乃木坂46西野七瀬、卒業をメンバーに報告「私が参加する最後のシングルになります」

乃木坂46西野七瀬、卒業をメンバーに報告「私が参加する最後のシングルになります」

西野七瀬が卒業を報告

9月30日に放送された「乃木坂工事中」(テレビ東京)で、22枚目シングルの選抜メンバーが発表され、先日グループからの卒業を発表した西野七瀬が最後のセンターに決定。本作への意気込みと、卒業報告の心境を語った。

11月14日発売予定の22枚目シングルは、3列各7人ずつの計21人が選抜メンバーで、前2列が十四福神となった。

3列目左より、斉藤優里、井上小百合、佐藤楓(3期生/初選抜)、大園桃子、伊藤理々杏(3期生/初選抜)、新内眞衣、高山一実。

2列目左より、衛藤美彩、秋元真夏、堀未央奈、若月佑美、星野みなみ、桜井玲香、松村沙友理。

1列目左より、梅澤美波、山下美月、齋藤飛鳥、西野七瀬(センター)、白石麻衣、生田絵梨花、与田祐希。

また選抜発表の際、西野から直接メンバーに卒業の報告があり「22枚目シングルが、私が参加する最後のシングルになります。残り3カ月半くらいなんですけど、よろしくお願いします。報告でした」と思いを告げた。

この報告を受け、一緒にグループをけん引してきた盟友の白石は「個人的に、西野と2人で話すことも最近多くなったりして、なんかちょっとそういう時期なのかなって薄々気付いてたりもしたけど、最後に一緒に活動できるラストシングルになるから、楽しかったって思えるくらいの22枚目が作れたらいいなって思います」と、目に涙を浮かべながらコメント。

卒業報告を無事終えた西野は「今日みんなの前で(卒業について)お話しするって、昨日(収録日前日)の夜に決めてたんですけど、なんかもう昨日の晩から緊張しちゃって、それだけなんかスゴい決断だったんだなっていうのが…。

もうグループの中では年上の方になってきて、いろんな経験ができたので、そんなにやり残したみたいなことはもうなくて、新しいことをやるにはやっぱりグループから離れるのが一番だなって思ったので」と心境を明かした。

スタッフから「悔いはない?」と質問されると、西野は「全くないです」と笑顔で答え、「自分の中でも本当にまだあんまり実感が湧き切れてないんですけど、悲しい感じにはしたくないので、和やかな感じで残りの時間…。乃木坂工事中も私も出るので、楽しんでもらえたらいいなと思います」と、カメラを真っすぐ見詰めながら、言葉をかみ締めるように語り、番組を締めくくった。

次回の「乃木坂工事中」は10月7日(日)深夜0時より放送。「乃木坂ドライ部がついに始動!メンバーの運転で初めてのドライブへ!」をオンエア予定。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)