木村拓哉、“ケツバット”をかけてバッティングセンターで大ハッスル!

木村拓哉、“ケツバット”をかけてバッティングセンターで大ハッスル!

“ケツバット”をかけてのバッティング対決!

9月30日、 TOKYO FMの「木村拓哉 Flow supported by GYAO」放送後、木村のネット番組「木村さ〜〜ん!」の#9が配信された。

先週、先々週の放送で釣りを楽しみ、ガストでおいしいごはんを食べた木村。今回は、リスナーから「バッティングセンターに行ってみてください」というメッセージが届き、早速行くことに。「プライベートでは行ったことはないが、撮影ではある」という木村。お店に着くと「多分、俺ここ来たことあるよ」と、記憶力のいい木村は「『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜』(2012年フジテレビ系)というドラマでお邪魔していますね」としっかり覚えていた。

今回はディレクターと“ストラックアウト”と“バッティングセンター”の二番勝負を行う。負けた方は“ケツバット”という提案に、「いいね!」と木村は俄然やる気に。

先行・ディレクター、後攻・木村で勝負はスタートし、バタバタするディレクターに対し、美しいフォームで投げる木村。ストラックアウトの結果はいかに!

そしてバッティングセンターへ移動し、いざ勝負。90qに挑戦するディレクターに木村の野次が飛ぶが、勝負にも関わらず、次第に木村はコーチさながらアドバイスを送り始める。

90qの挑戦を終えた2人は、130qへ。全く打てなかったディレクターとはうって変わって木村は、最初からバットに当たりタイミングもバッチリ。ホームランを狙う木村、果たして打つことはできるのか!

そんな2人の“ケツバット”の行方はぜひ配信をチェックしよう。また、汗をかいて、本気で遊ぶ拓哉キャプテンの姿も必見です。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)