<半分、青い。>“鈴愛と律の物語”が完結!“ふたりの人生”見守ったファン「ありがとう!!」

永野芽郁、佐藤健ら出演『半分、青い。』が完結 古畑星夏、中村倫也、石橋静河ら共演

記事まとめ

  • 永野芽郁、佐藤健ら出演の連続テレビ小説『半分、青い。』が29日に最終回を迎えた
  • 最終回では、"恋人"という関係にはならないまま約40年が経過した2人がついに結ばれた
  • 視聴者からは「鈴愛と律が結ばれてよかった!ありがとう!」などの声が寄せられている

<半分、青い。>“鈴愛と律の物語”が完結!“ふたりの人生”見守ったファン「ありがとう!!」

<半分、青い。>“鈴愛と律の物語”が完結!“ふたりの人生”見守ったファン「ありがとう!!」

鈴愛と律の物語にとうとう訪れたエンドマーク。2人のすれ違いの結末は…?

連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)は9月29日に最終回を迎え、ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)と幼なじみ・萩尾律(佐藤健)の長いすれ違いの物語は幕を閉じた。(以下、最終回のネタバレがあります)

■ 「恋愛するタイミングを逃した2人」

鈴愛と律は、同じ日に同じ病院で生まれ、ともに育った幼なじみ。互いのことを誰よりも理解し合っているが、“恋人”という関係にはならないまま、劇中では約40年が経過。

そして最終回(第156回)、「俺でいいの?」と聞く律に鈴愛は「律しかダメだ」と応え、2人は結ばれた。

生まれたその日から始まった、鈴愛と律の関係。それは長い間、幼なじみであり、好きな人であり、きょうだいのようでもある不思議な関係だった。

子役からバトンタッチし永野と佐藤が登場した第12回(4月14日放送)では、律の「俺があいつより一足先に生まれたのは、あいつを守るためだったのかな」というセリフがあった。この頃、演じる佐藤も2人の関係について、ザテレビジョンのインタビューに「恋愛するタイミングを逃した2人、“すごく仲のいい友達”と“好きな人”の中間ぐらいの感覚で演じています」と語った(「週刊ザテレビジョン」18号)。

■ 鈴愛と律に“何か”が芽生えた日

そんな2人の間に“何か”が芽生えたのが第29回(5月4日放送)、高校最後のクリスマス直前の、ある雨の日のことだった。

車の泥はねで汚れてしまったスカートを律に拭いてもらった鈴愛は、ナレーションで「ドキドキしとった。ほいでも、この気持ちは、無いことにしよう、と私は思った。心にしまって、やがて忘れよう」「律にそんなのは、気持ち悪い。私と律に、そんなことは、似合わない」と自分に言い聞かせた。

鈴愛が初めて律への複雑な思いを自覚したこの場面。ここで登場したのが、“雨の音がきれいに聞こえる傘”だ。

鈴愛は「左側に雨の降る感じ、教えてよ。どんなやったっけ」とつぶやき、律に「将来ノーベル賞とるんやろ?なんか発明して」「雨の音がきれいに聞こえる傘」「律、作ってよ。約束」と話したのだった。

演じる永野にとっても印象深いシーンだったようで、クランクアップ後のインタビューでも「律がスカートを拭いてくれるところは序盤の撮影で一番記憶に残っています」と振り返っている。

■ 佐藤健「自然でしたね、離婚は」

だがその後20年、2人はすれ違い続けた。

その間に、律の初めての恋人・清(古畑星夏)とのゴタゴタがあり、第59回(6月8日)で描かれた19歳の七夕のサヨナラがあった。その5年後、第74回(6月26日放送)での突然のプロポーズに鈴愛が「無理だ」と答え、2人はまた離別。そしてお互いの結婚、離婚もあった。

律を演じた佐藤は9月21日の「あさイチ」(NHK総合)に生出演。鈴愛と律の印象深いシーンを振り返った。

そのシーンは、2人が18歳だった頃のもの。正人(中村倫也)にフラれた鈴愛が「裏、貸して。背中。表じゃなくていい」と律の背中にもたれかかり泣いた場面を「この『裏、貸して』の頃から、終盤のキスシーンまでそんなに気持ちは変わらないんです。(思いが)育まれていったわけじゃなくて、やっと素直になれたというか。本当はあのときから、必要だったのは“裏”じゃなくて“表”だったんだろうし」と回想。

また、話題になったより子(石橋静河)との離婚について「離婚してから『半分、青い。』が始まるとも思っていたので、自然でしたね、離婚は。(律は)結婚したから一生けん命頑張るけど、うまくいかないことはわりと最初からわかってた」と振り返った。

■ 「俺の生まれた意味はそれなんで」

スパロウリズムを立ち上げ、仕事のパートナーになったことで、2人の関係が大きく動き出した。

第146回(9月18日放送)では、鈴愛が「私、一番大事な人わかっちゃったんだ」「私、律の前ではずっと変わらないでいられるんだ」と律への素直な思いを口にした。「振られるのが怖いから。今のままでいい」と、律には思いを伝えないつもりの鈴愛だったが、翌147回ではオフィスで2人きり、抑え込んでいた思いがあふれ、2人はキスを交わした。

律のほうもキスをきっかけに、心の奥にしまい込んでいた鈴愛への思いを自覚していった。裕子(清野菜名)の訃報に打ちひしがれる鈴愛を見ながら「あいつを待つ。もう40年あいつを待ってた。…ってことに気づいたんです」とポツリ。正人に「律は今までも遠くにいたり近くにいたりしながら鈴愛ちゃんを守ったんだな」と言葉をかけられると、「俺の生まれた意味はそれなんで。あいつを守るためなんで」と、高校時代と同じ思いを口にした。

■ 再び盗まれた“鈴愛の夢”

鈴愛と律が7月7日に生まれたことにも、2人とって大きな意味があった。

「バイバイ律」「さよなら、鈴愛」――そう言って別れた19歳の七夕に鈴愛が書いた「律がロボットを開発しますように」の短冊が、その後の約20年にわたり律の目標に。律は大学院でロボット工学を研究し、トップ企業のロボット開発部門を率いる存在にまで成長した。

だがその短冊は、鈴愛がプロポーズを断ったあの日に、夏虫の駅で風に飛ばされてしまった。

そして訪れた最終回。物語の最後に描かれたのは2人の40歳の誕生日、2011年の七夕だった。ここで律はふたたび、鈴愛の短冊を“盗んだ”。鈴愛と律の40歳の誕生日でもあるこの日、鈴愛の短冊には「律のそばにいられますように」と書かれていた。

「じゃあ、俺の願いごとも言っていい?『鈴愛を幸せにできますように』」と、律。

“生まれたときからずっとそばにいた、すごく仲のいい友達と好きな人の中間くらいの存在”。そういう相手に思いを伝えるのはこんなにも大変なのか、ということを半年かけて描いてきた「半分、青い。」。

最終回を終え、Twitterでは「朝ドラ最終回」のほか、最終回の“雨の音がきれいに聞こえる傘”から「雨の音」もトレンド入りした。最後まで見守ってきた視聴者からは「鈴愛と律が結ばれてよかった!ありがとう!」「いろんな感情にさせてくれるドラマだった。素敵な物語でした」といった声が上がっている。

なお、10月8日(月・祝)には連続テレビ小説「半分、青い。」総集編を NHK総合で放送予定。 昼1:30-2:58総集編(前編)、 昼3:05-4:33総集編(後編)となっている。後日BSプレミアムでも総集編を放送予定。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)