大塚愛、15周年ベスト盤は「若い人への“はじめまして”」舞台主題歌にも初挑戦

大塚愛、15周年ベスト盤は「若い人への“はじめまして”」舞台主題歌にも初挑戦

「カレフォン」で初めて舞台主題歌に挑んだ大塚愛

廣瀬智紀と川栄李奈がW主演の舞台「カレフォン」が、10月4日(木)東京・オルタナティブシアターを皮切りに全国7都市で上演される。

本作は、涙必至の“泣き恋”ラブファンタジー。何をやってもうまくいかない日々を過ごす派遣OL・茜(川栄)がクローゼットにしまっていた昔のスマホが突然鳴り、死んでしまったはずの元カレ・駿(廣瀬)の声が聞こえてきたことから物語は始まる。

そして、主題歌は自身初となる舞台主題歌書き下ろしに挑戦した大塚愛の「Dear, you」。同曲は、2019年1月1日(火)に発売予定の大塚愛デビュー15周年記念オールタイム・ベストアルバム『愛 am BEST, too』に収録されることが決定している。

「ザテレビジョン」では大塚にインタビューを行い、初めて舞台の主題歌を担当したことや、デビュー15周年を迎えたことへの思いなどを聞いた。

■ 舞台主題歌のオファーに「なぜだろう?」

本作のオファーを受けた時の心境について、大塚は「なぜだろう?って感じでした。なぜ、私に来たんだろう? 誰か(先にオファーしたけど)駄目だったのかな?って」と首をかしげる。

舞台観劇の経験は「ほとんどない」と言い、「正直なところ、大丈夫かな?と不安もありました。最初、舞台でJ-POPが流れるというイメージが湧かなかったです」と明かした。

これまでにドラマや映画の主題歌は数多く経験してきた。しかし、舞台に関しては「想像がつかないというところがあり、どこがゴールなのか、よく分からなかったです」と苦労を語る。

そんな中、「Dear, you」が完成。鈴木おさむが作・演出を手掛けた“泣き恋”の世界を盛り上げる。

プロットを読んでから曲作りに臨んだと言う大塚は、「おさむさんから『こういうもの(曲)がいいです』というお話は聞いていました。なので、なるべくそこに寄り添うことは意識していましたね。(ストーリーが)ドロドロしたものではなさそうだったので、イメージすることはできました」と、曲作りを振り返る。

そこで、鈴木の印象を聞くと「懐の深い方なのかなっていう印象です。あと、見た目だけで“エビス”さんっぽいなって」と答えが返ってきた。記者が「あ、えびすさん…」とリアクションすると、「あ、実在する蛭子能収さんではなくて、神様の方です(笑)」とすかさずツッコんで見せた。

■ 15年を振り返る「一生懸命生きたな」

「ザテレビジョン」では、6月に主演の廣瀬、川栄にインタビューを行った。川栄が「昔からよく曲を聴かせていただいていた」「すごく楽しみ」と語っていたことを伝えると、大塚は「また〜(笑)。でも、まだお会いしたことはないんですよね」と笑顔に。

2019年1月1日(火)にはデビュー15周年を記念したオールタイム・ベストアルバム『愛 am BEST, too』を発売するが、このベストアルバムは川栄のような若い世代に聴いてもらいたいと話す。

「基本的にベストアルバムってレコード会社のためにあるものだと思っていたんです。でも、時がたち、私の曲を聴いたことのない世代がきっと出てきたと思うんです。だから、そういう若い人たちに向けて“はじめまして”という感じで、(このアルバムを)名刺代わりにできたらいいなぁと思っています」。

控えめに今回のアルバムへの思いを明かしたが、これまでの15年については「一生懸命生きたなという感じがしますね。辞めずに続けられたなというところでは、出産の時期で一度、自分が悲鳴をあげていたところで逃げた(音楽と距離を置いた)ことが、今となっては良かったなと思います」と振り返る。

そして、アルバムのタイトル「too」は、「以前(2007年3月)にも『愛 am BEST』というベストを出しているので、“2枚目だよ”というのと、“これもベストだよ”っていうメッセージをかけています」と言い、「なので、やっぱり若い方に“はじめまして”という感じで、聴いていただきたいですね」と、改めて思いを明かした。

■ テレビではドラマをチェック!

「テレビは見ますか?」と聞いてみると、「最近は減りましたけど、ドラマとニュースは見ています」と語る。9月まで放送されていたドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系)に対する大塚のツイートが話題を集めたが、「そうですね(笑)。野島伸司さんの作品だったので、楽しみではありました」と言う。

「ドラマは一応ほとんどはチェックして、ラインナップで引っ掛かった作品、次は第一話を見て引っ掛かった作品、そして最後まで生き残る作品は3、4作になりますね。基本的にはホラーが好きなので、サスペンスや怖いもの、もしくはドロドロしたもの、人間の汚い部分を描いたもの、そういう作品が好きです」と教えてくれた。

最後に、「私自身も舞台というものに関わることが初めてで、お話も青春時期というかフレッシュな時期のお話でもあるので、自分が提供する曲もどこか初々しさも欲しいなと思って、15歳の時に初めて作った曲が基になっています。私も初々しい気分で舞台を見て、これからの学びにできたらいいなと思っているので、皆さんもぜひご覧ください」と、読者にメッセージを送った。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)