野村周平、理想の女性に言及「格好良いと言ってくれないと…」

野村周平土ドラ「結婚相手は抽選で」製作発表会見 高梨臨・大谷亮平ら登壇で"結婚話"

記事まとめ

  • 10月6日より放送の野村周平主演の土ドラ「結婚相手は抽選で」製作発表会見が行われた
  • 同作は垣谷美雨氏小説が原作のドラマ「抽選見合い結婚法」が施行された現代を舞台
  • 会見は野村、高梨臨、大谷亮平、佐津川愛美、若村麻由美が登壇し、結婚話など披露した

野村周平、理想の女性に言及「格好良いと言ってくれないと…」

野村周平、理想の女性に言及「格好良いと言ってくれないと…」

10月6日(土)スタートのオトナの土ドラ「結婚相手は抽選で」の制作発表が行われた

10月6日(土)より放送される野村周平主演のオトナの土ドラ「結婚相手は抽選で」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)の製作発表会見が、フジテレビ本社で行われた。

同作は、垣谷美雨の同名小説が原作の社会派ヒューマンドラマ。国が強制する「抽選見合い結婚法」が施行された現代を舞台に、主人公の龍彦(野村)らコミュニケーション不足な若者が、結婚や人生の問題に直面する。

会見には野村、高梨臨大谷亮平、佐津川愛美、若村麻由美が登壇し、それぞれの役どころやドラマに懸ける思いなど語った。

フジテレビ系連続ドラマ初主演となる野村が演じるのは、潔癖症で女性にモテない独身男・龍彦。役作りについて「潔癖症の設定なので、まずは自宅の掃除から始めました。それと、よく行くご飯屋さんに“マイ箸”を持って行ってみたり、現場で常に身の回りを整理したりしました」と、こだわりぶりを明かす。

実家暮らしのプチお嬢様・奈々を演じる高梨は「“自分”というものが無く悩んでいる役なので、私も自分の嫌なところと向き合って、苦しい気持ちを常に持っておこうと意識していました。なので、常に苦しい中での撮影でした」と振り返った。

■ 野村「僕の趣味を『格好良い』と言ってくれる人」

また、タイトルにちなんだ企画“質問相手は抽選で”では、出演者同士が互いに質問。野村は、佐津川に「仕事で楽しい瞬間は?」と質問を投げ掛けられると、「やっぱりお芝居をしているときですね。基本、仕事現場は楽しいですよ。楽しくない現場だと、多分家に引きこもるんで(笑)」とにやり。

記者陣から「結婚相手の条件は?」と聞かれると、「あまり縛らない人。趣味も多いので、そういう部分を分かってくれる人で、僕の趣味を『格好良い』と言ってくれる人でなければ、結婚できないと思います」と断言し、会場は笑いに包まれた。

最後に、「“抽選見合い結婚法“という法律ができたことによって起きる問題は、今の日本が抱える問題と重なる部分があります。そういった問題を皆さんと一緒に解決していきたい」とメッセージを送った。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)