんなこともなく……。嘘をつかれていました(笑)。

東山:もう1人の明日架は、元の世界の明日架とは全く性格が異なるし、その彼女が背負うものも重くて、ともよちゃんはマイクの前ですごく大変そうだった。

黒沢:その他に印象に残っているのは、敵キャラクターのノイジーですね。パッと見はすごく可愛いウサギなのですが、そのウサギが私達を襲ってきて。その時のフォルムが、ものすごくエグかったです(笑)。

小清水:キャラクターがいちいち濃いよね。先生が登場するのですが、そのモデルとなったのがサモ・ハン・キンポーだそうで(笑)。

井上:スタッフさんによれば、元ネタがあるキャラクターも多いみたいなので、探してみると楽しいかもしれません。

Lynn:私は、優のキャラクターですね。優等生っぽい優が、襲ってきたノイジーを「このクソウサギ」と罵倒するセリフがあって(笑)。また優のキャラクターを完全に理解する前だったので、彼女にも激しい感情があるんだなと驚きました。

■ 「あかねさす少女」の魅力は「トモヤ」!?

――作品の魅力を短い言葉で表すとするなら、何でしょうか?

黒沢:「贅沢」です。クレジットの人数が尋常じゃないです。

Lynn:「ともよ」かな。ともよちゃんの演技がすごくて、毎回アフレコでは、尊敬の眼差しで見ています。

東山:「予測不可能」です。アフレコは(取材時点で)10話まで進んでいるのですが、全く先が読めないんですよ。スタッフさんも秘密主義で、演じているキャラクターのことですら、核心に触れることを教えてくれません。演技に新鮮さを持たせるためなのかもしれませんが、ドキドキしながら演じています。

小清水:メインの役柄の以外でも、「派手」なキャストがそろっています。あとは、「トモヤ」!

井上:そう、トモヤね(笑)!

小清水:意味は本編をご覧になって、確かめていただければと思います!

井上:「SF」かな。「もし、世界がこんなだったらな」と、みんなが思い描くパラレルワールドが登場します。でも、その世界の全てが予想の斜め上をいっていて、そんなところから、SFっぽさを感じてしまいます。

■ ラヂ研のシーンは女子校の休み時間?

――キャラクターを演じていて楽しかった瞬間を教えてください。

黒沢:ラヂ研のたまり場などで雑談をしているシーン。なんとなくボケやツッコミの役割が決まっているのですが、それがずっと固定されているわけではなく、流動的で。そんなところから、本当にみんな仲がいいんだなと感じます。女子校の休み時間を切り取ったようで、本当に楽しく明日架を演じられます。

Lynn:アフレコの前半ではすんなりと演じることができていた優ですが、後半になるとまた新しい優に出会い、ビックリすることが増えてきました。例えば、ずっと仲良しだった明日架と、ささいなことがきっかけでぶつかってしまうとか……。毎回、新しい優に会えるのが楽しいなと思っています。

東山:「デュプリケート」で変身して戦うシーンがド迫力で痛快でした。演じている私が言うのも変ですが、「みあってこんなに大きな声が出せるんだ」と驚きました。そう演じたのは、頭で考えたのではなく、自然と気持ちに声がついてきた結果。みあに新しい命を吹き込むことができた、うれしい瞬間でした。

小清水:パラレルワールドの奈々と出会うと、奈々に対して、また新たな感情を持つようになります。そういう不思議な感覚を覚えた瞬間が楽しいです。

井上:クロエは感情の幅が狭く、その中でどう喜怒哀楽を出すのかを毎回、苦労しています。そんなクロエの活躍にスポットが当たる回では、彼女のホンネを演じさせてもらい、私もとても感動しました。放送を楽しみにしていてください。

【アニメ「あかねさす少女」キャストインタビューその(2)〜露出をしても平気な世界に行きたい〜へと続く 同記事は9月29日(土)朝8時アップ予定】(ザテレビジョン・取材・文:星 政明)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)