「転スラ」先行上映会で先輩キャストが初主演・岡咲美保を絶賛!「リムルがすごく良い味を出していた!!」

アニメ「転生したらスライムだった件」先行上映会開催 岡咲美保、花守ゆみりらが登壇

記事まとめ

  • アニメ「転生したらスライムだった件」の第1話&第2話先行上映会が17日に行われた
  • イベントには岡咲美保、花守ゆみり、古川慎、M・A・O、江口拓也が登壇した
  • キャストトークショー後には、エンディング主題歌を歌うTRUEのライブコーナーも

「転スラ」先行上映会で先輩キャストが初主演・岡咲美保を絶賛!「リムルがすごく良い味を出していた!!」

「転スラ」先行上映会で先輩キャストが初主演・岡咲美保を絶賛!「リムルがすごく良い味を出していた!!」

新宿バルト9で行われた「転スラ」の先行上映会でトークショーに登壇したキャストたち。左から古川慎、花守ゆみり、岡咲美保、M・A・O、江口拓也

アニメ「転生したらスライムだった件」の第1話&第2話先行上映会が9月17日に東京・新宿バルト9にて開催され、キャスト陣によるトークショー、TRUEによるエンディング主題歌「Another colony」のスペシャルライブが披露された。

この日、イベントに登壇したのはリムル役の岡咲美保、シズ役の花守ゆみり、ベニマル役の古川慎、シオン役のM・A・O、ソウエイ役の江口拓也の5人。

第1話、第2話を見た感想を聞かれた花守は、「ヴェルトラのヒロイン力の高さに『可愛いな〜』と思いながら、収録の時、笑いを堪えるのが大変でした(笑)」と、アフレコ当時を振り返り、古川は「単純に見ていて面白かったです。スライムであるリムルが色んな出会いを重ねて、サクセスストーリーを積み上げていくというのが本作のポイントだと思いますが、リムルがすごく良い味を出していたと思います」と、本作が初主演となる岡咲の演技を絶賛する一幕も。

その岡咲は、「リムルは、スライムと人の姿になれる上に、転生前は37歳のサラリーマンというお腹いっぱいの設定なので、それだけで頭の中が混乱してしまいます(笑)。口では素っ気なくクールに振る舞っていても、実はとても仲間思い。そういった部分がリムルを演じていて好きなところです」と、自身が演じるリムルについて熱く語る。

同じく自身が演じるキャラクターについて、花守は「シズは自分の世界を持っていて、他の人とは違う一歩引いた目線で物事を見ているような気がしています。元々が仮面を被っている設定のキャラクターなので、声だけで彼女の持つ不思議さと人柄を出せるように考えながら演じました」とシズを演じる難しさを明かし、古川は「ベニマルを一言で言えば、忠義の武士ですね。リムル様に対する彼の忠誠の熱さと懐の深さはもちろん、戦闘シーンも本当に格好良くて、演じる度に好きになっていくキャラクターです」とコメント。

M・A・Oは「シオンはリムル様が大好きで、リムル様が全てみたいなところがある女性です。どちらかというと、考えるよりも力で捩じ伏せるようなところがあるので(笑)、そういった豪快さを本編で見ていただきたいです」とシオンの注目ポイントを紹介。江口は「ソウエイはクールなサポートキャラなのですが、今まで彼のようなキャラを演じたことがなかったので新鮮な気持ちで演じています」と胸の内を語ってくれた。

さらにここで、リムルの転生前のサラリーマン・三上悟を演じる寺島拓篤からのコメントを岡咲が読み上げ、寺島の熱い思いに会場からは大きな拍手が送られた。

キャストトークショー後は、TRUEのライブコーナーに。「Another colony」を生披露したTRUEは、「マイクを持つ手が震えていてすごく恥ずかしいです。曲を初披露する時はいつも吐きそうなくらい緊張してしまって(笑)。でも、会場の皆さんが温かい手拍子を送ってくださって嬉しかったです。本当にありがとうございます」と挨拶。楽曲について聞かれると、「原作を読まれた方はよりお分かりいただけると思いますが、とにかく誰にも負けない強い曲になっています。負けるわけにはいかない強い曲を作ろうと思って今回は制作しました。アニメと共に音楽も楽しんでいただければ嬉しいです」とアピールした。

最後はキャスト陣からファンへのメッセージが送られ、この日のイベントは幕を閉じた。

「転生したらスライムだった件」は、異世界でスライムに転生した主人公が、身に付けたスキル、知恵と度胸で仲間を増やし、どの種族も楽しく過ごせる国作りを目指す転生エンターテインメント。放送は10月1日(月)より、TOKYO MXほかにてスタートする。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)