稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾3人揃って生歌唱披露! パラスポーツイベントに登場

稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾3人揃って生歌唱披露! パラスポーツイベントに登場

パラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」を披露した稲垣吾郎・草g剛・香取慎吾

■ 稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾、12年ぶりの新潟を堪能!

9月29日(土)、新潟の万代シティ特設ステージにてNST新潟総合テレビの開局50周年を記念した「NSTまつり2018」の一環として、「日本財団パラリンピックサポートセンターpresents稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾×パラアスリートスペシャルトーク」イベントが行われた。

会場には約2300人もの観客が詰めかけ、3人とパラアスリートの選手とのトークに時に笑い、パラスポーツ体験に声援を送り、拍手を送り、3人と観客とパラアスリートの選手たちが一丸となってイベントを楽しんだ。

2006年以来12年ぶりに新潟にやってきたという3人。稲垣は開口一番「お久しぶりです」と元気に会場に声をかけ、「ぜひ人生観を変えると言われる長岡の花火に来年は3人で来ましょう、お忍びで」と挨拶。香取は、前日に新潟入りをしていたと明かし、草なぎも新潟の名産を堪能したと語り、観客を沸かせた。

■ 稲垣吾郎が車いすバスケに挑戦!

今回のイベントの最大の目的は、パラスポーツの楽しさを伝えること。稲垣は車いすバスケットボールに挑戦した。以前3人で挑戦した時には「草なぎ君が上手だったから代わってほしい!」と草なぎに助けを求める場面もあったが、指導をした森谷幸生選手から「車いすバスケットボールはアグレッシブなスポーツです」と声援を送られると、「アグレッシブ吾郎です!」と宣言。最後にはシュートを決め、香取も「ぎりぎりセーフ!」と稲垣の健闘をたたえた。

草なぎはパラ・パワーリフティングに挑戦。「僕の目標は自分の体重をあげること」と、自分の体重に近いという60キロのパワーリフティングに挑んだ。必死の形相の草なぎに、稲垣も思わず「顔、真っ赤!」と草なぎに突っ込むほど。

ボッチャというパラリンピック特有の球技に挑戦した香取は「僕、本気で友達とボッチャ一式買おうと思ってるんです。一緒に遊んだらすごく楽しそう!」と明かし、稲垣、草なぎも「楽しいよね!」とボッチャを大絶賛。

さらにゲストとしてステージに登壇したプロ陸上競技選手であり平昌冬季パラリンピックではスノーボードの試合後に香取とも出会っていた山本篤選手が登場。「雨あがりのステップ」の歌詞にかけて「誰もが新しい道を行ける気がします」と挨拶、「2020年東京パラリンピックを目指します!」と宣言し会場中が温かい拍手で包まれた。

また、ステージでは旗に選手たちへの応援メッセージを書き込み送ろうというパラサポのプロジェクト「OEN−応援プロジェクト」が、本日よりスタート。3人も応援メッセージを書き込んだ。このプロジェクトは2020年の大会まで全国で行われるパラサポのパラスポーツイベント「i enjoy ! パラスポーツパーク」会場などにて展開される。

■ 2020年はもう2年、まだ2年!盛り上げていきたい!

最後にはパラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」を3人が披露。イベントに登場した山本選手はじめ、パラ・パワーリフティングのマクドナルド山本恵理選手、車いすバスケットボールの森谷幸生選手、車いす陸上の西勇輝選手、日本ボッチャ協会スタッフの新井大基氏らも一緒に3人と並び、会場と一体となって歌い上げた。

イベントを終え、稲垣は「今日は皆さんと最高の思い出をつくることができました。2020年、パラアスリートの皆さまの魅力を伝えていきたいと思います」と語り、草なぎは「2020年は遠いものと思っていましたけれど本当は近いなと思いました。パラスポーツのすばらしさを広められてうれしいです」とアピール。香取は「新潟総合テレビさんに呼んでいただきパラスポーツのイベントに参加させていただけてうれしいです。もう2年しかないとも言えますがまだ2年もある!もっとパラスポーツに興味を持っていただけるようパラリンピックの応援をしたいと思います」と力強く語り、いつまでもやまない拍手の中イベントが終りました。パラスポーツの選手たちの笑顔、3人の笑顔、そして観客の皆さんの笑顔が心に残るイベントとなった。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)